美しい建物+美味しい食事@Lucca・ルッカ

昨日のポストでおわかりの通り、私たちのルッカ滞在はワシワシ小道を歩きまわって終わってしまった。あはは。素敵な教会や美術館に「出くわした」ものの、中に入ることはしなかった。ピサの大聖堂を見てすでに感覚が「教会訪問の飽和状態」だったので、ルッカでは建物は外から愛でて満足♪

ルッカの街に着きホテルにチェックインしたあと、余り何も考えずに夕方の散歩にでかけました。本当に「出くわす」っていう表現がぴったりなほど、歩いていて角を曲がると「うわぁっっ。」っていう具合で目を見張る教会や広場に遭遇した。

ルッカの建物

ローマ時代の公共広場サン・ミケーレ広場にあるサン・ミケーレ・イン・フォロ教会。気づいたかな。ピサの大聖堂の正面の装飾に似てるよね。典型的なロマネスク様式だそうです。私はどうやらこのスタイルがとても好きになりました。これだけは中を見たかったんだけど、閉まってた~。土曜の昼下がりは、サン・ミケーレ広場はものすごい人だかりだったけど、日曜の朝はひっそり。

街の北側までずんずん歩いて行ってばったり出会ったのが、「Chiesa di san Frediano:サン・フレディアーノ教会

ルッカの建物

6世紀の前半、ルッカのビショップだったのがフレディアーノ(アイルランド人)。彼がこの教会を建てさせたそうです。13世紀になってから、このビザンティンスタイルのモザイクがが加えられたんだって。

Chiesa di san Frediano

好きだなぁ。十字架を背負って血を流しているキリストを見るよりも、和やかで歓迎されているような気分になれる。

郵便ポストを探していて迷い込んだ「Piazza di San Martino:サン・マルティーノ広場」。

Piazza S. Martino

建物の並ぶ様子や煉瓦のパターン、壁の色の具合がとても好き。

そしてここに立って、くるっと右を向くと。

Cattedrale San Martino

Cattedrale San Martino:サン・マルティーノ大聖堂」あり。この大聖堂のリズミカルに連なるアーチと隣にそびえ立つ塔のコントラストが見ていてとても楽しかった。きれいだなぁ。

で、ここをくるっと左に曲がってみると、「Piazza Antelminell」。後ろに見えているのは「Chesa del Santi Giovanni e Reparata・サンティ・ジョヴァンニ・エ・レパラータ教会」。この教会のドーム(?)の形がかわいらしいな。サン・マルティーノ大聖堂と広場を挟んでほぼ向かい合わせのところにあるんだけど、こちらはすごく素朴な感じがして。サン・マルティーノが「ウェディングドレス」だったら、サンティ・ジョヴァンニ・エ・レパラータは「農夫のエプロン」、みたいな感じでしょ?

ルッカの建物

歴史とかよくわからなくて(お恥ずかしい)、感覚で「好き」とか「デザインがオシャレだな」っていう感想ばかりはきだしていた私… でも、今回の旅でかなり刺激を受け、ローマから始まってヨーロッパの歴史をちゃんと知りたいなぁって思いました。

見ぃぃ〜〜っけ!

Chiesa di san Frediano

Piazza Anfiteatro:アンフィテアトロの広場」!写真では見たことあったけど、本当に楕円形をした広場だった~!アンフィテアトロとは「円形闘技場広場」。

アンフィテアトロ

ローマのコロッセオの様に「闘技」の広場だったんだって。つまり、コロッセオでいう「観客席」にあたる部分が住居化されて、今のような広場になったらしいヨ。

アンフィテアトロ

緩やかな曲線が楽しい。楕円形に閉ざされた広場って、長方形の広場とは何かが違う。いつまでもぐるぐると歩いて回りたくなるような、心地良さがありました。

さて♪ ちょっとだけ「食ネタ」。

私たちはローマ滞在中もルッカでも「レストラン」って名のつくところには入らずじまい。外食したところは、「Bar・バール」とか「Trattoria・トラットリア」って呼ばれる食堂の様なところでした。ルッカも一応観光地だし、あまり美味しくなくて値段ばかり高いレストランもあると聞いていたので、どこで食べようか迷った。いつも頼っていたマシモたちもいないし〜。

