炊飯器で乾燥米麹の甘酒できたー

この冬はとても寒かったせいか、まだまだ寒い日が続いているからか。ネットやブロガーさんのところで「甘酒作ってます!」っていうのを見るたびに、「あーん、私も飲んでみたい~」って唸っていた。子供の頃、お正月やおひなさんのときに出される甘酒は好きじゃなかったけど、きっと子供って皆そうよね? それに、うちの甘酒は時には酒粕バージョンだったようにも思う(匂いが明らかにお酒だったし…)。

ネットで作り方などを見ていると「(米麹の)甘酒は飲む点滴」だと言われて一時期ブームでもあったらしいね~(今もなの?)。発酵ものって大好きだし、体がほくほく温まる、というのにとても惹かれる。その上元気が出てきて美容効果もありだなんて(ホントか?)、すごいぞ甘酒!甘酒でなく、腸の環境をスッキリと整えてくれるものは健康食の王様よねー。そうそう、この間、健康とかバクテリア などに妙に詳しい(?)同僚の一人が、「便秘こそがボケの原因だ」って言っていた。瞑想を終えて穏やかな気分で歩いていたときに飛び出してきたトピックだったので「ぎょっ」としてしまった。「ひどい症状のひとは他人のう◯ちを移植(?)してバクテリアの活動を高めて腸内環境を改善するんだよ」って、そんな具体的な話もしてくれた。

あれ、話がそれましたが。。。 私の言いたかったのは、健全な腸内環境こそが健康の基本! ということでした(笑)

で、米麹と炊飯器があったら簡単に甘酒ができるよー!っていうのをたくさん読んだので。やってみた~。母から送ってもらった貴重な乾燥米麹。200gに対してお米1合分のおかゆ。そこにぬるま湯(57度前後)を300ccほど加える人もいる。よく読むと、一番のポイントは6~8時間炊飯器の保温で温める(発酵させる)ときの温度。大抵のネット情報では55度~60度が良いとのこと。

うちには2つ炊飯器があり、古い5号炊きの方はご飯は炊けない(途中でストップしちゃう)のに保温機能はオッケー。そういう中途半端な壊れ方をしているので、捨てられずにベースメントに置いてある。甘酒作りにはこの半分壊れた炊飯器の保温機能だけを利用したよー。蓋は開けたまま、中蓋を半分だけ閉めて(完全に取ってしまうと温度が下がりすぎたので)ふきんをかけた。2~3時間おきにかき混ぜ、8時間発酵。

ちゃんとできたよ~♪

これがさ、すんごい甘い。分解・発酵したお米の糖分、なんよね? お砂糖ゼロでこの甘さ、信じられなーい!甘すぎてこのままじゃ飲めないっ!

で、豆乳で薄めて飲んでまーす。豆乳だけを少し温めて混ぜてます(生きている甘酒を温めすぎると効果がなくなるそうなので)。美味しいよ~。しょうがも入れて試してみた。これもいける!一週間ほどで飲みきりたいけど、飲みきれないようなら次は小分けして冷凍しようかな。

今日のニュースでこちらでもノロウイルスが広がって大変なことになっているそうな。アメリカの高校では学校閉鎖になり、10%(だったかな?)のブリーチ(漂白剤)で学校中を消毒したんだって〜。怖いなぁ。私の周りでも熱があったりゴホゴホしながら働いていたり、学校に来ている学生さんがいる。お願いだから家にいてくださーい!

甘酒飲んで腸内環境整えて、元気に冬の終わりをのりきらなきゃねっ。

はーるよこい。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

炊飯器で乾燥米麹の甘酒できたー” へのコメントが 5 点あります

  1. 「乾燥米麹」次回の日本滞在の買い物リストに加えました!これ、夫が聞いたら泣いて喜ぶと思う。彼が初めて日本に来て最初に覚えた大事な言葉のひとつが「アマザケ、ヒトツ、オネガイシマス」だったくらいだから :-) それにしても、そんなに甘くなるのって不思議。お米の糖分ってこと?

    ここ数年暖冬だったからか、今年はなおさら寒く感じます。数年ぶりに川にも薄い氷が張っているよ。最後の写真はハマメリスの花かな。これが咲くと冬も折り返し地点が過ぎたんだなと思う。元気に冬を乗り切ろうね!

    ダーニング、私もセーターでやってみようと思ってるよ。

    • Sachieさん、こんにちわ!
      うんうん、是非調達してきて~。米麹があると塩麹も簡単に作れちゃうし♪ 私もまた無理言って母に送ってもらおうかな。しばらく帰国の予定はないし。Sachieさんたちは年に一度帰国できていいなぁ。それにしても、最初に覚えた日本語が甘酒くださいだなんて、しぶーい! それは米麹じゃなくて酒粕から作られた甘酒だったかもしれないねっ。お酒好きならそっちのほうが好みだもんねー。そうそう、麹の菌がお米の糖分を食べて(?)分解しちゃって甘くなるんだと思うよ。天然酵母やコンブチャも、果糖やお砂糖を与えてあげないと菌がお腹をすかせて働けないんもんね。塩麹も加えることで菌がお肉のタンパク質を分解して甘みをだすんじゃないかったっけなー。

      コチラも寒いよ。でも、冬はぴりっと寒いくらいがいいよ。春が来る喜びがその分大きくなる!あ、この花はマンサク?って呼んでるよ。
      Sachieさんもダーニングしたら見せてね~♪

  2. 手作り甘酒いいですね~w
    私、瓶入りの市販品しか飲んだことがないけど
    やっぱ手作りだと、ひと味もふた味も違うんでしょう^^
    そのすごい甘さ、一度味わってみたいものですw
    ほんと身体にも良さそうやな~
    私は今、生姜をすりおろしたのを煮込んで
    お砂糖と蜂蜜で味付けして
    ちょっとトロッとしたのを冷やして
    …要するに昔の「冷やしあめ」みたいにして毎日飲んでますw
    小学校時分を思い出します。
    免疫力がつくとか風邪をひきにくくなるとか…
    ほんとかな~ ほんとならいいな~(^-^)

  3. こんにちは〜♫
    色々と工夫して楽しんでいますね(^ ^)
    白酒 、健康食品として 今も流行っているようです
    10年前まで、お酒とお米、燃料などを扱っていたお店だったので
    暮れになると、酒粕が 酒蔵から届き 売っていました
    それは Sachieさんのご主人が好きな方かも〜もう お酒の匂いが一杯でした

    お花の写真だけど。。。たぶん マンサク ではないかな?
    我が家も、今 咲いています(^-^)/

    • ハナマメハハさん、こんばんわ♪
      外がまだまだ寒いので、こうして週末も家にこもって遊んでます(笑) 
      あぁ、酒粕が酒蔵から手に入るなんて… なんて羨ましいっ! 酒粕を使った甘酒は香りが好きです。子供の頃は大嫌いだったのですが。。。あぁ、美味しいお酒が飲みたーい!
      そうですね、Sachieさんのご主人はきっと酒粕の甘酒に恋をされたんでしょうねぇ〜。 体も温まりますよね〜。

      今日、赤いマンサクの花を見かけましたよ! ざくろのような赤でとっても可愛かったです。
      春の到来が待ち遠しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*