バンクーバーへ弾丸トリップ

とってもとっても久しぶりに、バンクーバーの友人家族に会いに行ってきた!

島を離れるの、久しぶり。フェリーに乗るのも久しぶり。

病み上がりのお友達んちに押しかけるのも気が引けて、今回はあきらめようとも思ったんだけど、本当に長いこと会っていなくて、出不精の私たちは何度かお誘いを断ってきたので。「えい、やっ!」と、勢いで行ってきた〜。

11時のフェリーでバンクーバーへ。そして翌日の朝、バンクーバー10時発のフェリーでビクトリアに戻ってきたっ。こんな弾丸トリップも久しぶり(始めてかも)。

この4月は本当にお天気が安定しないし、寒いっ。ビクトリアに比べて、もひとつ雨の確率が高いバンクーバー。今までも天候を理由にお誘いを断ったこともある。Gusが一緒だし、友達の家に閉じこもっちゃうことになるし。行った日は、曇天。友人宅の家の周りをGusと歩いた。

街の犬たちの糞尿に対するクレームも多いらしい。限られたグリーンスペースが、わんこのおしっこで枯れてしまうから「犬お断り」の札がたてられているのも見たことがある。幸い、友人宅の近くにはドッグパークがあるんだけど、ここ最近の雨でぐっちょぐちょだし。おとなしく家の周りを散歩。

ヘリテージハウスが並ぶ通り。数ブロック先が大通りとはいえ、この辺りは住宅街だから驚くほど静かです。でも、やっぱりバンクーバーは大都市だ。フェリーターミナルから友人宅に向かう途中の交通量がすごかった。みなさん、スピーディーな運転だし。大都市では「何処にどの道を通っていくのか」を前もってはっきり把握していないと、周りの車からのプレッシャーに押されて予定外のところで曲がってしまったり、ハイウェイ降りるの間違ったりしてしまいそうです。運転嫌い(+苦手)の私は、助手席に座っているだけでどきどきしてしまった。情けね〜。

久しぶりの遠征(?)ですっかりお疲れのGus。持っていった「もも色ぶたさん」を枕にして昼寝。フェリーの中では車の中でお留守番なので、ものすごいストレスなのです… 置き去りにされると察して、家を出る前からそわそわと落ち着かず、車の中でもピーピー鳴くし、ナーバスになって体を小刻みに震わせたりするし… 「帰ってくるから心配しなくていいのっ!」って言ってわかる相手じゃないし。そんなGusを連れて出かけると、わたしも疲れる。友人宅では、Gusはピタッと私をマーク。トイレの中まで付いてくる。「ぼくちんをひとりにしないでください」の目をして。パピーの頃のトラウマで、責任は私たちにもあるので責められないし、仕方ないです。

1泊だけだったので、滞在中も弾丸トークでキャッチアップ。赤ちゃんの頃から知っている友人の息子くんも、すっかり大きくなって大学生。「若いっていいなぁ。青年よ、大志を抱け。」な〜んて思って眺めてしまった。誕生日にポップコーンがほしいって言ってたのがついこの間の様。

相方の誕生日もお祝いしてもらっちゃって、なんとも嬉しいサプライズでした♪ もう一泊してよって言ってくれたけど、「そわそわ犬」+土砂降りのお天気ということで、とんぼ返りでビクトリアに戻ってきました〜。

↑↑アザラシがねそべってたよー。

大都市のエナジーも久しぶりには良いもの。興味深い文化的イベントもたくさんあるし、ショッピングだって楽しいだろうし。けれど、私たちはやっぱりのんびりのビクトリアがいいね〜って、相方と何度も言い合った。

途中、島々を眺めながら、今度はGulf Islandsのどこかに行ってみてもいいよね〜って。

Gus連れて? 行く?

Gusも私たちも、家に帰ってきて「ほっ」。とてもシンプルで地味な生活だけど、それが一番ほっとする。たまに家を離れると、自分の家のありがたみをあらためて感じるね♪

弾丸トリップだったけれど、友人たちの元気そうな顔を見ることができて良かった☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

6 Replies to “バンクーバーへ弾丸トリップ”

  1. ビクトリア⇔バンクーバーってフェリーでどれくらいかかるんだっけ?
    どこか他の地域に行くとすると、まずフェリーでバンクバーに出ないとならないのだっけ?
    papircaさんと知り合って長いのに、ワタシはいまだに地図上のバンクーバーを指差しすることが出来ないよ~
    世界地理は苦手。

    フォトジェニックな街だね~レンタサイクルも発達してるんだね。
    イマイチなお天気とGusには気の毒だったようだけど
    親しい友人の顔を見るのが主目的という旅もいいよね。
    ワタシも6月にそんな目的で京都へ行くよ。いっぱい喋ってこようっと。

