中世の町、Montemerano・モンテメラノへ

ハロウィンの金曜日にフィレンツェからローマに戻り、翌日、週末を利用してマシモ一家と「Montemerano・モンテメラノ」という町へ♪ モンテメラのはローマから車で北に約2時間ほどのところにあるとても小さな中世の町。フランチェスカのご両親のビラ(別荘)に連れて行ってもらったのでした。なんてラッキーな私達。とーーってもいいお天気で。言葉で表現しきれないのがもどかしいのだけれど、私達にとっては本当に夢の様な数日になりました。

地図

モンテメラノは小さかった。「中世の街で小さいよ」とは聞いていたけれど、実際に町にたどり着いてみて、「この町の小ささと可愛らしさ」は私には想像不可能なものだった、と気づいた。英語でいう「Enchanting」とか「Mesmerizing」っていう表現がぴったりの町でした。

この小さなトンネルをくぐって町に入るの。

montemerano

トンネルをくぐる前に、カテリーナが「モンテメラノはハートの形」と教えてくれた。本当にその通り。

montemerano

分かるかな(↑)。トンネルの左端についていた地図。ハートというより、心臓の形。

細い道を通り、別のトンネルを抜けたところには、小さな広場があり。お決まりの水道があり。私は、たぶん、ずーっと口をぽっかーんとあけて歩いていたと思う。

montemerano

私たちの話し声が聞こえたからか、小さなピアッツァに近所のオーディが出てきた。

montemerano

このワンコ、しっぽを振って甘えてきたのに、私が食べ物持っていないのを知ると、ガウガウと食らいついてきたーっ。モンテメラノでオーディを見かけたら要注意。

モンテメラノの滞在先♪ 私たちは2階にあるお部屋に泊めてもらった。

montemerano

この写真からはわからないけれど、家に入って突き当りの壁が、この町の城壁。つまり、城壁のすぐ内側に居住空間が作られている。外壁=城壁なので、とても「深い」窓がありました。フランチェスカのご両親は、まず一階を住めるようにして、その後二階にもバスルームをつけ、最後に正面左側、本来はワインセラー+農具置き場だったところをスイートに改装されたそうです。なので、3組の家族が快適に滞在できるのネ。

montemerano

荷物をおいてすぐ、マシモが「はい、バスローブもって、水着持って、ツッカケはいてー!温泉に行くよ!」というので、言われたとおり皆の後をついて車に乗った私たち。向かったところは、モンテメラノから車で20分ほどのところにある「サトルニアのテルメ」(↑↑地図)。

montemerano

温泉にはカメラを持って行かなかったので、写真はないのだけど、併設のホテルのサイトに幾つか写真がのってるよ。結構リッチなホテルなんだけど、温泉プールの方は一般にも公開されています。すんごい広かった。色んな深さのプールが7つほどあったもん。温度は37.5度だそうです。日本の温泉よりもずっとぬるま湯で、私的にはもう少し熱いほうが良かったかな〜。でもぬるいので、いつまででもでれーーんとつかっていられるワケ。あ、かなり硫黄のにおいがきつかったよ。

溶けました、私たち。

気がついたら3時間半ほどぬるま湯の中ででれ〜んとしていた。そのまま担いで連れて帰って欲しかった。夕暮れ時にまたモンテメラノに戻りました。ほーんとに気持ちが良かった〜。

montemerano

この日は、フランチェスカのお母さんが夕食を作って下さった。この町に住むお友達も招待して、皆で楽しく夕食♪ 美味しかったっ!この夜はハロウィンの翌日の土曜日ということもあり、いつも静かなモンテメラノの町が一転して大賑わいだったの〜。その様子は、次の記事で♪

montemerano

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“中世の町、Montemerano・モンテメラノへ” への6件の返信

  1. 素敵な旅だね。
    私もそこに泊まってみたいな。古いものを残しながら住居部分を作り直したりして、
    不便なこともひっくるめて楽しんでいるような感じ、とても贅沢なことだと思う。
    papricaさんの文章からもお友達と過ごした時間の温かさが伝わってくるヨ。

    空がきれいだね。

    • Sachieさん、おはよう!
      相方と話してたんだよ。本当に私達って恵まれた旅ができたよねって。それもマシモとフランチェスカのおかげです。
      お家の中も素敵だったよ。どの部屋も小さめで心地よい大きさで。梁がむき出しで。窓は新しいものに変えてあったけど、窓枠はオリジナルのものを修繕して利用されてたよ。
      好きな人達に囲まれている時間って、何よりも贅沢だと感じたひとときでした♪ 
      まだ続く旅リポート、時間のあるときに覗いてね~。

  2. 素敵な小さな町ですね。
    ホント、まるでおとぎ話に出てくる町みたい。
    トンネルをくぐってから入る、というところがツボです^^
    しかも、近くに温泉があるのですか!
    いいなぁ~、、、私ものんびりゆっくり温泉につかってまったりしたいなぁ。
    こんないいところにヴィラがあるなんて、すっごく羨ましいです。
    私も行ってみたいなぁ、、、温泉つかりに!(笑)

    • Saoriさん、いつもありがとうございます♪
      そうなの~、おとぎ話の世界。こじんまりとした大きさが、妙にしっくりと心地よかったです。
      お友達の娘さんも、この町では一人で外に出て行って買い物をしてもいいんだって。ローマでは危なくて、そんなことさせられないけれど、ココは安心だからって。カテリーナもそれが嬉しくって、20ユーロもって走り回ってました(笑。その後をついて走っていた私。。。)
      温泉プール、さいこう~。温泉で半日うだうだして、町でのんびりして。オススメですっ!

  3. こんにちは!  この小さなモンテメラーノの町、拝見して素晴らしそうなので、即サイトで検索、写真なども集めました、ははは、有難うございます!
    すぐ近くのピティリアーノには行ったのですが、ここは知らずで、でも「イタリアの美しい村々」には載っている町でしたよ。 地図を見るとこの周辺、本当によい小さな町村がたくさんあるみたいですね。 次回のチャンスに寄れますように!
    papricaさんがとても楽しまれた様子がよく分り、こういう小さな古い村が大好き人間としては、よかった、良かった!

    下の初雪のGus君の白い口ひげの写真も可愛く、美味しそうなドルチェにも心を惹かれますが、自分で作るだけの元気もなく、はは、しっかり楽しませていただきました!

    • shinkaiさん、おはようございます。
      あははっ、そうですね、フットワークの軽いshinkaiさんなら、ちゃちゃっと計画をたててモンテメラノまで行かれそう!とても小さいので、shinkaiさんには物足りないかもしれませんね。あ!でも、一つだけある小さな教会はとても素敵でした。次の記事で少し紹介します♪
      ピティリアーノ!!あぁ~、あの絶景には息を飲みますね。時間がなくて見ることができなかったのですが、マシモのお兄さんは、昔、あの町にフラットをもってらしたそうです。結婚資金のために売っちゃったんだってー。素敵な町でしたか?
      私もそちらに住んでいたら、作らないかも。自分で作らなくても美味しいものがいっぱいですもんねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*