ペンキ塗りプロジェクト

私たちの家は1930年築。日本では、古家よりも「土地そのもの」に価値があることが多いけど、こちらでは、ロケーションと「家の価値」が重視される。ココに引っ越す前に住んでいたのは1908年築で、建て方も使っていた材木、間取りやディティールも全然違っていた。今の家と比べると天井が高かったし、一つ一つの部屋が大きかった。でも、冬はめちゃくちゃ寒かった…

とにかく。古い家(欧州の家と比べるとそんなに古くはないけどねー)って、常に何かしら手をかけてあげないといけない。お金がたっくさんあったら、フロアプランからやり直して、台所の位置を変えたり窓を付け加えたり…したいけど、そんな余裕はないので、できる範囲でタッチアップしたり、修繕したりしています。

相方が先週始めたのは、小部屋のペンキ塗り。

本来は「リーディングルーム」か「シッティングルーム」として使われていたっぽい、小さな部屋。暖炉があって、作りおきのミニ本棚があるから、やっぱりReading Roomだったのかな。

小部屋のペンキ塗り

この部屋、引っ越してからまともに使ったことがない。「物置き」か「通り道」として存在するだけ。窓がなくて暗く小さいっていう理由からです。この暖炉の向かい側の壁に、一つでも窓があれば良かったのに〜。無いので、その壁に本棚を並べて「本の貯蔵部屋」にもなってました。

小部屋のペンキ塗り

これ(↑)が向かい側の壁。まぁ…使わない部屋だから、という理由もあって、引っ越してから全く手も付けておらず。でも、通るたびに「汚らしいなぁ」と気にはなっていました。

で、重い腰を上げてペンキ塗りだけでもしてみようじゃないか、と言う事になった。ようやくっ。この「色」と呼べないような汚らしい黄色味がかったベージュ(ベージュがかった淡黄色?)… So ugly…

小部屋のペンキ塗り

それからこの古い暖炉… super ugly! 前に住んでいた人たちも、ペンキ塗りや配線をDIYでやっていたみたいなんだけど、やり方が汚くってさ〜。この部屋を塗った時に、暖炉のレンガの縁に淡黄色のペンキをべっとり塗ってそのまま。左上のトコロ(↑)も汚いでしょ?これがどうしてもきれいに拭き取れない!

小部屋のペンキ塗り

相方もネットで調べたりして、煉瓦についたペンキの落とし方を読んだんだけど、毒性のある液体をぶっかけないと無理だって。

で、もともと、このレンガそのものもきれいな赤い煉瓦じゃないんだし、いっそのこと壁と同じ白に塗っちゃったら? ってことになりました♪

作業開始〜(相方がね。私は見てるだけデス。。。)

小部屋のペンキ塗り

コチラで部屋のペンキ塗りをする時に使うペンキは、Latex(ラテックス)ベースのペンキ。まず、部屋全体の壁と天井をスポンジを使ってきれいに拭き取る。で、そのあと、凸凹している表面にヤスリを掛けてなめらかにする。で、それから「プライマー」ってよばれる下地になる白いペンキ(?)を塗ります。そうすることで、次に塗るペンキのノリがよくなるんだって。

↑はプライマーを塗った状態。真っ白のプライマーでベージュを隠しただけで、ずいぶん気持ちがよくなった。

小部屋のペンキ塗り

今日は天井のコービング(丸くカーブしている部分)を刷毛でペンキ塗り。平らなところはローラーで一度目のコーティングを塗ってたヨ。

小部屋のペンキ塗り

Uglyな暖炉も白くするだけでスッキリと明るくなりそうだ〜。(↓プライマーの白です)

小部屋のペンキ塗り

まずは壁と暖炉の煉瓦にペンキを塗って、その後、ドアやベースボードも「ヤスリ→プライマー→ペンキ塗り」の作業をします。のんびりなのでまだまだ時間はかかりそうだけど、きれいに塗り上がるのが楽しみ☆

*おまけ*

今日の笑顔。

ボーダーテリア Gus

良い一週間になりますように!

 

 

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“ペンキ塗りプロジェクト” への12件の返信

  1. 凄いですね。我が家なんて25年しかたっていません。自分たちでやれる範囲だったので、小さいし、庭もねこの額です^^
    でもまだ田舎なので、鉄平の散歩はいいです。家は直すところがありすぎですが、お金かかるし・・・
    今は何にもしません^^

    • reikoさん、こんばんわ。
      ヨーロッパに比べたら歴史が浅いカナダでしょう? でも築1930年代ってのはたくさんあります。返って昔に建てられた家のほうが、作りがしっかりしていて強いんですヨ。
      それでも、なにかしら傷んでくるので、修繕プロジェクトにはきりがないんですけどね〜(涙)
      確かにお金はかかりますよね!庭を手入れするのにもお金かかるもーん!

