夕方の野菜点検時間

ずっと気持ちのいい天気が続いている。朝は涼しくて11〜12度。でもお昼ごはん時までには暖かくなり、25度くらいまで上がる。家に帰って、夕方のお日様が当たっている野菜たちを点検する時間が気持ちいい。

2012年庭野菜

去年の畑の記録写真と比べると、まる2週間遅れている今年の畑。去年はもっと元気に育っていたものが、育たなかったり、育ってはいても、形が変だったり。手探りで野菜を育てていると、毎年「来年はこうしよう」って思うことがある。例えば、今年はブロッコリーのすぐ横に葉っぱ野菜を植えたんだけどね、ローテーションの早い葉っぱ野菜に水をあげるのと同じペースでブロッコリーにも水をあげていたのですね。すると、気がつくと、ブロッコリーの葉っぱが黄色くなってきた。水のあげすぎみたい。でも、ブロッコリーに合わせて水をあげないでいると、葉っぱ野菜がしおれたり。

自転車をこぎながらも、来年の春先には馬糞(ホースマヌアー)を加えようか、鶏糞(チキンプー)にしようか、と思いめぐらす。ちいさな畑で、言ってみればただの野菜なのに、気がつくと私が野菜や土のことをあれこれ考えていることって多い。みんなそうなのかな。

トマトって、あの赤くなる実の大きさに比べて花がとても小さいと思う。

2012年庭野菜

小さな黄色い花の花びらがしおれて、それを破って出てくるかのようにちっちゃなトマトの実が顔をのぞかせてます。すごいなぁ〜。

ほんとうにゆっくりなペースだけど、毎日のちょっとした変化に気づくのが楽しい。

…と、私が観察をしていると…

きたきた…

しゅび〜〜ん。

飛んできたGus

飛んできた Gus。影がオモシロイ♪

*おまけ*

とても心温まる映画を一本。Le Havre / ル・アーブルの靴磨きカンヌ国際映画祭の出展作品の一つ。フランスの作品です。

フランスの小さな港町「ル・アーブル」を舞台に、靴磨きのおじさんマルセルと彼の奥さん、不法移民の男の子とマルセルの友達たちの繰り広げる素朴なお話です。大きなドラマもサスペンスもないんだけど、人情味に溢れていてあたたかい気持ちになりました。友情をテーマにしたこういう映画、すごく好き。普通の人たちの普通の生活や生き方を描写するのって、派手さやアクションで塗りたくれない分難しいんだと思う。オススメで〜す☆

Le Havre 公式サイト(日本語):http://www.lehavre-film.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪

“夕方の野菜点検時間” への0件の返信

  1. こんばんは^^
    そちらは朝は11℃ 昼間は25℃ けっこう温度差がありますね
    こちらは真夜中の1時過ぎです
    ただ今の部屋の気温は28℃です 熱帯夜です 昼間は33℃でした
    とにかく暑いです 湿度も83% 節電中でエアコン切りました

    温度差があると…野菜たちにはかえって厳しいのかな?
    それでも実をつけようと懸命なんですね☆☆☆
    こんな自然な観察記録が出来るって幸せなことかもしれません
    「愛犬Gus」にはいい気候なのかな とても元気があっていいですね☆
    写真もナイスショットですネ\⌒0⌒/♪ 

    • Pikaoさん、こんばんわ〜。
      そうですね、朝晩が冷えて、昼間は気温があがるので、何を来ていけば良いのか困ります。
      野菜たちも、夜は寒いんだろうなぁと思ってます。こういう気温差のあるところで育つ野菜って、どうなんでしょうね。
      熱帯夜はつらい… 寝れないのってつらいですよね。湿度が83%って…何もしてなくても汗が滴り落ちそう。

      Gusは暑いのはダメですね〜。ホースで水をかけてあげます。
      あ、でも、日本で育っているボーダーテリアたちは、きっと暑さにも強いんでしょうね。
      どうか夏バテにはお気をつけくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*