リナ・ウェルトミューラーの作品と大好きなジャンカルロ・ジャニーニ

古い映画を見ている。相方と歳の差+文化の違いがあるので、彼には音楽や映画や本を色々と紹介してもらう。今、若い世代のことをミレニアルとかジェネレーションYとかZとか言うけれど、60sを謳歌してきた彼の世代は「ゴールデンジェネレーション」って呼ばれたりするらしい。私から見ても、60年代のアメリカを経験した彼を羨ましく思うことがある。現代に比べると、色んな面で「自由」で「安全」だった。今と変わらず、アメリカは戦争にどっぷりと浸っていたものの、人々が希望を抱けた時代だったよね。ヒッピーのゆるく平和思考でフリーセックス、フリードラッグを楽しみ(みんながみんなそうだったわけではないけど)、今はというと「フリーWi-Fi」を楽しんでいる、Golden Generation。そしてきっとそんな時代だったから自由で力強いアートが生まれたんじゃないかなー。

前置きが長くなっちゃったけど、そんなわけで、相方から古き良き時代に生まれたアートを紹介してもらうことが多いのです。3週末かけて、イタリアの女性監督リナ・ウェルトミューラーの作品を見ている。

Love and Anarchy」「Seven Beauties」、今週末は「Swept Away」を見る予定。Swept Awayはずっと前に見て衝撃をうけた(マドンナのじゃないよ、原作ネ)。最初の2つをみてもう一度見たくなっちゃった。素晴らしい「Film」です(と。単純極まりない感想)。心に染みた。

近頃の映画(特にハリウッドのもの)は、特殊効果やデジタル編集されているので視覚的に「すごい!」とか「ぎょっ」とするものが多い。だけど、物語性に欠けていてどうも物足りなく、映像としては思い出せてもストーリーが心に残らないのです(私の場合)。そういう意味で、デジタル技術のほとんどなかった時代の映画はとても新鮮。主役はストーリーであり、役者さんたちの演技力だから。アメリカの60s、70sの映画(最近見たのでは「One Flew Over the Cuckoo’s Nest」や「The Deer Hunter」など)を見ていて「こういう映画を作れる国だったんだ」って感動したりする。Just a simple story、All about people’s life、なんだもん。

リナ・ウェルトミューラーの3つの作品全てで主人公を演じるのが「Giancarlo Gianini(ジャンカルロ・ジャニーニ)」。

ジャニーニとマリアンジェラ・メラト(Swept Awayより)

大好き〜。なんて美しいひとなんだろう!

って思わない? かっこいいとかセクシーというより、美しい。特に彼のこの目!

目は口ほどにものを言うっていうけれど、ジャニーニは目だけで万国共通言語を語れる。Seven Beautiesの中に5分ほどど裁判所のシーンがある。セリフが全くないのに、何を伝えようとしているのかはっきりとわかるのー!これには驚いた。ジャニーニだけではなく、ウェルとミューラーの映画に出てくる役者さんたちの演技力は素晴らしいです。とりあげられているのが第二次世界大戦の残酷で痛ましい時代設定であったり、サドマゾヒズムやバイオレンスもあるのに、ウェルトミューラーのテンポの良いストーリーの運び方・見せ方あってか、どろどろと重たくなく笑えたりもするのです。伝えたいものは戦争のもたらした残酷さや人間の醜さではなくて、その時代を生きた人たちの生き方・生き様、の様な気がした。

もし機会があれば、是非見てみて~♪

余談ですが。Seven Beautiesの中で強制収容所の看守を演じるShirley Stoler。トランプに似てる。言っちゃ悪いけどすんごい似てる。素晴らしい演技です。

ネットで見つけたジャニーニの写真で一番好きなの。

最初の奥様と。スタイリッシュだし、何よりクレイジーな髪が好き。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

