木製プランター・その4

じゃじゃんっ☆

木製プランター

どんよりとした空と荒れている裏庭。その左手の方の木箱、見えますか?

木製プランター

嬉しいなっ♪

野菜畑用のボックスがひとつ加わりました~。
庭の一番日当たりの良いところ(ど真ん中)に、3つのボックス(Raised Beds)を作ったのが2010年の夏。土屋さんから有機肥料たっぷりの Sea Soil を買ったのは去年の春先。で、週末(昨日、おととい)と、相方の友人Guyのお誘いで、とても安く手に入った木材を使って木枠を作ってくれた♪ Guy は去年の私たちの庭野菜を見て刺激を受け、今年から自分も始めるんだって張り切ってます。で、木工建築家の彼が、自分の分を作るついでにって、私たちの分も作ってくれました〜。

木材は「Fir(モミの木)」。横に並ぶ三つは「Cedar(ヒマラヤスギ?)」。シダーは虫がつかないので一番理想的だけど、値段が張る。今回は、Firを使って、それに「リンシードオイル」でコーティングしてくれました。深さは8cm程深いです。嬉しい〜。

このスポットは一番地温が上がりそうなので、トマトがうまく育つかな。冷たい海からの風の吹く、私たちの庭でトマトを育てるのは至難の業なんだけど、今年もやってみよ〜。

冬の庭のGus

しっかし、うっとおしい天気。畑の準備よりなにより、この荒れ果てた庭をどうしよう、って感じです。ま、そのうちに。。。

この時期、庭でささやかに色づいているのはミニシクラメン。

シクラメン

吹きっさらしの庭の一角で、当たり前のように咲いている。たのもしいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪

“木製プランター・その4” への4件の返信

  1. いいなぁ、ぼくも庭のある家で野菜を育てたい。
    ベランダに木製プランターを置きたいと思っていろいろ探してみたけど、ホンの少しなのにびっくりするほど高価なのであきらめた。いまのところにいつまでいるかわからないしね。
    やさしい色のミニシクラメンもステキだ。いつもいつもうらやましいビクトリア。
    去年の暮れに会った中高時代の友だちが、バンクーバーに行ったときのことを話してくれたのでビクトリアって地名を行ったら、いちばんステキだったといってたよ。

    • asoboさん、こんばんわ!
      うん、わかる。ベランダ用の木製プランターってさ、しっかりしているものって「いいお値段」でしょ?
      大体、庭いじりっていっても、決して安いものではないんよね。私も「今年はこれ」「来年はここ」って風に、計画立てて出費してます〜。
      ビクトリアは確かに、バンクーバーや東京のような大都市と比べると、のんびりしてますね。ヒッピーさんたちもまだまだたくさんいるし♪
      自給自足を目指すコミューンみたいな集まり(活動)もあるんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*