散歩でのつぶやき

霧雨(drizzling rain) の中 、フトコロにカメラを入れて夕方の散歩。そう、首からかけたカメラを、文字通り「フトコロ=犬の散歩用ボロボロジャケット」の中にしまいこんで。雨が降る、というよりも霧の粒子が膨らんで漂っているような天気だったから、傘もささずに出かけた。

散歩道で

夕方の散歩は、海に行くか丘に登るかの2コース。歩きながらGusに「Which do you wanna go today?」と聞いてみる。「今日は海にしよう」って答えがかえってくるわけではないけれど、話しかける。誰かとすれ違うこともほとんどないので、Gusに話しかけるか、一人でブツブツと物を言いながら歩いていることが多い。今日あったことや思いついたことなどを片言の伊語で言ってみたりもする。

Gus

毎年この時期になると、散歩の途中にふわっといい香りがする。去年も同じことを書いたと思う。その香りの出処が何なのか未だにわからない。軽く鮮度の高い(?)甘い香り。甘ったるいとろみのある種類ではなくて、フリージアのツボミを冷凍したような(わかります?)。毎年必ず。ふっと匂った時に、辺りを見回すのだけれど花は無し。数カ所で同じ香りを嗅いだ。

香り、というと、私は匂いに敏感だと思う。人と比べられないから断言はだきないけれど、ぼーっとしているときにふっと嗅いだ匂いで我に返ったりする。今朝も、ベースメントの事務所に行き、階段をのぼって自分の担当のスポットに戻る途中、誰もいない踊り場に「におい」が残されていた。しばらく考えて「あ、これはJさんだ」と気づく。階段を上がってみると、50mほど先をJさんが歩いていた。敏感だからかどうかはわからないけれど、自分にとって「不快」だと感じる臭いを嗅ぐと、どうしようもなくイライラする。一般的に「くさい」と言われる臭いに絶えられないというのでもなく、微妙に特別な汗の匂いとか。そういう匂いを放っている学生さんのヘルプをするのはとても辛い。逆に自分にとってとても好ましい香りを放っている人が通り過ぎると、手を止めて顔を上げて確認する。

匂いの持つ情報。Gusは匂いからどれほど深い情報を得ているのだろう、って思う。そうそう、匂いといういと、Patrick Süskindは「香水―ある人殺しの物語(Perfume)」の中で「匂い」というものを言葉で見事に描写していたと思う。映画化もされていたけれど、本で読むほうが、盲目の主人公が匂い・香りを通して見た世界が見えてくると思った。

空がない

今日は「空」と呼べる空がなかったなー。

あれこれつぶやきながら歩いていると、タヌキが道を横切った。タヌキってさ、どうしてあんなに姿勢悪く背中を丸めて歩くんだろうね。申し訳無さそうに。ま、そういう体の作りなんだろうけれど、どうせなら2本足で歩いたらどう?って提案したくなる。

散歩中に浮かんでくる「思い」って、comes and goes and disappears. ですね。

*おまけ:

久々に。今夜は麻婆豆腐・オンリー。

麻婆豆腐

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“散歩でのつぶやき” への15件の返信

  1. 昨日の冷雨が上がり最高気温が10度を超える暖かい日を迎えた横浜からこんにちは!そうですか、散歩しながらつぶやきますか。それも時にはイタリア語、なんだかカッコいい。ボクにはない行動パターンですね。
    貴女と逆で鼻が利かないことには自信があります(?)。モクレンなどのいい匂いに気付かずカミさんに馬鹿にされることもしばしばです。でも、ホテルや空港ですれ違う白人女性の香水の強めの匂いくらいはわかります。時には「あっ、昔NYのホテルで同じ匂いを嗅いだな」なんて思い出すこともあります。貴女も匂いで昔のある場面を思い出すことありますか。

