赤キャベツのサイドディッシュとビスコッティ

感謝祭(Thanksgiving Day)は明日だけど、今夜は感謝祭のディナーに招待してもらいました♪ そこで、ワインと一緒にサイドディッシュを一品持っていくことにした〜。

相方が食べたい、食べたいと言っていた一品「赤キャベツの煮物(どうもうまい名前が思い浮かばないので)」に決定。彼が張り切って作ってた。この赤キャベツの煮物は、ロースとしたGoose(ガチョウ)の付け合せにぴったりなんだって。今夜はターキーだけど、鳥だから大丈夫だ、ということで。

レシピは古い「Joy of Cooking」より。うちにはこの古い方のJoyと、今出ている新しいJoy(→Joy of Cookingの紹介☆)の二つがある。作るものによって使い分けてます。

Red Cabbage・赤キャベツの煮込み

材料:

  • 赤キャベツ 1玉
  • りんご(青いグラニースミスがベスト) 2個
  • 玉ねぎ 1個
  • ソーセージ 2本
  • ベーコン 2枚
  • アップルサイダービネガー 1/4 C
  • ハチミツ 大さじ2
  • 塩コショウ 適宜

赤キャベツの煮物

ベーコンを使う代わりに、ベーコンファット(ベーコンから出る油)を使い、ソーセージを少し多めに(4本)使ったよ。この辺はお好みで。

キャベツは… 四角く切ります。1cm x 2cmの様な大きさ。千切りじゃないの?と聞くと、「いやいや、これはこういう大きさに切るもんなんだ」って自信満々の相方。ザックザックと食べやすい大きさに乱切りにしても良さそうでした(O型の私の意見)。そのキャベツは冷水にひたしておきます。

赤キャベツの煮物

玉ねぎをたっぷりのオリーブオイルで炒め、しんなりとしたところに、ケーシングから出したソーセージを入れて炒める。ベーコンを使う場合は個々で一緒に炒める。大体火が通ったら、お鍋から取り出す。このお鍋の中に、水気をきった赤キャベツを入れ、蓋をして10分蒸し焼きにする〜。すると、大分かさが減ります。

赤キャベツの煮物

そこに、アップルサイダービネガーとハチミツを加え、よく混ぜる。で、スライスしたリンゴも加える〜。さっきの玉ねぎとソーセージもココに加えてしまう。

赤キャベツの煮物

よく混ぜて蓋をして… じっくりと煮ること1時間半。目安は、キャベツからの水分がすっかりなくなれば良し。

赤キャベツの煮物

この時点(↑)ではまだ水分が残っていたので、蓋をとって30分ほどくつくつと煮込んだよ〜。キャベツとリンゴの甘味と、ソーセージの塩気とお酢の酸味がいい感じにバランスがとれていておいしいよ〜ん☆

…と、相方が赤キャベツを煮込んでいる間、私は「おばあちゃんのビスコッティ」を作った♪ レシピはココ→☆

おばあちゃんのビスコッティ

久しぶりにいっぱい作った♪ 相方のイタリアのおばあちゃんのレシピです。自分で作って言うのもなんですが… これ、本当においしい。素朴でね、こりっと一口食べたらほっとする。

http://wp.me/p2FCvr-XE

相方のお母さんと妹さんへの贈りもの☆

Happy Thanksgiving Day!

*参考までに*

Joy of Cooking: 75th Anniversary Edition - 2006
北米の家庭に必ず一冊あるお料理本♪ 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日も訪問ありがとう♪ ↑↑ぽちっと One Click うれしいな♪

“赤キャベツのサイドディッシュとビスコッティ” への6件の返信

  1. 紫キャベツの煮込み、美味しそう〜。そうそう、ポークにはキャベツが合いますよね〜。
    甘味と酸味と塩気・・・あんまり想像できないけれど、家庭のお料理って感じでいいですね♪
    我が家は今年はサンクスギビングは何もしません〜。
    パンプキンパイ(しかも頂き物)だけで、ターキーも焼かなければ、義理の両親のところへも行かないので、今年はお家でゆっくりです。

    ビスコッティ!
    お店で買うより、自分で作ったほうがずーっと美味しいですよね(^^)
    そっか、旦那様はイタリア系の方でしたね。
    私もイタリア系の旦那様を持つお友達から教えてもらったレシピでいつも作りますが、失敗ないです!(形が歪なのは・・・不器用だからもう仕方ないね)

    ところで北米に住む私たち、Joy of Cookingを持ってないんですけれど・・・まったく、どういうことなんでしょう〜(@@)

    • kanaさん、こんばんわ〜。
      うんうん、この一品、豚肉料理にも合うと思う!
      甘酸っぱさの中に、ソーセージの塩気が聞いてるんだよー。コンフォートフードだね♪
      おうちでゆっくりっていうの、いいね。そういうのも好きだなぁ〜。うちはクリスマスはそんな感じ。コッチに親戚もいないので、二人と一匹で。ま、それも良しです。

      うん!ビスコッティは外で買うのはあまり好きじゃないの。甘くって硬くって、なんで食べるのにこんなにがんばらなきゃいかんのー、って思ってしまう。
      このレシピはすごくシンプルだけど、おいしいよ。硬さも自分で調節できるし。形が変になってもご愛嬌。
      Joy of Cookingはあると便利かな。基本がのってるし、材料別になってるから〜。
      Happy Thanksgiving Day!

  2. こんにちは^^
    そっか!そちらは感謝祭なのですね。
    イギリスにはない習慣なのですっかり忘れていました。
    キャベツの煮物、おいしそうです!これはクリスマスディナーでもいけそうですねぇ、、、^^
    それとビスコッティ!たまに美味しいのが食べたいな~って思うんで、早速レシピチェックさせてもらいます♪
    この美味しそうなビスコッティをプレゼントして貰えるなんて、すごく羨ましい、、、^^

    ↓我が家のトマトは週末に強制撤去されました(笑)もうさすがに朝晩かなり寒くなってきたので、駄目かなぁ、、、と。
    あ、それとクージェットのお花、手で受粉させましたよー!いつもお役立ち情報ありがとうございます♪実が無事になるといいなぁ。

    • Saoriさん、こんばんわ〜。
      え?そちらには感謝祭がないの?!えぇ〜。イギリスの人たちだって収穫した秋の実りに感謝するでしょうにね〜。
      じゃ、10月は祝日なし?
      うん、このキャベツの一品はサイドディッシュにいいよ♪ ターキーやグース、豚肉にも合うと思うよ。
      ビスコッティも、クリスマス前に作ったりします。小さめにして他のクッキーと混ぜてプレゼントすると、結構喜んでもらえます。
      相方のおばあちゃんのこのレシピネ、受け継いでいるのが私一人なのです。お姉さんも妹さんも作らないから、「なつかしいわ〜」って言って大喜びされるんよー。笑えるでしょ?

      うちもやっぱりトマトを撤去しようかな… 晴れているとは言え、朝晩寒いし…どーしよー。
      ズッキーニ、ちゃんと実ができますように!うちのはおしまいでーす。

  3. ちょうど食後に拝見していたのですが、写真を見ていたら、ビスコッティが食べたくなってきました。
    美味しそうです。

    • tr1964さん、どうもありがとうございます♪
      そうですね〜、食後にホットミルクとこのビスコッティ、なかなかGoodです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*