竹田城へのバスツアー

近頃では「バスツアー」っていうものがとっても充実していて便利らしい。そこで私も始めて、実家の最寄り駅から出発するバスツアーに参加して、父と二人で「竹田城跡」を訪れた。夜久野の枝垂れ桜→出石城→竹田城、というコース。朝7時前に集合して出発~。

私達の乗ったバスは、定員45名ほどだったと思う。平日のツアーだったので、まぁ、空いているだろうと思いきや、なんのなんの43名でほぼ満席。びっくり~!最初に感想をまとめちゃうと:

  • おばちゃんたちが元気っ!旅慣れてるっ!
  • 程よいペースで運転や駐車場の心配なく、精神的に楽
  • バスにトイレが欲しかった
  • ガイドさんの冗談が典型的日本人ジョークで、あはははは(←ドライな笑い)

カナダに住み始めてから、団体行動というものがとても苦手になり、「ツアーなんて絶対ムリ」って思っていたんだけど。参加してみると、以外にOK。団体さんの一番後ろについて歩いた。驚いたのは、みなさん、ちゃぁ~んと集合時間の数分前には集合しているっていうこと。これ、日本人だけよっ。私と父は2回ほど、時間に1~2分遅れてバスに戻ったんだけど、おばちゃんたちの視線が厳しかった… 「すんませ~~ん。」と頭下げて席につくの巻。

京都府福知山市にある「夜久野の枝垂れ桜」を見に。途中、春日ICを降りて10分ほど行ったところの河川敷の桜が素晴らしかった〜。小学生がつらなって歩いていたヨ。

竹田城 バスツアー

ほらっ(↓)。バスを降りて、先頭切ってずんずん歩いて行くおばちゃんたち〜。パワフル〜。

竹田城 バスツアー

見所のスポットには、100mほどの道の両側に枝垂れ桜が植えられています。もちろん桜なので、開花の時期にはたっくさんの人が訪れるらしい。枝垂れ桜はきれいでした。が。とにかく人が多くってね~。

夜久野桜

で、父と私は桜よりも、その隣の畑の「ほくほく良質の土」に注目。桜はそっちのけで、「あの土、めちゃくちゃいい感じやな。」「ほら、よう育つやろなぁ。」と。ったく、私達って。

夜久野

で、松や杉の苗を育てているらしい、このホクホクエリアに勝手に侵入して、土の素晴らしさとプロの挿し木を賞賛していたところ、持ち主のおじさんに「そこには入らんとって~」と注意されました… また「すんませ~~ん。」の父と私。

tour_Takeda_castle6

田園風景に心が和んだ。薄桃色の山桜と、丁度咲き始めたヤマツツジが、緑の中で生えていた。

夜久野のあとは兵庫県豊岡市にある「出石城跡(いずし)」へ。バスを降りてすぐに、手渡された割引券を使って、有名な「出石そば」を食べた。あまりお腹も空いてなかったけど、来たからにゃぁ。。。と。

出石そば

しっかりとコシのあるお蕎麦でした~。

出石城

こじんまりとした出石城。ここでも、お城よりも石垣の石の積み方の方に関心あり。

本丸よりも上に上がっていく階段があるのですが。。。時間が足りないかも〜というので断念。この先には「有子山稲荷神社(ありこやまいなりじんじゃ)」という神社があるそうです。

出石城

雲行きも怪しくなり、一気に気温下がって来たので、慌てて城下町(?)の辺りを散策。ほらね、こうして時間に追われるのが苦手〜。

出石城

もっとゆっくりと、ゆったりと歩いてみたかったな。

出石城

ツアー参加のみなさんは、上手く時間を使っておみやげまで購入されていた。父と私は何でもない道をぶらぶらと歩いて、集合場所へ。途中、出石焼きのお店があったんだけど、この辺りの焼き物は真っ白でした。

出石城

さて。足早に(?)寒い出石城をあとにして、最後の、そしてこのツアーの一番の見所の「竹田城跡」に向かった私たち。大型バスは麓まで行けないので、大きな駐車場で小型バスに乗り換えました。で、そのバスを降りたところから5分ほど歩いて見上げたのが、コレ↓。お城跡だ〜。廃城から400年ほど経っているものの、当時のままの城壁が残っている「国の史跡」です。

竹田城

20分ほど、てくてくと歩いたかな。かなりのお山の上にあったよ。この竹田城跡、ほとんど知られていなかった城跡だったのに、グーグルだかなんだかのテレビで取り上げられ、一気に注目を浴びたらしいです。麓の川の川霧に霞む風景がとても神秘的で、「天空の城」だとか「日本のマチュピチュ」と呼ばれたりもするらしいよ。

竹田城跡

一気に増えた観光客によって傷み初めたうえ、転落事故(?)があったらしく、順路にはシートがひかれていた。東西に100m、南北400mの敷地なんだそうです。

竹田城

石垣の淵に並んだ古い桜の木が満開でした。お城の跡地をゆっくりと歩きながら、当時のお城が一体どんなものだったのだろうかと想像した。詳しい資料が残っていないものの、15世紀に山名持豊によって築かれ、太田垣光景が初代城主に任じられたらしい。天をつかむような心意気だったに違いない。

竹田城

お城を思わせるものは残っていないけれど、こうして城跡から峡谷を眺めていると、城主になった気分になる。訪れる人を圧倒する城だったに違いない。

竹田城

たくさんの写真になっちゃった。見てくださって、どうもありがとう!
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“竹田城へのバスツアー” への7件の返信

