夢:救急救命士の夜

久々に(?かな?)。夢の話。

***

救急救命士(パラメディック)の私は、その日は夜勤で病院で待機していた。『今夜は比較的ひっそりとしているな』と、ぼんやりと思ったその時、緊急連絡のランプが光った。同じシフトの同僚と救急搬入口の方へ急ぐ。

「次の患者は?」と同僚に聞く。

「男性。24歳。交通事故だってさ。ひどい事故だったみたいだよ。」と答える彼。

救急車が到着し、ドアが開く。患者が降ろされてくるこの数分は、いつも少し気が張る。何年同じことを繰り返しても、この瞬間は心拍数が上がる。

担架で降ろされた患者に駆けつけた。

その患者はペパロニ・ピザだった。

トッピングであったはずのペパロニサラミは、ピザ生地から全てずり落ちていた。

ペパロニのなくなった部分のピザ生地は、うすく広がったトマトソースの色とぬるりとした少し柔らかい質感のせいで、妙に生々しく痛々しくもあった。

ペパロニサラミをのせてあげたら痛みはとれるだろうか。どうだろう。

***

 

“夢:救急救命士の夜” への12件の返信

  1. 夢占いだったらどう判断されるんでしょうね?!
    すごい不思議な夢、、、
    でもやっぱりどこかアーティスティックな感じがするのはpapricaさんの夢だからかなあ、、、、
    ぺパロニ載せてあげたら元気になってるといいんですけど(*’ω’*)

    • Saoriさん、こんばんわ〜♪
      自分で見た夢なのに、このオチには「ひえぇ〜っ」ってひいてしまいましたよ〜(笑)
      「な、なんで、ピザなのよ。。。」って戸惑いと、「患者には平等に接するべし」っていうプロ意識(?)とが葛藤してましたね。この手の「戸惑い」なら日常あるだろうから、きっと、そんなものが眠りの中で翻訳(?)されて。。。こんなんでましたけど~! だったんですよ(笑) 
      とにかく、サラミが全てずり落ちてしまった生地が。。。痛々しくて気の毒だった〜。

  2. 面白い夢ーーー!
    真面目に映像化したら、グロ可笑しいシュールさがきっと秀逸なものになるよ!
    食べるには元気なペパロニピザがいいねえw

    • africaさん、こんばんわ〜!
      ぷぷっ。「グロかわいらしいシュール」って、それ、すんごいマイナーなジャンルになっちゃうね(笑) 
      きっとさぁ、いつかペパロニピザを食べたときに、ペパロニだけを食べちゃって下に残った生地を見てるんだよ。それが頭のどこかにインプットされて残ってたんだわ〜。痛々しいな、っていう印象と一緒に。
      うん、食べるならペパロニがちゃんとのってる元気なのがいいー!

  3. こういうお話、村上春樹さんの短編小説に出てきそうな気がするー。TVピープルとかと一緒の短編集にね。ペパロニ・ピザさん、元気になった時の第一声はなんだろう??

    良い週末を!たぬきさん、もう来ませんように。

    • Sachieさん、こんばんわ♪
      あははっ。出てきそう?? 村上春樹さん好きだから、そんなふうに言ってもらえると嬉しい〜。村上さんに題材提供したら上手に書いてくださるかな〜。ははっ。
      あ、でもね、ダンス・ダンス・ダンスだったかなぁ、エレベーターが出てくるシーン。あれ、あのシーンを夢で見たことあるの。あの話を読む前に。読んだ時すんごいどきどきしたの覚えてるよー。

      ペパロニピザさん、重症だったからなぁ。「ペパロニサラミはもういりません。コレを機にきっぱり潔くトッピングのないピッツア・ビアンカになろうと思います」なんて言っちゃうかも(笑)

  4. うひゃひゃひゃひゃ・・・これ、いい!
    ピザに点滴したら、ドロドロになっちゃうよー。

    • どくとるくまさん、こんばんわ〜。
      あははっ、ダメでした? ピザ生地の淵にぷすっとさしてみたのですが… 
      プロのお医者さま、どんな治療を勧められますか??? 

  5. 「何年同じことを繰り返しても、…」

    してませんからぁ! 笑笑

    ペパロニサラミがずるむけ!面白すぎる〜〜
    久々のパプリカさんの夢絵日記、次はいつだろう〜

    • 大福さん、こんにちわ~。
      あははっ、つっこまれちゃった。。。 
      ペパロニピザを食べる機会があったら、サラミをはがしてみてください。痛々しく見えるはず。。。
      夢の話なんてねぇ~、と思いながらも書いてしまっている自分… 読んでくださってありがとうございます。また書きまーす(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*