リナ・ウェルトミューラーの作品と大好きなジャンカルロ・ジャニーニ” へのコメントが 8 点あります

  1. パプリカさん、

    明日お誕生日おめでとう〜!映画情報シェアしてくれてありがとう!私が最近見た映画では、La La Land っていうのが面白かったよ。ハリウッドが舞台で、クラッシックな演出もあるけど、現代的と思った。レミゼラブル(映画)すごいとおもったけど、これもミュージカルで、エンターテイメントの要素の混ぜ方がいいよ。CG使ってるけど、いい効果が出てると思った〜。後ね、古いのではブルースブラザーズ見たことある?これもミュージカルだけど、ソウルミュージック。

    映画情報とかテレビにうといんで、又良かったのあったらお勧めしてね〜。

    • Kumasakiさん、どうもありがとう!
      今週末は二日ともいいお天気みたいで嬉しいー!芝刈りするよん♪
      あ、La La Landね〜、気になってた映画っ。でもね、実は私、ミュージカルを生で見るのは大好きなんだけど、ミュージカル映画は苦手なんだ。。。La La Landって、シーンの中で突然歌って踊りだすタイプだっけ? あ、でもライアン・ゴズリングはちょっとかっこいいねぇ。。。あの人とっても器用だと思う。演技の幅が広い!ね、彼の初期の映画でNotebookは見た? あれ、典型的なチックフリックだけど、泣いてしまった… 号泣〜。で、全く違うタイプのLars and the real girlっていうの、いい味出してたよ〜。
      ブルース・ブラザーズ知ってる! うんうん、あれは好きだった。Soul Music、いいよね♪ あんなふうに歌えたら幸せだろうな。
      私も映画を色々と見始めたのは25過ぎてからだから、今になって色々と昔の映画を楽しんでるよ!

  2. 私も「カッコーの巣の上で」好き!ミアファロウの出てる 「follow me」っていうのも面白かった記憶あるけど、二回目見たいけど、dvdとか見つけられなかった気がしてる。

  3. おお〜パプリカさんは、こういう男性がタイプなんですね。なるほど〜!人それぞれ違うものだなあ〜。
    どの映画もイタリア語なんでしょうか?ぜひ見てみたいです。どれが一番おすすめですか?
    最近イタリア語の映画をテレビでタント見てるんですけど、今のところ目がハートになる俳優さんは見かけたことがないです。見つけたらぜひお話ししたいです〜。

    • 大福さん、こんばんわ!
      ジャニーニは本当に美しいアーティストだと思います。この3つの映画ではそれぞれ全く違ったタイプの男性を演じるのですが、惹きつけられました。
      そうですね〜、どれも好きだけれど、Seven Beautiesが一番好きかな… 俳優さんの好みは… 幅広いですよー(笑) でも、ブロンドで青い目のタレントさんにはあまり惹かれないかな。髪も目も茶色(ダーク)な方が好きかなぁ〜。あ、でもでも、アイリッシュの黒髪に青い目!美しいですよね〜。くらくらっときちゃいます(笑) 大福さんの好みの俳優さんってどんなヒトですか??

      • いやあ私いいなあ〜って思う人がぜんぜんいないんですよねえ、現実の世界でも映像の世界でも 笑。ただ私も絶対、髪も目もダークな人が好きですね!これだけは譲れないです!笑
        あ!パプリカさん、お誕生日おめでとうございます!!!わたしパプリカさんは30代かなと思っていましたよ〜。感性がみずみずしいからかな。

        • 大福さん、こんにちわ~。
          大福さんには「これっ」っていうタイプがあるのですね♪ 私は結構幅広い(?)ので、「いい感じ♪」って思う男性・女性が結構いますー。あははっ。 例えば、顔はタイプではなくても、髪が好き!ってなるとそれだけで夢中になっちゃったり。目移りしすぎですね。
          あー、30代だったらいいのになー。 中身はあまり変わらないのですが、やっぱり「殻」は年相応、ですね(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*