    • ヤングさん、おはようございます!
      最高気温が10度ですか?まだ1月なのに拍子抜けしちゃいますね。。。。といっても、ビクトリアも最高気温が9〜11度の日が結構あるので、同じくらいですね。ここは穏やかです。ときどき、ふと思いついたことなどを口に出してしまう(Think out loud、っていうやつですね。。。)ので、気をつけないといけません。変なこと(例:すっごい格好やな。。。とか、頭洗ったほうがいいんちゃう?とか)をつぶやきそうになるので。イタリア語も本当は会話のパートナーが欲しいところなのですが、ビクトリアでは見つからないので一人で習ったことを言ってみたりしています。あはは。
      匂いって記憶を封じ込めますね。遠い懐かしい記憶が目の前に蘇ったりということ、あります!不思議なものですね♪

  2. こんばんは〜♬
    私も、鼻がいいですよ〜〜〜(^ ^)
    日本では、今、ロウバイの花の良い香りがしています
    他の人よりも早く気がつくんです
    目は悪いけど、鼻はいいみたい♬♫
    そうそう〜良くない臭いにも敏感^_^;

    それから、散歩中にGusくんに話しかけるって
    私もマナに話しながら歩いています♫♬

    素敵な香水で思い出したんですが
    ポプリの熊井明子さんの教室で、熊井さんが通るたびに
    なんとも言えない素晴らしい香りが〜〜〜
    思わず聞いてしまいました、
    スカートの裾に、ほんの少し付けてるとか、
    Sachieさんと一緒に 楽しく学んでいましたv(^_^v)♪

    • ハナマメハハさん、おはようございます!
      あははっ、お鼻がいいのですね♪ そうそう、日本では今は蝋梅の季節ですね。あれは本当に良い香りがしますよね!懐かしい〜。
      こちらでは見かけないです。私も花粉症やアレルギーの「け」があるのに、匂いには敏感ですね。
      Gusも私の顔をよく見上げて歩くので、話しかけます。答えてくれると楽しいんですけど、厄介かもしれませんね。「もうちょっと遊ぼう」って駄々こねそうだし。
      熊井明子さん?ポプリの教室でSachieさんと一緒だったのですか? 楽しそうっ!
      スカートの裾につけてみる、Good ideaですね! 私はスカートをはくことが少ないんですけど、ふわっと香りが漂いそうで素敵なアイデアです。

  3. これはなんとも良い階段風景!
    両わきの緑、道幅、石素材、手作りの歪み、そしてGus。
    パーフェクト☆

    • にそ丸さん、こんにちわ!
      あははっ、にそ丸さんのツボにハマった階段風景だったようで嬉しいです。
      かなり急なんですよ。毎日のように登っても、登り慣れるということがなくて、毎回ヒーヒーハーハーゆうてます。

  4. 私も香りには敏感です。
    電車などで うっとする臭いに遭遇すると辛いです。
    反対に心地よい香りだと つい出所を探して キョロキョロ~

    タヌキ
    私の住んでいる市内でも 出没するという話を聞きましたが
    それは アライグマではないの~と 思ったりもします。
    アライグマなら飼育されていたのが 繁殖していることもあるので…
    また タヌキに出会ったら 是非 写してくださ~い。

    • nonさん、こんにちわ♪
      電車やバスに蔓延する臭さは。。。酔いますね。何度か電車から降りたこともあります。。。
      こちらではかなりキツイ香水を身に付けている人も多いんですよ。だから「Scent Free Zone」っていうサインがあったりします。でも出勤の時にふりかけてきた香水だったりしたら、香水禁止ゾーンだからといって拭えないし、どうするんでしょうね。

      タヌキかアライグマか、私もよくわからないです。アライグマの方に似てますね〜。
      どちらにしても厄介です。畑は荒らされるし、手が器用なのでネットをしても破られたりするし。
      そうですね、上手いタイミングで遭遇したら写真撮りますねー。

  5. 香水、いい本でしたね。
    映画はあの本のいいところが全然表現できていなかったですね。
    ぼくのいちばん小さい時の記憶は3歳の8月23日。なぜ、そんなに細かく記憶しているかというと、その日ぼくは母の友だちに抱っこしてもらった。その香りと場所をしっかり記憶していたんです。その話を母にしたら、母もその日のことを覚えていて、びっくりしていた。お祭りだったから、何日かまでわかったのです。いい香り好きです。
    気分転換したいときのために、いまも好きな香りを2〜3持っています。
    その香水の香りはいまでもとても好きです。