    1. アキラさん、おはよう!
      あはは、そうよね、わかんないよね〜。私は日本の地理も怪しいから(苦笑)。えっと、フェリーに乗っているのは1時間40分くらいだよ。でも家からフェリーターミナルまで+待ち時間も合わせると、合計4時間半程かかったかなぁ。帰りは一本早いのにぎりぎり間に合って最後尾に乗せてもらえたので、待ち時間の分早く家についたよ♪ ビクトリアはバンクーバー島の南東にあるから、この島の中だけでも色々とアドベンチャーもできるけれど、街に行きたいと思ったら、バンクーバーだねぇ。いつもたいていGusと一緒だから、バンクーバーに行っても都会のお遊びが何もできないんだけどね(苦笑)。

      写真をする人ならウズウズするようなスポットがたくさんある街だよ♪ でもやっぱり都会だわ〜。あの街で運転できなーい!怖いっ。江戸っ子のアキラさんが見たらどうってことないレベルの街かもしれないけど。
      6月の京都行き、楽しみね〜!行き先に親しい人が待っていてくれると思うと、楽しみがぐっと膨らむよね☆ それまでにGWがあるよ〜。予定あるのかな?

  2. 私も、 パプリカさんのブログずっと見てるのに、 ビクトリアが島だってことが今回初めてインプットされた!!  笑   そうか、島に住んでるんだ! で、本島に行くにはフェリーに乗らないといけないの???    私、 大昔に本当に大好きだった人がバンクーバーに住んでいるので、 バンクーバーって聞くだけでドキドキ  なんちゃって。 笑   大切なお友達に会えて、楽しい時間過ごせてよかったね! でも4時間以上かかるのではそう気軽にいけないのね。  でもさ、やっぱり実際にあってお喋りできるのって嬉しいよね。   良い時間が過ごせてよかった〜! 旦那様も良いお誕生日迎えられて良かった〜         Gusちゃんも誕生日プレゼントのくちゃくちゃできて良かった〜 (でも豚さんまだ生きてるのね 笑)

    1. tomさん、おはよう〜♪
      わははっ。そうだよ〜。バンクーバー島っていう島の南端がビクトリア。そのビクトリアの南端に住んでるよ。だから海に近いのー。うん、で、バンクーバーのあるメインランドに行くにはフェリーか飛行機(小さなヘリジェットもあるよ)。これがね〜、時間もお金もかかるのよ。年々フェリーの料金があがって。島の住民はバンクーバーに行っても戻ってくるわけなんだし、片道無料にしてくれればいいのに!ってみんな言ってる。言ってみれば、フェリーはハイウェイの延長でしょ?それに乗らないと行けないんだもーん! 「ぼくちんをひとりにしないでー!」って泣き続けるGusと一緒だと、これまた疲れる… ので、そうしょっちゅうはいけないかなぁ。
      tomさんの大好きだった人、今でもバンクーバーに住んでいるの? あははっ、わかるよ〜、ドキドキするの☆
      思い切って友人に会いに行って良かったです。顔を見て話せると嬉しいね♪ バンクーバー、もうちょっと近かったらな〜。
      どうもありがとう!

  3. こんにちは~お久しぶりです。日本に一時帰国していたので、しばらくぶりになってしまいました。
    バンクーバーって名前しか知らなくて、いつもこちらで写真を見せて頂けるのがとても楽しみだったりします。ヘリテージハウス、素敵ですね。建物を見るのが好きなので、見入ってしまいました。
    Gusくんにはとってもお疲れの旅でしたが、久々にお友達ともたくさん話せて良い時間を過ごせましたね♪今日のロンドンは25度の予想。いきなり春から夏になったようなお天気です。来週はまた17度とかに戻るようですが…カナダはまだ寒いですか?

    1. Saoriさん、こんにちわ!日本からお帰りなさーい。
      コメント嬉しいです〜。実は昨夜、ふと、Saoriさんどうされているのかな〜って思ってたんですよ。テレパシー届いたかな(笑)
      バンクーバーは大きな街だから、もっともっと素敵で面白い場所もあるんですけど、Gus連れて行くと動きがとれないー! 友人たちも、昔はグランビル・アイランドという可愛らしくて楽しいエリアの近くに住んでいたので、散歩がてらに立ち寄れたんですけど、今は引っ越しちゃって。大きなコンドやビジネスビルもたくさん建っているし、ビクトリアから行くと圧倒されますよー。
      Separation Anxietyの症状(?)のあるGusにとっては、厳しい旅でした(苦笑)。家に戻ってきてぐったりでしたよー。あはは。
      ロンドンは一気に夏日ですね! こっちはまだ最低気温が10度に満たないです。。。 早くホカホカの春になってほしいです〜。

コメントを残す