ローマの休日:バスで市内巡り

時差ぼけでとんでもない時間に目が冴えてしまうので、せっせと写真の整理を頑張った!写真が多くなるけれど、順々に紹介していくので付き合ってね〜。

さて。ローマに着いた翌日、観光初日、私たちは街全体の大まかなイメージをつかむため、バスに乗って市内巡りをした。マシモとフランチェスカのアパートは、ローマのメインの駅(ローマ・テルミニ)の近くなので、駅前から出発する観光バス「110 Open」っていうのを利用したヨ。ローマの主要観光スポットをぐる〜りとまわってくれるダブルデッカーで、途中の停車スポットでは自由に乗り降り可能です。大人一人15ユーロ。オンラインでチケットを買うと12ユーロだったかな。ルートの地図とオーディオ用のイヤフォンをもらい、2階建てバスの上の方に席を見つけて出発〜。

110 OpenのバスルートがGoogle Mapで分かりやすく紹介されてるよ→☆

なにせ初日だったもんで、テンション高く、オーディオの説明を聞きながらバスの上からバシバシ写真とったけど… 建物や場所の名前を覚えていないものが半分以上…ありがちなパターンだね。

コレは「Quirinale(クイリナーレ)」。イタリア共和党大統領(?)のお住まい、なのかな。

Quinale

大きな立派な建物があり、その前に広場があり、そしてモニュメントがあって彫刻たちが存在し… 一体ココはどこなんだ。って、体を乗り出して興奮してしまった。クイリナーレ

コロッセオが見えたとき、初めて「ローマに来たんだ」って実感した。ゆっくり走るバストはいえ、ああぁ〜っていう間にコロッセオも通過。

コロッセオ

ヴェネチア広場に見える、Victor Emmanuel II のモニュメント。でかい。とっても。

ベネチア広場

フォーラムの遺跡のそばを通過しまして。

フォーラム

サンタンジェロ城だっ!先月見たオペラ「トスカ」のトスカが身を投げた城。近くまではいかなかったけれど、遠目に見ても観光客がぞろぞろとお城を囲んでいるのが分かったヨ。サンタンジェロ城がこんな風に「丸い」形をしていたなんて想像しなかった〜。

サンタンジェロ城

さてっ。Basilica di San Pietro in Vaticano!バチカンのサン・ピエトロ大聖堂!

サン・ピエトロ

見て、見て、この人だかりっ!ぎっしり。そして長蛇の列。これを見て、相方に「あの列に並ぶ気合、ある?」と聞いた。「ない。」と、即答。「私も無理だと思う。。。」というので、結局、ローマに1週間もいたけれど、バチカンに一番近くに来たのはこのとき限り。さよ〜なら〜。また今度ね〜。システィナ礼拝堂も、また今度〜。

バスルートの4分の3ほどのところで下車。そこから歩いて「トレヴィの泉」を見てきた!ほーら☆

トレビの泉

三つの道が交わり(Tre Vie)ヴィルゴ水道の終端の地点。写真ではなんども見たことがあるけれど、ホンモノのスケールには驚いた。ローマの街を歩いていて、大小の噴水から流れる水を見ていると、どれだけ豊かな街であったのかを実感する。もう、何百年も流れ続けている水。街角の噴水の水は飲んでも大丈夫だよって、マシモも言ってたし、実際に飲んでいるひと達を見かけたよ。あ、そうそう、ローマの水の味はカナダの水とは違ってた。「丸い味」がした。どうやらミネラルがたくさん含まれているらしいです。個人的にはカナダの水の味のほうが飲みやすいって思った。

でさ、見てよ、この人だかり…

トレビの泉

恐ろしい… とりあえず記念写真をとって、そそくさと回れ右をして退場してしまった。コインを投げ入れるのも忘れてしまった。これだけの観光客を見ると、どうして自分がここにいるのかわからなくなってしまうのです。

トレヴィの泉から歩いて15分くらいのところには、スペインの広場(Spanish Steps)があるわけでして。ひと頑張りして行ってきた。

スペインの広場

ここも、足の踏み場がないほどの人だかり。↑↑まともに写真を撮りたい気分でもなく。。。気合の入らない一枚(どこぞのおじさんの背中にフォーカスだし〜)。
夜になるとそれなりにひっそりしてロマンチックらしい。どのスポットも夕方から行ってみるのがいいのかもネ。

このスペインの広場のすぐとなりにあった塔がきれいでした。

スパニッシュステップ

スパニッシュステップの方にヒトが流れて、ここは休憩で腰掛けている人がチラホラいただけ。

スペインの広場

この日見たものの中で、唯一じっくりと楽しめたのって、この塔の周りの彫刻だった。

スパニッシュステップ

今回のローマ滞在中、たっくさんの彫刻を見たんだけど、「そもそも一つの石であった」ってことを忘れさせられるものばかりだったヨ。

人ごみにはかなり驚いた私たちだったけれど、このバスでの市内巡りはローマの街の大まかな雰囲気をつかむのには、Good Choiceでした。とにかく、遺跡やら有名な建物や教会や石碑、何百年もの昔の建物がぎゅっと集まっている街なので、バスに乗っている間は、ぼぅっとする間が無かった。