  1. こんにちは!ご存知のように取り込んでいて久しぶりの投稿になってしまいました。
    お父さんとの二人旅・・・お父さん、嬉しかっただろうなぁ。娘を持つ父親としてその気持ちがよく分かります。いい親孝行でしたね。
    なに~!竹田城址!・・・・写真をやる者にとっては一度は行ってみたい有名な撮影スポットですよ。特に秋の時期、雲海の上に顔を出す城址が垂涎の的なんです。日本に住んでいるボクが行きたい行きたいと思っててまだ行けてないのに、貴女に先を越されてしまいましたね。

    • Nakagawaさん、もう帰国されたのですか?
      お疲れでしょうに、わざわざコメントをありがとうございます。モロッコ紀行、とっても興味深いです!
      Nakagawaさんにも娘さんがいらっしゃるのですね。母の友人にも、「お父さんとデートで、お父さん喜んでらしたでしょう〜」って言われたのですが、「はぁ、そんなものでしょうか。」と答えた私でした。まぁ、口数少ない父なので、何を感じているのかよく分からないです〜。でも、一緒にツアーに行けるほど元気なのって、嬉しいことです。

      竹田城、私は全く知らなかったのですが、すごい人気なんだそうですね。ツアーに参加していた人も「うちの息子は、近くの宿に泊まって、翌朝早くに登って写真をとってたわ」って言ってました。雲海が広がる景色、最高でしょうね!そのショットは、Nakagawaさんにお任せします!!

  2. お父さんとデートでしたか。
    興味のツボが一緒みたいで、なかなかいいコンビですね。

    出石には行きましたが、竹田城跡には行ったことがありません。
    一度いってみるのもいいかなと思ってる間に有料化されちゃいました。
    保存して行くためにはお金もかかるでしょうから、必要な措置ですね。
    春の山は綺麗ですね。
    桜もいいけど、ツツジの濃いピンクも山に良く映えますね。
    若い時は山を見ても季節を感じる余裕がなかったけれど、
    齢を重ねて見えてくる景色があると思いませんか?
    歳をとるのは悪いことばかりじゃないと思うことの一つです。

    お父さんと出かけたってのが、本当に素敵だと思いました。

    • senbeさん、温かいコメントありがとうございます。
      そうなんですよ〜。顔もそっくりだし、好きなことも似てますね。二人して、ぬぼ〜っと、マイペースです。
      今は有料化された竹田城ですが、そうでもしないと維持ができないほどの人の波でした。そこに辿りつくのが結構大変だったので、ツアーで麓まで連れていってもらって、またピックアップしてもらえて良かったです。
      そうなんです。桜ももちろん素晴らしかったけれど、自然のつつじの濃いピンクがとってもきれいでした!ああいうツツジが庭にほしいね〜、と父と話していましたヨ。
      若いときには気付かなかった、山の微妙な表情に魅せられました。ホント、歳をとるっていうのもまんざらではないですね!
      両親にはいつまでも元気でいてほしいものです。

  3. こんにちは~お久しぶりです^^
    イースター休暇が終わってやっとこさ学校も始まり、自分の時間が取れるようになりました。ので、ブログも一気読みさせて貰いましたよ!
    いいなぁ、出石のそば食べたんですね。そば好きな私には憧れの地です。
    以前淡路のお話の時にちょこっと書いたんですが、私学生時代、6年間神戸に住んでいたんです。私にとっては第二の故郷です。
    なのでこうして関西のあちこちを見せて貰ってすごく楽しいです。震災後は一度しか神戸に行ってないので、いつか家族で訪れたいと思っています。

    ツアー行動!私も納得です。昨年春に両親が来た時にベルサイユ宮殿のバスツアーに参加したのですが、やっぱり時間前にきちんとバスに乗って待ってるのは日本人だけでした(笑)
    やっぱりすごいなぁ、、、日本人、ってしみじみ思いましたよ。

    • Saoriさーん、こんばんわ!
      イースター休暇、ご家族で楽しまれましたか〜?エッグハントなんかもされたのかな? 小さい子がいると、楽しいイベントですよねっ。
      バスツアー、なかなか便利で楽しかったです〜。なにより、自分で運転したり、道に迷ってハラハラとかいうことがないので楽!帰りは爆睡だったし〜。
      Saoriさん、学生の頃(中高生?)に寮生活されていたのですか? 早くに親元を離れて… っていう「早期自立タイプ」だったのですか?友人に一人そういう子がいましたが、すっごくしっかりしてました。日本って、小さな国にみえるけれど、実際に帰ってみると、それぞれの地域に特徴があって個性的で、それらを全部訪ねようと思うと大変なんですよね。私も淡路はひっさしぶりだったし。ご家族で神戸、早く実現するといいですね〜☆

      そ、日本人ってすごいよ。あそこまできっちりと時間を守ってくれるなら、ガイドさんも楽だろうな〜。

  4. こんばんは☆
    竹田城。一度行ってみたいお城リストの1つです。
    宮崎駿監督の『天空の城のラピュタ』が大好きでそのモデルだと
    いう話を聞いてから行ってみたいなぁ~と。でも、ほんと一気に
    有名になったみたいですね!以前は無料で入れたと聞きました。
    曇り空でも石垣に並ぶ満開の桜の木は圧巻ですね!
    お城が現存していたらどんな光景だったのだろう~と思いました。

    ツアーのおばちゃんたちは本当にパワフルですよね!
    私もツアーは苦手であまり行かないのですが、たまに行くと
    おばちゃんたちのパワーに圧倒されます。口も達者!笑
    コシのある出石蕎麦、食べたいです~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*