  2. papricaさん こんにちは

    古い家を、大切に、メンテナンスしながら住み続ける事はとても良いことだと思います。
    今の日本の住宅の建て替えのサイクルは、早すぎるし、手入れしながら、長く住める
    住宅は、資源の無駄にもならないし、本当の意味でエコハウスだと思います。
    基本のところが、頑丈に出来ていれば、問題ないとおもうんですよね。

    ペンキを塗ってきれいになると、気分もかわってうれしいですね。
    完成が楽しみですね。何をする部屋になるんだろう?

    • ひつじさん、こんばんわ!
      コチラでは古い家のほうが良い材木を使って、きちんと造られているし、細かなデザイン(暖炉の細工とか、コービングとか、モールディングとか)にもこだわりが見られるんです。80年代以降に作られた庶民の家は、大量生産された部品の組み合わせ、みたいな印象の家も多くて素っ気ないです。でも、古い家はそれなりにメンテが必要ですね〜。お金かかるよ〜。
      私たちは器用でもないので、出来る範囲をちょこちょことタッチアップする程度です。
      ほんと、一体この部屋って何になるんでしょうね。相方の使っている部屋も修繕が必要なので、そっちをリノベーションするときには、一時的にココを相方が使うことになるかな〜。

  3. こんにちは^^
    壁塗り楽しそうだけど・・・家が広いとメンテも大変ですね
    欧米の人は何でも自分でするんですよねぇ☆☆☆
    日本人はパンク修理も業者に頼む情けないです 
    そちらでは生きていけない人種・・・
    暖炉のレンガ色に塗れば良かったんじゃないの???
    今からでも塗れるけど・・・
    いやいや余計な事を書きました(笑)

    • pikaoさん、こんばんわ。
      うーん、見ているだけなら楽しいんだけど、実際にするとなると大変です。
      相方はこういう作業はきちんとするヒトで、一方私はすんごく大雑把なので、ココは彼にまかせてます(笑)
      そうですね、こっちのヒトは器用!日曜大工を趣味にしているヒトもたくさんいるし、出来ることのスケールが違う!小さなキャビンを建ててしまったり、車やバイクを創ったり。すごいでしょ?
      暖炉の色については色々と考えたのですが、小さなスペースなので、全部白にした方が広く見えるかなと思って白です。色を塗るとなると、ボーダーラインの塗りがね… また大変だから。あはは。

  4. papricaさんこにゃにゃちわー。DIYさすがですね!旦那様たくましいなぁ。
    それにしても暖炉もあるなんてステキ!そして白、私も白が好きなので写真みてうっとりしちゃいました。ステキなお部屋になりますように☆
    そういえば先週うちもついにトイレが壊れました。ここ築40年くらいでトイレもオリジナルだったそうです・・・。うーんトイレとなるとなんか複雑ですがでも古い建物いいですよね。リフォーム大変ですけど。これから春がくるし気持ちいいお部屋になるのを楽しみいしています。

    • Shinoちゃん、こんばんわ。
      いえいえ…うちは「DIY」って呼べるほどのレノベーションはしない(できないの、そこまで器用じゃないから〜)のよー。でも、ペンキ塗りって一言でいっても、色んなステップがあって、私的にはかなり面倒…
      暖炉は2つあるんだよ。この暖炉は小さいほうで、掃除もしてなくて、長いこと使ってないよ。多分、この先も使わないんじゃないかな〜。
      小さな部屋なので、明るい白にすることにしました。色を変えるだけで、空間の印象って変わるんだね〜。
      Shinoちゃんちのおトイレ、DIYするの? 水回りはややこしいね。ああ〜、ほんと、はやく春がこないかな〜。

  5. 小2のとき、夢中で読んだトムソーヤの冒険を読んで以来
    ペンキ塗りはぼくのあこがれ。でも、その機会がなくて、大人になって東京にでてきて、はじめてペンキ塗りをした。日曜日、友だちの家の外壁塗りの手伝い。
    近くだったら喜び勇んで手伝いに行ったのになぁ。残念!

    • asoboさん、こんばんわ!
      そうそう、ローラーでネ、ごろごろとペンキ塗りをするのは楽しいんだけど、直線のボーダーを刷毛で塗っていくのがね〜。どうもね〜。
      全部同じ色なんだから、ざざ〜っと塗っちゃえばいいやん、って思うのですが、相方曰く「Trimming(木の飾りのボーダーみたいなの)は、色は同じだけどShiny だから、ちゃんとしなきゃ後でわかる!」って。
      私は大雑把なので、細かい作業はカレ任せです。
      ほんとー、手伝って〜〜って言いたい〜。

    • Thanks, Anya!
      Yap, we’re very happy we decided to paint this super ugly useless room. We could’ve chatted about it at work if you were with me!!
      We haven’t done the whole room yet. I’ll report once it’s all done 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*