家路に向かう途中で。ローマの城壁。マシモとフランチェスカの家はこの城壁のすぐそばです。

Roma Wall

1800年以上もここに在り続けている壁。気が遠くなる。

城壁

市内巡りで実感したこと=私たちにはローマの主要観光スポットを制覇することはできない。

というわけで、翌日からは、主要観光スポットを避けたのろのろ観光を始めました〜。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“ローマの休日:バスで市内巡り” への6件の返信

  1. ローマ、3年前に行きました。懐かしいな〜。
    ほんとうはローマってまったく興味がなくって、旦那さんの切望で行ったのだけれど、コロッセオを見たときにはやっぱり感動せずにはいられませんでした。
    街の至る所に残る遺跡・・・なんだか街そのものが遺跡。ベルニーニの彫刻があちらこちら。we are at a lossという表現がぴったりでした。
    私はパンテオンの近くにあるソフィアミネルヴァという教会とサンタンジェロがいちばん心に残っています。サンタンジェロ、旦那さんはチョコレートケーキって呼んでたけれど(笑)
    トレヴィの泉は行けなかったの!だからきっと私たちはローマには戻れないんだろうなあ〜。

    お写真を見ながら、ローマの旅を思い出しています♪

    • kanaさん、おはよう〜。
      そうだったよね。サンタンジェロ城を見たってお話、覚えてます。
      私も想像では「お城」というと、もっととんがった塔がたくさんあって、四角いんだろうって思っていたんです。まさか「チョコレートケーキ」だなんてねー。
      そう!至る所に。。。なんだよね。100m歩いて角を曲がったら、教会。また曲がったら、そこに遺跡。そして遺跡。。。この街は一体?!って呆然とするよね。
      ベルニーニ… 素晴らしかった。彫刻を見てここまで心を動かされたのって、初めてだったよ。
      ソフィアミネルヴァ? 見逃しました〜。
      トレヴィの泉でも、人に圧倒されてさ。。。コインを投げ忘れたっ。でも、また行くよっ。絶対!

  2. わぁぁ~すごい人!ほんとびっくりです。こんなに混雑してるんですね、、、私も人ごみが駄目なので、めげそうです(笑)
    それでもA・ヘップバーンのローマの休日が好きなので、こうやって見せてもらえて面白かったです^^
    いいなぁ私もいつかいってみたい。
    そういえば先週だったかな?こちらでユーロ圏に旅行に行ってRip Offされた話、と言うのをニュースで紹介していたのですが、ローマでアイスクリームを4つ買ったら54ポンド(6000円ほどでしょうか?)請求された、と言う話をやってたんです。そりゃひどい、、、と見てる私も気の毒だったのですが、その後イタリア観光局がその家族をローマでのホリディに無料でご招待したそうです。羨ましい、、、(笑)

    • Saoriさん、おはよう!
      でしょっ?!後ずさりしてしまう人だかり。あとで聞いたんだけど、ちょうど連休と週末に挟まれた平日だったみたい。だから、イタリア人の旅行客も大勢押し寄せていたんだって。日本ではGWだったしねー。
      ヘップバーンのローマの休日スポットを見て回りたいっ!っていう気持ちもあったんだけど、この人ごみをみてあきらめちゃいました。あはは。
      そう!!読んだよ!その、バカにならないジェラートの話!アレ、本当に支払ったのね… 4つで54ポンドって言われて、マジで支払ってしまう人って… よっぽど外の世界を知らない人なんだなって、マリー・アントワネットを思い出して(?)しまいました。でもさ、54ポンドでローマに招待されたなんてー、なんともラッキーな。。。

  3. ローマの人たちは、歴史と映画の世界の中で生きているんだね。
    ぼくは子供の頃からイタリア映画が好きで、映画館やビデオでたくさんのローマを見てきた。トレヴィの泉は甘い生活のように真夜中に行ってみたいなぁ。
    papricaさんの写真を見ていたら、「フェリーニのローマ」を見直したくなりました。さて次の記事が楽しみです。

    • asoboさん、いつもコメントありがとねー♪
      うんうん、私もまたローマに行くことがあったら(行きたい!)、今度は夜の街をじっくりと歩いてみたいヨ。
      照明も綺麗なんだって。思ったんだけど、ローマの若者たちってさ、ちょっとデートに行くにしてもロマンチックな遺跡や広場を選べるんだなって。いいよねぇ〜。
      すっかり空想の世界に浸ってしまったヨ。
      フェリーニのローマって、70年代始めのものだよね?見てないなー。チェックしてみるね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*