ラム肉とブラックオリーブのシチュー

色とりどりの秋の葉っぱも落ちてしまって、雨ばかりの寒い日が続く日々です。この時期になると、無性に食べたくなるのが「ラム肉とブラックオリーブのシチュー」。相方のイタリアおばあちゃんのレシピ。素朴な家庭の味なので、体も心もあたたまるのです。

春に子羊の半分の量のお肉をオーガニックブッチャーで買ったんだけど、ちょうどシチューに使える部位がまだ冷凍庫に残っていました♪ うほうほ。

このシチュー、一度作ると二人で食べるには多すぎる量になるので、私たちにしては珍しく、久々にヒトを招待しました。お友達二人です。二日前にいきなり誘ったのにもかかわらず、快く来てくれるって言ってくれたので嬉しかった。

さて、このラム肉とブラックオリーブのシチューですが、基本はシンプルなトマトソースを作り、その中にラム肉とブラックオリーブを入れて煮込む。それだけ〜。

ラム肉とブラックオリーブのシチュー

シチューものって、やっぱり二日目がおいしいので、トマトソースの部分は前日に作っておいた。あれこれ入れずに、野菜は、玉ねぎ+リーク+にんにく+にんじんのみ。ハーブはオレガノ。これに赤ワインを…半カップ強。ことことと煮こんだあと、一晩おきました。

で、翌朝、適当な大きさに切ったラム肉を、大きめなフライパンを強めの火にかけて、茶色く表面を色づける。それをトマトソースの中に放り込む。肉汁も忘れずに。

ことことと2時間ほど煮詰めたところにブラックオリーブを加えます。私たちはいつもイタリアンデリーで「サン・ドライド・ブラックオリーブ」を買ってくる。少しだけ苦味があって、塩気もある。このフレーバーが、トマトソースで煮込んだラム肉ととてもよく合うのです♪ オリーブには塩気があるので、ソースには最後まで塩を加えません。

ラム肉とブラックオリーブのシチュー

さて。このラム肉とブラックオリーブのシチューを作るときにはいつも、「ポレンタ」も一緒に作る☆

ポレンタは、トウモロコシの粉で作る…「おじや」みたいなもの。本来はなが〜〜い時間をかけて、なが〜いスティックでぐるぐると混ぜ続けて作るそうです。時間がかかる割には、結局は「トウモロコシのおじや」でしかないという、なんともめんどくさいものです。私たちにはそんな時間も根気もないので、いつも「インスタントポレンタ」を使う。イタリアンデリーの兄ちゃんに「これって邪道?」って聞いたら、「僕もいっつもそれ使うし、言わなかったら誰もインスタントだってわかんないよ」ってさ。そんなもんみたい。

インスタントは、ほんっとうに「インスタント」。沸騰したお湯に、ポレンタの粉をざざーっといれて、ぐわああ〜っと混ぜて、2〜3分もしないうちに出来上がる。なので、全てを準備しておいて「せぇのっ」と勢い良く粉を入れて仕上げます。

ラム肉とブラックオリーブのシチュー

混ぜて混ぜて、調度良い硬さになったら火から下ろす。私たちは、この直前にバターとたっぷりのパルメザンチーズを混ぜ入れます。コレを20cmの丸いケーキの型にいれておく。ポレンタはどろどろの状態で食べるのが好きっていうヒトもいるけれど、私たちは少し固めに作って型に入れ、食卓に出す直前にオーブンで温め直してチーズを振りかけます。

えーっと、デザートは、この間紹介した「フリースタイルのアップルペアータルト」をリピート。

フリースタイルのアップルペアータルト

今回はりんごと洋なしが交互になるように並べてみた。このタルト、本当に簡単なんだけど、「受け」がとても良い。4人できれいさっぱり平らげたヨ。

シチューを盛り付ける前に、相方がパルメザンチーズと「黒いトリュフ」をスライスしていた。

http://wp.me/pWlo6-26Y

本場の新鮮なトリュフに比べたら、まったくちっぽけなのだけど、気持ちだけ。これをポレンタの上にのっけました。

ラム肉とブラックオリーブのシチュー

こんな感じです☆ 。。。ったく、私たちって盛り付けのセンスゼロ。ま、家庭料理だからね、どさっと盛ってもりもり食べればいいのです。

ひさびさのシチュー、本当においしかった♪ ヒトと一緒に食べると、また一段とおいしいね。

*おまけ*

台所の角に居座って、なにか落ちてこないかと待ち続けていたGus。

Gus

G:ちーず、ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪

“ラム肉とブラックオリーブのシチュー” への6件の返信

  1. インスタントのポレンタがあるなんて知らなかった。
    なんといえばいいんだろう、時間ばかりかかってとても無意味に思える作業を考えると、なかなか作る気になれないポレンタ。
    凄く好きって訳じゃないけど、インスタントがあるなら、ぼくは結構作っていただろうな。
    粉は売ってるけど、インスタントは見たことなかった。
    こんど探してみよう。
    トマトソースは、毎週作っているから、子羊のいい肉があったらこの市中にチャレンジしてみたいなぁ。
    デザートも食べたいな。

    • そうなのよ〜、インスタント、と〜っても便利。
      一度、あの、寝てしまいそうな作業(?)を経験していると、この超スピーディに出来上がるポレンタにはびっくりします。
      だけど、出来上がりはそれなりにおいしいし、硬さも好きなように調節できるから便利です。
      ご飯やパスタ、くすくすやキノアなどに飽きてしまったときの良い気分転換になってます。
      バターとパルメザンチーズを混ぜると、それだけで食べてもウマウマです♪

  2. こんばんは^^
    下さい!!!!一口で良いですからっっっ
    Gus君に負けないくらい、待ちます!!
    トウモロコシのオヤジってなんですか?(とかw
    これ、ちょい気になりますっ
    papricaさんVer.は本当に固めなのですね~
    ちょっと日本でもインスタント、探してみよーと思いますっ
    ラム肉ってポピュラーなんでしょうか~
    自分はまったく口にした事が無い肉ですね@@

    • はいっ、あ〜〜んと口開けて〜。
      。。。って、フォレさんはお肉食べないんじゃなかったっけ?だよね?
      ポレンタって、イタリアンなレストランではときどきメニューにのってるんじゃないかなぁ。
      ご飯やパスタのかわりにポレンタ、って感じ。とろっとしているのも好きだし、こうしてスライスできるくらい硬くしても好き。
      硬くすると、翌日、スライスしてそれをバターで炒めて焦げ目をつけて、シロップを掛けて食べてもおいしいのだ。
      うん、インスタントが見つかるといいね。ほんっっとうにあああっっというまに出来てしまうよ〜。
      ラム肉は、日本ではあまり人気無いかな。匂いがいやって言う人も多いと思う。私は好き〜。雑食なので。

  3. はじめまして
    最近良く覗かしてもらってます
    私も過去、VICTORIAに住んでいたので、懐かしくなります
    お料理お上手ですね~おいしそう!!
    これからもちょくちょく遊びに来させてくださいね

    • 梅さん、はじめまして!コメントどうもありがとうございます。
      えぇ〜っ、ビクトリアのどこにお住まいだったのでしょう。学生さんだったのかな。
      ビクトリアはせまいから、きっとどこかですれ違っていたかもしれませんねぇ〜。

      お料理? できないよ〜。作れるのは限られてるし、同じものをリピートしてるし。
      でも食べるのは大好きです♪
      私も梅さんのところ、のぞかせていただきますね。こうやってブログの輪が広がっていくの、楽しいです。
      これからもどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*