ローマの休日:食を囲んで

ローマ滞在中、夕食はほとんどフランチェスカとマシモにお世話になってしまった(モウシワケナイ)。二人とも忙しいのに、お腹好かせてかぱかぱと口を開けて待っている雛鳥(←私達)に優しくエサを与えるように(?)、夕食を作ってくれたのでした。ありがとね~!!感謝しきれないよ。

私がブログを書いてるんだっていうのを相方がマシモに言ったところ、夕食の準備になると「○○チャーン、カムヒアー!ブリングザキャメラー!」と、マシモから声がかかりまして。パパラッチしたり、お手伝いしたり。あはは。それでマシモのお料理ショットがいっぱい。

マシモのお料理

仕事から帰ってバッグを置くなり、「今日は何をしたんだ、どこに行ったんだ、ほほー、いいねっ、おお、その遺跡の逸話を聞きたいかい? えーっと、今夜はパスタだね、○○チャーン、カメラは持ってるか~い…」と、ものすごい勢いで料理し始めるマシモ。『あのさ、ちょっと座って、お茶でも…』と言いたくなったよ。一日ふらふらと遊んでいた私達よりもテンション高いし。。。

いきなり地図を引っ張り出してきて、説明し始めたマシモ。

マシモのお料理

食のあるところには人が自然と集まって騒いでしまう。だから人が来ると、キッチンっていつもワイワイする。マシモたちの小さなキッチンに、皆がぎゅうぎゅうに集まって楽しかったー。

マシモのお料理

アーティチョークが美味しい時期だったので、サラダを作ってくれました。アーティチョークを生で食べたのは、実はこれが初めてだったヨ。

マシモのお料理

オリーブオイルとバルサミコだけ。しゃりっとしていて美味しいっ。

それから、コレ(↓)も初めて食べた野菜「アグレッティ」。ささっと炒めて新鮮なオリーブオイルと塩コショウだけ〜。癖になる美味しさ!こういうの、岩場に生えていそうなんだけど。。。

マシモのお料理

料理しながらおしゃべりして、味見をしたり、ワインとチーズとパンをいただいたり。このLa Totaってワイン(↓)、まろやかで飲みやすくって、一人で一本いける、って密かに思っていた私…

マシモのお料理

Prosciutto di San Danieleっていう生ハム(プロシュットの特別な種類だって)とメロン。美味しすぎ。

私と相方が、幸せ〜と頬張っているとなりで、相方に何やら説明を始めたマシモの様子。

ましも

ね? 身振り手振りブンブンでしょ? Aww… マシモ。

外食したときはほとんどカメラを持っていなかったので、カスティリオンチェッロのレストランでの写真はなし。La Stazioneといって、駅に併設されたレストランでね、ときどきガタゴトという列車の音が聞こえるこじんまりとした素敵なトコロだったよ♪地元の海でとれるシーフードがいっぱいで、ほんっっっとうに美味しかったのです。でね、普段、魚介類に関してはとてもピッキーで好き嫌いのある相方が、このレストランではなんと「魚のラビオリ」をオーダーしたからびっくり。これがすっごく美味しくて…

私たちのローマでの最後の夕食、フランチェスカがそのラビオリを再現(?)してくれたー!

フランチェスカのラビオリ

オラータっていう魚とアーティチョークのラビオリ。オラータってヨーロッパヘダイだって。ま、北米では手に入らない魚です。

フランチェスカのラビオリ

地中海の魚介類は塩分が高いので、料理するときもほとんど塩を加える必要がないよってフランチェスカが言ってた。とてもシンプルなのに、ぷるぷるでめちゃくちゃ美味しかった。相方は感激して泣きそうに(←本当に)なってた。あははー。

この夜はシーフードいっぱいでね、ささっとボンゴレも作ってくれたよ。カテリナちゃんの大好物なんだって。

ボンゴレ

ベビーチェアーに座っていた頃、ボンゴレのお皿を見ると体を揺すって大喜びしていたそうな。かわいい。味見しだしたらとまらない~。そりゃ、とまらないよね。

ボンゴレそれから、手作りのトマトソースに炒めたイカのこの一品。

イカとトマトソース

こんなにシンプルなのに、どうしてこんなに美味しいの?「めっちゃおいしいっ」って泣きそうな顔する私を見て、マシモたちは笑ってたけど。カナダではこういう魚介類って自分たちで買って料理できないから… 感激だった。

居心地が良くて、毎日がとっても楽しかった〜。フランチェスカ、マシモ、カテリナちゃん、本当にどうもありがとう!Love You! Miss You!!!

マシモとフランチェスカ

素敵な二人♪

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