で、相方のお姉さんがNew York Timesの記事で紹介されていたルッカのトラットリア情報が役立ったー☆(→原文

Corte Porticiにある「Da Francesco」。

Da Francesco

ココでは夕食と軽食を食べた(そ、2回も行ってしまった)〜。

ルッカの食

食事の場所にカメラを持っていくことがほとんどなかったので、コレは貴重な一枚。カラッと揚げただけなのに、めちゃくちゃ美味しかった。ビールにぴったり〜。

で、私の誕生日の夕食は「Gigi」っていうバール・トラットリア。Piazza del Carmineの隅っこにあり。

ルッカの食

外のテーブルに座ることができたよ♪ イタリア滞在中にどうしてもポレンタが食べたかったので、私はビーフの煮込みとポレンタでした☆ 家庭料理のような美味しさ…

ルッカのGigi

ドルチェは相方と半分こ。ペアークランブル。北米のクランブルとは見た目が違うね。これがさ、ふっとぶウマさだったー!真ん中のクラストの中に煮込んだペアーが入っていて、その上に濃厚なチョコレートがとろけていた… Aww….

ルッカの食

ハウスワインもおいしかった〜。ワインが安くて美味しい国に移住したい…

美味しいものを頂いたあとの夜の散歩も気持ちいいよ。ナポレオンの広場もひっそりです。

二日いると、建物や道の特徴を目印にして方向がつかめてきました。
What a charming little city. フローレンスやピサまで行く機会があれば、是非、立ち寄って欲しいトコロ☆ そして、Da FrancescoとGigiでお食事を〜。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“美しい建物+美味しい食事@Lucca・ルッカ” への4件の返信

  1. 食事はその土地の人が通うお店で食べるのがいちばんおいしくて楽しいね。
    からっと揚げただけのエビとヤリイカ、おいしそう。ぼくは冷え冷えの白ワインで食べたいな。
    安いワインのある店も好き。ぼくはどこでも最初はハウスワイン。ハウスワインがおいしくない店は、料理も信じない。
    ポレンタ、肉料理の時に添えたいけど、家ではなかなかつくる気にならない。イタリアでは子供に手伝わせるって聞いたことがあるけど、そうなのかな。パスタをゆでるときは、あまりかき回さない、女子供を見守るような気分でとか・・・イタリアの人は料理に関してもなるほどって思うような例えをいうよね。

    • Asoboさん、こんにちは~。
      本当、その通り!マシモたちと行ったトラットリアも、地元の人達で賑わっていたところばかりで、本当に美味しかったよ。
      そう、ハウスワイン。コレがとても安いのに美味しいっ。私は普段、あまり飲まないんだけど、イタリアでは飲兵衛でした。
      ポレンタをコーンミールから作ろうと思うと、ものすご~く時間がかかるらしいよね。昔住んでいた家の近所のおばさんがイタリア人で、一度、うさぎのシチューとポレンタを作ってくれたよ。その時もなが~いこと麺棒をかきまわしていたもん。
      え?パスタを茹でるときはかき回さないの? いいことを聞きました~。私、しょっちゅう、ぐわぁ~ってかき回してるから~。

  2. こんばんは^^
    歴史的文化を感じさせる建物はいいですね☆
    pikaoは中世のロマネスク建築が好きですが
    ここは もっと前の建築のようですね
    TVでしか見たことないですが やっぱり重みがあります
    いなぁ~
    実際の目で見て歴史・文化に触れるって大切ですね\⌒0⌒/♪

    • Pikaoさん、こんにちわ!
      へぇ~、Pikaoさんもロマネスク建築がお好きなんだ。私は今回の旅でこうして色んな教会のスタイルを見るまで、ロマネスク建築ってどんなものかもよくわかってませんでした。
      はい。実物からは感じるものが違ってました。写真で何度も見てきたピサの斜塔がいい例です。
      そこに立ってみないと味わえないものってあるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*