意外においしい・ルバーブマフィン

きーんよーびー!!!

めっちゃ嬉しい… な〜んか長い一週間だったから。でも、全体的に時間の過ぎていくのは早くって、気がついたらもう6月の終わりっ。明日は一年で一番日が長くなる日。夏至(summer solstice)のパーティをする人たちも多いらしい。日本では夏至には何をしたっけ?

さて。うちのルバーブ、まだまだ元気。

ルバーブマフィン去年までは知らなくて、収穫するときにナイフで切っていた。それって、ルバーブの株を傷めてしまうんだって。で、今年はひねるようにして根元からちぎって(?)いるんだけど、それがいいのかなぁ。去年よりも生産性(?)が高いぞ。

とにかく、このまま放っておくのも勿体ないし、ジャムを作る元気はない。なので、試しにルバーブのマフィンを作ってみることにした。ルバーブのクランブルやパイはベーカリーなんかでも見かけるけど、マフィンってマイナーな品。ルバーブだけだと酸味があるから、マフィンには向かないのかなぁ〜って思いつつ、レシピを検索してみた。

そして試したのがこのレシピ。

ルバーブのマフィン

材料(1C=250cc):

  • 小麦粉 2 1/2 C
  • ベーキングソーダ 小さじ1
  • 塩 小さじ半
  • ブラウンシュガー(みっちり押さえて)11/4 C
  • 植物油 半カップ
  • 卵 1個
  • ヨーグルト 1C
  • バニラ 小さじ1
  • 乱切りのルバーブ 2C分

トッピングの材料:

  • ブラウンシュガー 半カップ
  • バター 大さじ1(溶かす)
  • オーツ(押し麦) 大さじ2(オプションです)
  • シナモン 小さじ半

粉もの(小麦粉、ベーキングソーダ、塩、砂糖)をよく混ぜあわせる。別のボールに油、卵、ヨーグルト、バニラエッセンスを入れてよく混ぜる。これを、ドライの粉ものを混ぜあわせたボールに入れていく。ルバーブも加える。全体が大体混ぜ合わったらオッケー。マフィンの型に入れる。

トッピングの材料を全部混ぜ合わせ、それぞれのマフィンの上にのせる。かなりべちょっとしているので、こすりつけるように適当にのせてみた。

350F(180度)のオーブンで20〜25分焼く!

じゃんっ!

ルバーブマフィン

ふむ。見かけは「ふーーーん。」って感じ。茶色いし。

でもね、コレが意外においしかったーっ!

ルバーブマフィン

中がとってもしっとりとしていて、程よい甘さ。ルバーブの爽やかな酸味が宜しい。これはルバーブのシーズン中にリピートしちゃいそう。おすすめ〜♪

*おまけ:父の畑で新じゃが堀り*

妹が送ってきた写真。両親、妹二人と姪っこ+甥っ子の6人で、じゃがいもの収穫に行った模様。チビたちは手押し四輪車に乗って。。。押しているのは家の母。タフだな。

hatake1

安く貸してもらっている畑(今年は3箇所もあるらしい。。。だいじょうぶかいな)で張り切っている父。きゅうりや茄子も収穫時なんだってー。

hatake2

近くだったら芋掘り手伝うから、イモ欲しい。

Happy Summer Solstice☆☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

意外においしい・ルバーブマフィン” へのコメントが 8 点あります

  1. バター生地に酸味のあるフィリングって好相性だよね。
    上のべちょっとしたのは焼いたらカリっとしたのでしょ。
    いい匂いがしそう。

    ジャガイモの収穫か~これは何より楽しい行事だね。
    ウチもナスやミニトマトが大きな鉢やプランターの中に育ってるけど、
    今年はぽつぽつとしか食卓に登らないんだ。いまひとつの不作みたい。

    • a-kkieeさん、ごめんねー、お返事遅れちゃったよー。
      うん、このマフィン、予想外に美味しくてしっとりでびっくりした!ルバーブの酸味とブラウンシュガーの甘さのバランスが良い。
      そうそう、マフィントップは焼いたらかりっとして、ややべっ甲みたいになったよ。

      土をほって収穫するのってさ、枝になっているものを採るのとは違ったワクワク感があるよね~。どれくらい出てくるんだろう、どれくらいおおきいんだろう、って、見るまでわかんないし。
      鉢やプランターでナスやトマトを育てられているの? すごいなぁ~。プランターで育てるのって、水加減も難しいし上級者向けだよ~。
      ぼつぼつでも食卓にのると嬉しいね☆

  2. 楽しい週末を♪

    ルバーブのケーキやジャム、大好き!
    自分では今年はつくらなかったけれど、美味しいよね。

    日本のご家族が元気で何よりだね。
    新鮮な日本の茄子、おいしいんだろうな 🙂
    ドイツの茄子って、大きくてゴッツイんだけれど、
    食感も日本のとは何となく違うんだけれど、カナダのはどう?

    • Sachieさん、おはよう~。
      お返事遅れてごめんね。
      そちらにもルバーブあるんだね~。気候も似ているからあるよねっ。
      独特の酸味が爽やかで、私も大好きです。

      日本のナスやきゅうりが恋しいよ~。カナダのも大きくって。きゅうりはやたら水っぽくってかりっとした食感にかけるし、すぐに腐っちゃう。ナスは… 食べたいとも思わないよー。日本では好きだったんだけどなぁ。ナスのつけもの、食べたーい!

  3. ルバーブのマフィン、おいしそうです!しかしうちのルバーブはもう大きくなりすぎて、タイミングをのがしたかも。(苺は豊作ですが)エリアと庭によってピークの時期が変わるから面白いね。

    にんにくの芽のペストもおいしそうでした。今年の秋にはきっとにんにくを植えようと考えております。

    今日はソルスティスで気持ちよい1日だったね。Gusもますます水遊びが楽しめる季節到来だね。引き続きよい週末を!
    わたしは来週がファイナルなので明日は勉強がんばりまーす。(C言語じゃないよー)

    • mkさん、こんばんわー。
      うん、このマフィン、意外においしいよっ!来年のルバーブの時期に是非試してねー。
      でも、ルバーブが大きくなりすぎると、やっぱり花が咲いたりするのかな。私は大きくなりすぎているのを無理やり食べていたりして。。。
      いいですね〜、苺が豊作だなんて。まだ採れてるのですか?いいな〜。うちのは最後の方はネットもかぶせて鳥対策もしたけれど、それでももぎ取って食べられてたから…もしかするとタヌキかも(涙)
      今週ファイナル?! すごーーーっい! 私はもう、そういうプレッシャーに絶えられないよー。頑張ってくださいねっ。

  4. ルバーブ! 私の住む町はルバーブ生産世界一(だったはず・・もしくは英国一笑)なんですよ。
    毎年ルバーブフェスティバルが催されてます。
    ルバーブ農家は、暗室でルバールを育て、成長を早めているらしく、その暗室のある一帯から、夜な夜な「バキバキバキ」とルバーブが伸びていく音がするんだとか。
    私もルバーブ料理に挑戦してみようかな!

    • しましまあゆみさん、おはよう!
      えー、世界一のルバーブ生産地?!楽しいね~。ルバーブを使ってワインを作る人もいるよね。
      フェスティバル、どんなのだか見てみたいです。
      暗室で育てるの?!ってことは、ルバーブは日陰を好むのかなぁ。彼らの成長はすごいから、バキバキメリメリという音が聞こえても不思議ではないかも。あははっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*