    • asoboさん、こんにちわ!
      日本語訳では読んでいないのだけど、良かったのですね♪ もう一度読んでみたいなって思う本。インパクトが強くて時分の中にイメージが出来上がってしまっていたから、映画を見た時は薄っぺらいなぁとがっかりしたよ。
      3歳の8月23日の香りを覚えているなんて… asoboさんって、そんなに小さな頃から感性が鋭かったんだね〜。そりゃあ、お母さんもびっくりされたでしょう。
      香水って難しいよね。ある人には合っていても、自分の肌につけると何かが違ってしまって合わないこともあるし、自分がいいと思う香りが必ずしも人にとっても良いものとは限らないし。石鹸の残りの香り、程度が好みかな。石鹸も柑橘系のが好き。あとはハーブの香りなら大かんげい☆

  6. ヒイラギの花とか?
    花としては小ぶりだから気付きにくいかも。
    日本だと、蝋梅咲きだしてますね。いま。

    私も匂いには敏感。満員電車で、上からおじさんが吐く息が
    タバコ臭かったり、女性の化粧品の混じった匂いとか最悪です。
    会社には一定率?で臭い男性がいて、頭痛がします…。
    本人にはなかなか言えないですからね。私はサーキュレーターで
    風向きを操作します。笑

    匂いに鈍感な母には「あなたは神経質すぎ!」と非難されます。

    • 真木さん、こんにちわ〜。
      ヒイラギの花、無かった〜。庭に一本あるのでチェックしてみたら、全部赤い実がついていて、花は見当たらず。
      こちらで蝋梅見たことないし、マンサクは咲いているけどあの匂いじゃないの。日本にいた頃は金木犀の香りが漂うことがあったけれど、あんな感じで漂っています。でもハッキリとじゃなくて、かすかに。

      あぁ。。。ダメダメ。タバコの臭い+化粧品。NG!サーキュレーターってなに〜?コンパクトな扇風機みたいなのかなぁ。それ、Niceだねっ。
      学生さんの中にもヒッピーの匂いプンプンの人多いよ。エンジニアリングのクラスなんて、9割男の子でしょ。もう。。。彼らの去った後のクラスルーム、くっさいくっさい。でもって、こっちの人って雨でも傘をささないからねー。着ているものが妙にかび臭いとかもアリ。服にしみついた脂やインド料理の匂いもダメなの… 神経質すぎるかなー、私も。
      独特な匂い持ちの人が、フレンドリーにHUGしてくれようとするのもね。。。困ります。

  7. 「霧の粒子が膨らんで漂っているような天気」papricaさん、なんてポエティックなの!最近自分の日本語が稚拙になってきてる気がしていて、そんな時、良い日本語(自分の言葉、その人のキャラクターがわかるような)で書かれた文章を読むと、おおーと思います。いいなあ。
    においに敏感な人ってね、物事の善悪に敏感なひとなんだよ。ほら刑事ドラマで?「なんかくさいぞ」とかいうじゃない。人って、なにかへんなこと間違ってることを目でもなく耳でもなく舌でもなく、鼻で感じ取るみたい。わたしも匂いには敏感だけど。目とか耳は悪いのねー。絵を描くのも得意じゃないし、人の話も半分くらいしか聞いてないことが多い。(だんなに、違う惑星に住んでるの?っていわれる。笑)
    カナダは2月にお休みがある?だんなの学校はあと2週間で休みがくる。papricaさんもがんばれー。(あ、がんばりすぎないように自分をいたわりながらね。笑)

    • hellebowwさん、こんばんわ!
      どうもありがとうございます。文章表現に日々限界を感じているので、とても嬉しいです。
      日本語も使わないと忘れるものですね。書けなくなることが怖くて、それが大きな理由でブログを始めたんです。下手でも続けていれば今よりは悪くはならないだろうと思って。あはは。

      へーーーっ。匂いに敏感な人は、ディテクティブのように善悪に敏感なのですか? 
      私も耳はあまり良くないかも。聞いているつもりでも聞いていない、とか、聞きたいことだけを都合よく聞いているとか、相方に指摘されますよ(苦笑)。そのとおりなので何も言えないんですけど。
      カナダでは2月の一週目にファミリーデー!あと少しなので頑張りまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*