ルバーブを使おう。

昨日に引き続き、Sunshine Report☆

海も空も真っ青。今朝は早くからマラソンのイベントで海岸沿いは賑やかだった。少し風があり、マラソン日和!(走ったことないからわかんないけど、走っている人たちは爽やかそうでした)

今シーズ初のいちごちゃん。虫にも鳥にも食われていない!

数年前までは、虫・鳥・リス(?)などからイチゴを守るのだ〜!って、すんごい神経質になって頑張っていた。頑張って格闘しても食われるときは食われるもの。あきらめてしまうととても気が楽になり、ここ最近はもう放ったらかし。それでもそれなりに赤くなり、いくつかは私たちの口にはいる。パイやジャムを作るほどはとれないけど、少し季節の味を味わえたらそれでいい。でね、なーんにもしていないのに、この最初のイチゴは驚くほど甘かった!びっくり。

もういりません、ってほど茂るのがルバーブ。明日また職場に持って行こう。

ルバーブとリンゴのパイを焼いた。

ルバーブと合わせて使うのにお店のイチゴが全然美味しくないので、代わりにリンゴ。これがなかなか美味しかったよー。

で、もうちょっと消費しようと。。。ジャムも作った。

今日のはとてもきれいな赤い色に仕上がったのでうれしい♪

もう五月も終わっちゃうなぁ。夏の間はキャンパスもひっそりで、緑がとってもきれいです。全く仕事をする気になれず、ぼーーーっと外を眺めていることばかり。また今週もヘラヘラして過ごしちゃうのだろうか。。。ほんと、頭をつかうことをしないと、アホになりそうです。なんとかしなきゃ。

Gusの散歩模様(インスタより)。この子もヘラヘラ幸せそうでしょ?

ciao.

A post shared by paprica (@paprica) on


instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“ルバーブを使おう。” への8件の返信

  1. ルバーブって寒いところに育つのかなぁ。日本でも育ててる方いるみたいだけれど、わたしはお目にかかったことないです。すっぱーいあの味が懐かしい。

    そういえば、マーガレットは雑草扱いなんですね。笑 確かにたくましいなあ。わたしも好きになったのは、昔昔、お隣さんが庭にいっぱい植えていたのが、どうかしてうちにも芽吹いたからだった気がします。

    そういえば、木彫りね、みおさんのワークショップ行っちゃった。レポ?書いたんでよかったら読んでくださいね。

    • umiさん、こんにちわ♪
      春先に一番に芽を出すから、きっと涼しい気候を好むのでしょうね。日本だったら3月ぐらいの気候で育ちそう。1つ苗があったらどんどん大きくなりますよー。
      鉢植えルバーブは聞いたことないけれど、地植えできるところがあれば誰にでも育てられるんじゃないかなぁー。
      私のこの好きなタイプの小さなのは、根もそれほど深くなくて可愛らしいんだけれど、大きなデイジーは広がるととんでもないです。。。水をやらなくてもがっちりと根を張って育つし、掘り起こすのもすっごい大変!umiさんの好きなマーガレットは、きっと細い茎のふんわりしたのじゃないかなぁ。

      えー!みおさんのワークショップに行かれたの?! 羨ましいなぁー。レポ、見せてもらいまーす☆

  2. パプリカさん、こんばんは☆
    パイもジャムもめちゃめちゃ美味しそうです!ルバーブって食べたことがないんですけど、想像では、セロリみたいだけどたけのこみたいな食感のもの、って感じです 笑。
    ところでですね、私とうとうやってきました。例のあの国に LOL
    昨日着きました。空港を出て街へと向かったわけですが、驚いたことに景色を見て何も特別なものは感じなかったのです。街中に入れば感じるかと思いきや、、、いまだに何を見てもまったく何も感じないのですよ。
    パプリカさんが感じておられた気持ちとは違うようではないですか?人々も建物も日本とは全然違うのに。。。なんていうんでしょうかね、ただ「普通」に感じるのですよ。この町が都会ではないからでしょうかねえ?あるいは私にとってこの国は「それ」ではないのかもしれません。だとしたらちょっとがっかりです 笑。まだまだこちらに居るので、何かしらまた来たいと思えるようなものが見つかるといいなと思います。

