フレンチ・オニオンスープ by Julia Child

シチューやスープがおいしい季節。数少ない我が家のレパートリーの中で、「フレンチ・オニオンスープ」は、シーズン中に何度か作る大好きなスープ。ときどき無性に食べたくなる。空が重く、じとっと寒い夜、カウチに座ってこのスープを1ボール。満たされます。

初めて相方がこのスープを作ってくれたとき、本当にびっくりした。味がというよりも、使っている材料が「玉ねぎ」だけだから。玉ねぎだけでなんでこんなにおいしいんだよーっ!って叫んじゃうよ。

レシピは Julia Childさんの「Mastering the Art of French Cooking」より。いいかげんな私も、このレシピ本で何かを作るときは、忠実にレシピに従います〜。そうすると間違いなく美味しいものが出来上がる☆

フレンチ・オニオンスープ

材料:

  • 薄くスライスした玉ねぎ 750g
  • バター 42g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 小さじ 1/4
  • 小麦粉 42g
  • ビーフストック又はブイヨン(お湯に溶かす)1.5L
  • 白ワイン(ドライ) 125CC
  • 塩コショウ 適宜
  • コニャック 大さじ3
  • フレンチバゲット
  • パルメザンチーズ、or スイスチーズ

フレンチオニオンスープ

今回、どうしても庭で採れた「平べったい玉ねぎ」を使って作りたくって。全部で5つスライスした。

厚てのお鍋にバターとオイルを温め、スライスした玉ねぎを入れて蓋をする。焦がしてはいけないので、中火よりも弱めで約15分。

そのあと蓋をとって中火にし、塩と砂糖を加える。少し砂糖を加えることで、玉ねぎがキャラメライズ(飴色にする)される。ここで、焦らず、ゆっくりと頻繁にかき混ぜながら約30分〜40分。

フレンチオニオンスープ

そうすると、だんだんとカサが減っていき、飴色に変わっていくヨ。あんなにたくさんあった玉ねぎが、ぺとっとした飴色のペーストの様になる。

フレンチオニオンスープ

ここまで色づいたら、小麦粉を振り入れ、約3分よく混ぜる。

ビーフストック、又は同量の水にブイヨンを加えたものを沸騰させておきます。私は大抵作りおきのビーフストックを使う。玉ねぎのお鍋を火からおろし、温まっているストックを加える。続いて白ワインを加える。

少しずらせて蓋をし、30分〜40分くつくつと煮込む。アクが出てきたらすくいとる。

食べる直前に温め直し、大さじ3のコニャックを加える。

ここで、どうしても忘れてはいけないのは、軽くトーストしたバゲットとチーズをボールに入れて用意すること!私たちはいつも、オーブンで軽くトーストし、チーズはスイスチーズ(エマンタール)を少しとろけさせておく〜。

フレンチオニオンスープ

そこにオニオンスープを注ぎます☆

じゃじゃんっ♪

フレンチオニオンスープ

見栄えはいまいちだけど、コレは私の盛り付けが下手くそだからでして。カリッとトーストしたバゲットととろけたチーズに、甘みのあるオニオンスープがしみこんでね、それを一緒に食べるのー。とっても美味しいよん♪ 材料だってややこしくないし、根気よくのんびりと玉ねぎを炒められれば、絶対に美味しくできあがるよ〜。オススメです♪

*今日の霧模様 on the hill *

今日もまた深い霧の一日。

victoria fog P1140323.2ちっちゃく写るGus、見えますか?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“フレンチ・オニオンスープ by Julia Child” への10件の返信

  1. この厚手で深いスープ鍋と、使い込んだ木ベラのファンです。
    ここからいろんな「美味しい」が出来あがってくるんだよね。
    じっくり炒める飴色玉ねぎ、ワタシはせっかちだから焦してしまうのよね。
    美味しそうだな。仕上げにコニャックか~香りもいいだろうな。
    ワンボウルと言わずワンポット、食べちゃいそう。
    霧の中のちっちゃいGus、ちゃんと見えるよ。
    「ほな、Gus, いこかー!」

    • あはっ。確かに。この木べらは古いよね〜。こういうシンプルなのが一番使いやすいです。
      厚てのお鍋は、生まれたときは圧力鍋だったらしい(相方の)。重しの部分が壊れちゃって、今はタダの重い厚底鍋として第二の鍋生で活躍中。
      a-kkieeさん、せっかちじゃないでしょう〜。あれだけじっくりと生き物の写真をとれるんだもん。粘れると思うけどなー。
      ほんと、スープがおいしい季節です。東京もやっと秋らしくなってきたのかな。
      「うん、いこいこー♡」

  2. うわ〜、美味しそう!!
    寒い日に家の中で食べるあったかいスープは格段に美味しいですよね。オニオンスープは作ったことないですが、玉ねぎだけなのにこんなに濃い色のスープになるんですね。コニャックを手に入れたら、是非作ってみたいです。

    • ayatingさん、こんばんわ〜。
      そちらはもう、どっぷりとスープの季節でしょう? 
      私たちはこのスープを作るときに「ビーフストック」を使うので、それもあって色が濃くなるのだと思います。ブイヨンだけだったら、ここまで濃くはならないんじゃないかな。
      ときどきコニャックなしで作ることもあるけれど、やっぱり少し入っている方が風味がいいですよん♪ お試しあれ〜。

  3. papricaさん こんにちは
    すごーく丁寧に作られたオニオンスープが美味しくない訳ないですね。
    食べたいなぁ〜いつかトライしてみます。
    こんなに、時間をかけて、炒めるのね。何回か作ってるけど、ここまでは・・・
    これからの季節、美味しくて暖まりそうで、いいな♪
    使い込まれた、お鍋も、木べらも、美味しさの歴史を物語ってるね。

    • ひつじさん、こんにちわ~。
      ひつじさんちの畑のお野菜が羨ましいです~。
      こちらはもうすっかりスープの季節ですよ。ものすごい寒いわけではないんですけど、日が短くなって曇天が続くと、どうしてもぬくぬくしたくなりますネ。
      このオニオンスープの勝負どころは、玉ねぎを飴色にすることです。そうすると、本当に玉ねぎっぽさがなくなって、あま~くなります。
      うちの台所ツールは、ほとんどが相方のもので、結構古いですネ。中には相方のおばあちゃんの使っていたツールもあるんですよ。
      私は大雑把なので、大切に使わなきゃぁと… 気をつけています♪ (何度かお鍋を焦がしたし…)

  4. オニオンスープだ〜〜〜〜い好き!! でも切るのと炒めるのが手がかかるからね〜〜 作って作って〜〜〜^ー^   寒〜い日にオニオンスープを食べると身体がポッカポッカになるんだよね。 

    • tomさんも好きなのね〜♪ 
      うん、ほら、長旅から家に帰ってきたときなんかに、オニオンスープが待っていたら… 最高だよねー。
      tomさん、帰国(ん?どっちに行くのが帰国なんだっけ?)されたんだネ。久々の kumatoさんの優しいお顔に癒されました。

  5. 凄くおいしそう。もう少し寒くなったら作ってみよう。
    今夜は、ビーフシチューをつくっています。
    早くできたら、トマトソースも作るつもりです。

    • asoboさん、こんばんわ♪
      うん、このスープは外れることなし。美味しいです。体がホクホクあたたまるヨ。
      asoboさんのビーフシチュー、愛情たっぷりで丁寧に仕上げられていて美味しそう。
      あ!私も今日、最後のガーデントマトでトマトソースを作ったよー。コレで今年のトマトも全部保存できました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*