ミシン掛けとビーン・ベアー

12月に職場の各部署(?)で、「私たちこんなことしているんですよ〜」って展示やゲームなどをして紹介するイベントがある。そのゲーム用アイテムを手作りするお手伝いで。。。ミシン掛けを引き受けた。

年に数回、使うか使わないか…というミシン。引っ張り出して。

えーっと。。。ボビンに糸巻くのってどーやるんだったっけ。。。(汗)

お裁縫苦手なのでミシンなんていらない、ってずっと思っていた。家に、相方のふる〜〜いSINGERのミシンがあったのだけど、本当に古くて下糸がすぐにゴウゴウとジャングルのようにからまり、イライラするだけのマシーンだった。ちょっとした裾直しなど簡単な修繕をするのにミシンがあるとやっぱり便利です。で、2年程前に買ってもらった♪ これ(↑↑)はJANOMEミシン。そう!ジャノメミシンっ!

でも、こっちの人たちは「ジェノーム」と呼ぶ(笑)。中にはジェイノーミって発音するひともいる。

私に与えられたタスクは「魚の形の淵を縫う」こと。えへへ。それくらいならできますっ!とかってでた。

久しぶりにカタカタカタカタとミシンをかけて、ちょっと楽しかった♪ もっと縫うものないのー?と、「直線だけなら縫いますよ」の勢いで縫えるものを探してしまった。あはは。

で、端切れの袋の中に、ずーっとずーーーーーっと前に「ビーン・ベア」の型紙にそって切った布が、切りっぱなしになっていたのを見つけた〜♪

魚を縫うよりも時間がかかってしまったけど。

できたよ☆

中にはレンティルを詰めました。

頭の形が… おかしい。一時期、このビーンベアーにはまっていて、手縫いでチクチクやっていたころがある。20年ほど前のことだけど。昔のことを思い出してちょっと懐かしくなった。

このゆる〜くだらしない感じが好きで。 これね、お豆を中に入れるので、救急のときに食べものがなくなったら破って食べれるのですヨ。

今日もお天気が悪かったので、お裁縫日和、だったかな。

良い1週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“ミシン掛けとビーン・ベアー” への8件の返信

  1. おはよう〜

    クマかわいいやん!生地の柄もいいしー。私もなんか作りたくなってきた(*^_^*)

    • Kumasakiさん、おはよう!

      えへへ。。。このクマね、手縫いで仕上げるほうがかたちがきれいかも。ミシンだとはやいけど、私は下手くそなのでガクガクに仕上がっちゃった。お腹も鼻もとんがりすぎー。
      Kumasakiさん、作ったら見せてねー。 私も洋服作れるようになりたいなぁ。 バッグやクッションカバーとか、そういうのも作れるといいのになぁ。

  2. ビーンベア
    おとぼけ感が可愛いですね~(^-^)
    中には何の豆を入れてあるのですか?
    日本では おじゃみ(お手玉)に 小豆を入れていたけれど
    こういうぬいぐるみに豆を入れてあるのは 知らないです。

    ミシン
    私も一応持っていますが
    ボビンの取り扱いや糸をかけるのが面倒で
    ずっと休眠状態です。
    小物は ずっと手縫いしています。
    だから 大物は縫えません。(・_・ゞ-☆

    • nonさん、こんばんわ!
      このクマの中に入れるのは、豆でもお米でもいいんだと思います。私は今回は家にあったレンティルをいれましたよ。
      そうそう、お手玉と同じような感じです! 小豆でももちろんオッケーですが、ここでは小豆はレンティルよりもずっと高いのでー。
      また端切れで作ってみようかな、っていう気になりましたっ。

      そうなんですよねぇ。ミシンとボビン… 今まで使ってきたミシンはすごく古かったので、ボビンと格闘するのが嫌で手を付けるのを避けてきました。
      これは新しいので案外すんなりと縫えました〜(ほっ。)
      私も手縫いのほうが好きです。針と糸があれば自分のペースでちくちくできますもんね♪

  3. 蛇の目ミシンw
    昔々のうちにもありましたぁ~
    まだ足で踏むやつ^^
    あのマシンの精巧さが面白くて、子どもの頃
    ミシンを足で動かしながら、機械各部の精密な動きを
    長い時間観察していたものです(笑)
    よく指先を怪我しなかったものです。
    面白いクマさん出来上がりましたね~
    やっぱいいなぁ。手作りってまるで生きてるみたい(^-^)

    • ぽとすさん、こんばんわ!
      ジャノメミシン、懐かしいですよねっ。えーーっ、ぽとすさんちにもあの古いタイプのがあったのですか?我が家にもありましたっ。両足でかたかた踏むのです。
      叔母がミシン掛けの仕事をしていたので、家にいくつも本格的なミシンがあり、遊びに行くといつもミシンと油(?)の匂いがしました。懐かしい…
      ビーンベアーは中が豆なので、ぽてっと座らせることができるんですヨ♪ 夜の長い冬がやってくると、こういう作業も悪くないですねー♪ たまには。

  4. インスタで雰囲気あるミシンのポストがあったね。
    地元贔屓でミシンといえば「JUKI」(ジューキ)です。(笑)
    ミシンはウチにもあるけど、私は苦手だから触らない。父専用。
    この、待ち針打ちとか「しつけ糸」とかアイロンがけが苦手なの~
    縫う段階へ到達する前の仕事が多すぎてイヤになっちゃうんだもの。
    このお魚はどういうシーンで使われるんだろう。
    papricaさん、IT部門だよね?(笑)

    くったりクマさん、中にお豆さんが入ってるんだと、
    お手玉みたいに触るシャリシャリして気持ちいいのかな。
    愛嬌があっていいじゃない?

    • a-ki_laさん、こんばんわ♪
      ジューキミシン?! 初めて聞いたー!ガッツリとしたオトコっぽいミシンだねっ(ググってみました)。
      えぇ〜っ、お父さんミシンを使われるの?? 何を作られるのー??? すごいっ。
      そう。そうなのよ、a-ki_laさん、ミシンかけって、実際に縫うところに行き着くまでがめんどくさいっ! 全く同感ですっ。誰かが全部準備してくれて、さぁ、縫ってください!って渡されたら縫うけれど… 
      魚釣りのゲームをするんだって。そうよ、IT部門です(一応)。魚釣り=Fishing=Phishing(悪質なメールなど、あの手のフィッシングね)。

      クマさんはお手玉と同じような感触だよ。お豆入りなのでぺったんと座ってくれるところがかわいいよ〜。手縫いで作ったほうが丸みがあっていいかも、って思った〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*