    • 大福さん、こんにちわ!
      ルバーブは赤いセロリみたいで生で食べたらきっとセロリや「せり」みたいな食感だと思います。でも酸っぱいので生では食べないんですよー。私はいつも火を通してお菓子に使います。すぐに柔らかくなります。日本ではあまり知られていない野菜(果物)ですよねー。

      わー!!伊国ですねっ! どの街でしょう? 都会ではないということは。。。フィレンツェあたりでしょうか? いいないいなぁ~♪
      大福さんの第一印象は「普通の街」なのですね。 なるほど~。 大福さんの場合は言語もふくめて、その国や街のことを色々と事前勉強されていたでしょう?だから普通というか自然に感じられちゃうんじゃないでしょうか? 私は「とりあえずやってきました~!」って感じだったので、本当にワンダーランドに飛び込んでしまったんですよ(笑)。でも、そうですね、何からインスピレーションを受けるのかって人それぞれですもんね♪ 楽しんでくださいね!!

      • 「言語もふくめて、その国や街のことを色々と事前勉強」はっ!確かにそうですね!ああ、そうですね、もうずっと慣れ親しんだ感があります 笑。しみじみ。この町はフィレンツェよりもずっと小さいトスカーナの町なのですが、町の歴史的地理的形状のせいか、人々は私が勝手に想像していたこの国の人々特有の「熱さ」というか、鮮やかさのようなもの(すみません上手く表現できなくて)がなくて、なんていうか日本とかドイツのようなhumbleな感じ?があるのですよ(ドイツの人々はもっとにこやかですが)。おそらく私の想像以上にその土地土地のキャラの違いが大きかったのだと思います。当初予定していた町で希望に合う部屋が取れなくて、偶然この、街に来たのですよ。なので機会があったら他の町にも行って、いつかグッと来るようなところを発見できるといいです。はい、楽しく過ごしたいと思います!けど私は自分よりもはるかに伊国ラブなパプリカさんに、ぜひまた近いうちに訪れてほしいです。パプリカさんがそこまで熱いものを感じる土地なんですもの。きっと何かあるのでしょう。
        ルバーブは酸っぱいのですかあ〜、ほおおおおお。フルーツみたいな野菜ですね。確かにいちごと相性が良さそうです。

        • 大福さん、おはようございます。
          小さな町(どこでしょう?)に滞在されているのですね♪ 素敵~。 
          私も色んな街を訪れたわけではないので比べられないのですが、ローマとフィレンツェは全然違う印象でしたし、小さな町の人たちは確かにのんびり穏やかでしたね♪
          偶然見つけた小さな町の散策も素敵ですね! どんなところか見てみたいです。 車でまわられているのでしょうか。 気持ちのよい季節、ゆったりと旅を楽しんでください!!
          そうですね~、私たちもまた訪れたいのですが。。。あぁー、遠い~~。 春のイタリア(もう、夏ですね)、恋しいなぁ~。

  3. こんにちは^^
    5月も終わり6月に入りました
    孫の幼稚園も園服が衣替えの季節
    そちらは衣替えって6月にあるんですか???
    Gusのマーキング散歩と
    ヘラヘラ顔に癒されました ハッピー^^v

    • pikaoさん、こんばんわ!
      そうでしたね、制服の場合は衣替えがあるんですよね〜。遠い昔のことですっかり忘れていました。
      こちらでは公立の学校は大抵(多分全部)私服なので、衣替えはないですね。。。。衣替えっていうコンセプトがないんじゃないでしょうか。制服を着ている私立の学生さんも、夏も冬も同じような感じで上にジャケットを着るか着ないかの違いだけのように見えます。。。
      Gus、笑えますよね。「おちっこしてきたよー!」って笑ってるみたいで。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*