流木の並ぶ Island View Beach

いつまで続くかわからない、清々しい週末のお天気。ということで、日曜日には「Island View Beach」に行ってきた。ビクトリア市内からは、車で30分弱北に行ったところにあるビーチです。

island_view_beach

ハイウェイを北に走りビーチのある東に向かうと、両側にはなだらかな農場が広がる。トウモロコシ、人参、ズッキーニ、スクワッシュ、キャベツ、などなど、元気いっぱいのきれいに並んだ野菜たちを眺めるとうれしくなる。この辺りのお野菜は全て、ローカルマーケットに並びます。車で20~30分のところでとれるお野菜が食べられるのは、幸せなこと。

island_view_beach

前回Island View Beachに散歩に来たのは、Gusがまだ一歳になる前の頃。ということは、5年(以上)ぶり! 久しぶりーっ! 私たちの家の近くの石ころビーチと違って、ここは砂が多くて歩きやすい。

island_view_beach

そして。色が落ちた流木がたくさん寝そべっているビーチ。

island_view_beach

ちょうど引き潮の時でした。長く続く海岸を利用して、わんこ連れファミリーがボールを投げたり、一緒に走ったりしていたヨ。こんなに穏やかなビーチなのに、意外にも人が少なくて驚いてしまった。

有り余る流木で、流木小屋(↓)。こういうのって、誰かが作りかけたものの上に、また別の誰かが付け加えたり、隣に庭を作ってみたり。そうして訪れる子供たちの楽しい空間になり、大きな波がくるときれいさっぱり流されてしまう。そしてまた、誰かが作り始める。

island_view_beach

私たちもビーチサンダルを持ってくれば良かった〜。ここ(↓)はずぅっと浅瀬が広がっていて、足のつくところでぴちゃぴちゃ専門のGusにとっては、絶好のスイミングエリア。向こう側にサギがたくさん(見えますかー?)。サギって、いつもは一羽で寂しそうに水辺に立ち尽くしているのに、この日は珍しく10羽ほど集まっているのが見えた。

island_view_beach

流木のテントの中に座って一休み。

island_view_beach

中からみるとサカナの骨の様な構造で… 「包まれている」感じが妙に心地の良い空間でした。あはは。

island_view_beach

と。私が流木小屋を楽しむ一方で、Gusは…

island_view_beach

怪しい干からびた海のモノの上で…ごろごろごろごろ。。。(→固まる私と相方) んもぅ〜、それ、めっちゃくっさいんとちゃうのーっ!!!

island_view_beach

Island View Beach沿いには、RV(キャンピングモーターカー)専用のキャンプ場(駐車場)もあるよ。RVではなくて、普通のテントでキャンプしている家族も見かけた。トイレや飲み水のある簡易設備もあるので、小さな子供連れのビギナーキャンパーには安心のスポットだね。子供たちが砂浜で遊び、パパ&ママが流木に持たれて読書をし。のどかな光景でした。

island_view_beach

私の気に入った「fishbone hut」。

この流木たち、一体どこからやってきたのだろうな。

*Doodle Marathon update: Holding Fish →☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
バナー作ってみた〜。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“流木の並ぶ Island View Beach” への6件の返信

  1. へぇ〜〜こんな場所があるんだ。自然の工作ワークショップみたい。流木もですが、浜に打ち上げられたものを見るのは大好き。貝、海藻、生き物の一部はもちろんガラクタも楽しいものが混ざってたりして。(あまりゴミが多いと困りますけどね)こんなにたくさんの流木、どこから来たんだろう。どうして、ここに集まるんだろう。

    gusもやっぱりねーーワンコは臭いものが好きなのよね。

    • ボーダさん、こんばんわ。
      また少し変わった表情のビーチでしょ? サンディービーチでもなく、ロックビーチでもなく。流木ビーチです。
      ボーダさんだったら、一本二本持ち帰って、本当に何か面白いインストレーションピースをつくっちゃいそう!
      嬉しいことにゴミは見当たりませんでした。そのへんは、こっちのひとってちゃんと持ち帰るのかな。流木がたくさん並んでいるので、少し腰掛けてぼーっとするのが気持よかったです。

      Gusね。。。もう、いやっ!この間お風呂にいれたばかりなのに!!

  2. 魚の骨。ワタシは組み上がったものよりも
    2枚目3枚目の写真で、大型の魚やクジラの骨だと思ったなぁ。
    かつて生きていた「木」のお骨…そんな感じがしました。
    モノクロにしたラストも好きです。

    • なるほどねー。見る人が違うと感じることも違うよね。
      秋がきて冬が来ると、ココにも大きなストームの波が打ち寄せて、流木のパターンも変わるんだよ。
      「木」のお骨かぁ。そのとおり! くるぶしの様な大きな塊もあったよ。
      a-ki_laさんなら、どんな流木の表情を捉えるのかな、って想像してしまいました。

  3. 流木がやって来る浜、いいですね。
    冷たい潮風に吹かれたいなぁ。ちょっと寂しい感じが人恋しくさせてくれますね。

    • この浜の向かい側には、ガルフアイランドが見えるんだよ。残念ながら、asoboさんの大好きな灯台はなかった〜。
      今日ね、いつもの丘から、流木がまとまって浮かんでいるのが見えたよ。本当にたくさんまとまっていたので、伐採されたものがこぼれ落ちたのかな、とも思った。
      冷たい潮風。。。そろそろ吹き始めているよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*