庭のちっち三兄弟

BC州の過去に例を見ない山火事の影響で、ビクトリア上空もうっすらと煙に覆われている日々が続いている。今日で。。。5日目かな。朝日もお月さまも怪しげなオレンジ色をしている。青空が恋しいな。先週末は青空が広がり暑いほどのお天気だった。そのときに撮っておいた「ちっち三兄弟」を紹介しちゃおう♪
(クリックで少し大きくなります)

ちょっと前にここでも紹介した小鳥の「ちっちたち」。すっかり大きくなったよ~。

あのときはまだ羽毛がフサフサで、飛ぶというよりも枝と枝の間をちょんちょんと飛び跳ねて飛行練習していた感じだった。チチチチチチっていう歌声がポピーシードのようでかわいらしくて、いつも3羽一緒にいるので「チッチ三兄弟」って呼んで眺めている。

巣立ちをしたのだろうけれど、うちの裏庭がメインの遊び場なのか、庭にいると木々の間を飛び回っているのをよく見かける。…と、私は勝手に「あの同じ3羽だ」と信じている。そのほうが親しみがわいて楽しい♪

体の大きさとパターンで調べてみるとどうやらチカディー種(Chickadee)で、「Black-capped chickadee 」または「Chestnut-backed chickadee」みたい。頭の色が黒か栗色かで見分けるらしい。どちらも体は12cmほどの大きさで習性や生息地もとても良く似ている。

この子たちは多分、栗色チカディー。チカディー種の中でも一番「ハンサム」っていわれているらしいヨ。

鳥のフィーダーにプラスチックの帽子をかぶせてから、リスたちがいたずらをすることもなくなった様子(…というか、今はナッツが溢れているのでそっちを食べつくすのに忙しい)。チッチたちがこのフィーダーを見つけたのは2週間ほど前のこと。楽しそうに食べる食べる。

かわいらしい♪

フィーダーをひっかけているりんごの木からチチチチチチと聞こえるので、しばらくじっと側に立っていると、ちょこんとフィーダーに飛び移ってくる。3兄弟のうちの一羽は好奇心が旺盛なのか、私がすぐそばにいてもじーーーーっとこちらを見ていたりする。野生の動物たちが自分を恐れずにいてくれてアイコンタクトをとれたりすると、とても嬉しくなるもの。ただの偶然でも、その瞬間だけは友達になれたみたいで。

チカディー種の小鳥たちは、普通、フィーダーのふちに捕まってそこで餌をつつくことはないんだって。一粒拾って近くの枝に飛び移り、上手に足で抑えてゆっくりと食べる。くちばしを枝にこすりつけてきれいにする。で、また拾いに来る。実際にそんな風にして餌をつついている。
↓↓のビデオでそうやって食べているところが写ってます♪

なんだけど、最近はフィーダーにやってきて、そこでしばらく餌をツンツンしていることがある。慣れてきたからかな。チッチたち、あんまり油断しすぎちゃだめよ~。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*