バナナココアマフィンとおこりんぼうのミツバチ

忘れる前に、マフィンのレシピとミツバチのこと。写真が多いです〜。

真っ黒になって、ヘタの部分を持ち上げたら「もそっ」と落ちてしまうほど熟して(腐りかけて?)いたバナナが3本もあったので、とっても久しぶりにバナナマフィンを作った。ココアも入れて。これがなかなか美味しかったので、レシピを書き留めておいたよ。

バナナココアマフィン

材料(1C=250cc):

  • 熟したバナナ 3本
  • ヨーグルト 3/4 C
  • 卵 1個
  • 植物油 1/4 C
  • 牛乳(豆乳でも)1/4 C
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • きび砂糖 2/3 C
  • ココアパウダー(無糖)大さじ2
  • 塩 小さじ半
  • ベーキングソーダ 小さじ1 1/4
  • 小麦粉 12/3 C
  1. バナナを崩す。卵を溶いてヨーグルトに加えて混ぜる。それを潰したバナナに加える。
  2. 植物油、牛乳、バニラを混ぜあわせ、1の中に加えてよく混ぜる。
  3. ここに砂糖を加える。
  4. ココアも加えて混ぜる。
  5. 粉もの(塩、ベーキングソーダ、小麦粉)を予め混ぜあわせておく。これを4の中に加え、サクサクと混ぜる。混ぜすぎない。
  6. 190度(375F)のオーブンで16−19分焼く。

バナナマフィンなんて、あまり珍しいものでもないのだけれど、これ、とてもしっとりとしていて美味しかったよ♪ バナナバナナしすぎず、程よくココアが効いていて。

マフィンを焼いている間に、ちょうど使いきってきらしていたカレンデュラオイルのハンドクリームと、いつものミツロウクリームを作ったよ〜。

ちょっとミツロウの量が少なかったからかな、緩めに仕上がってしまった。このカレンデュラのクリームはとってもよく効きます。ぺとぺとするので、いつも夜にテレビを見ながらマッサージをするようにして塗りこむ。相方のかさっかさの足や腕も、これでずいぶんましになりました♪

さて。ミツバチさんたち。お天気が良い日には、まだまだしっかりと働いている。その時おり、季節の花に集まってきてせっせと花粉集め。

ただね、去年も気づいたんだけれど、夏の終わりにかけては何故か、ミツバチたちの中にとても攻撃的なのがいるのです。こんな風に(↓↓)二匹仲良く一つの花に群がっていることもあるんだけれど。。。

一匹がとまっている花にダイブするように飛んできて、そこにいる蜂をぱちーんと弾き飛ばしてしまうような怒りん坊な子もいる。こういう行動って、春〜夏の始めにはほとんど見かけない。そして、そんな怒りん坊なミツバチは、お尻に花粉をいっぱい付けていることが多い。

で、花に頭をつっこんでいる間、ぷいっと黄色いおしりを空に向けている。

ミツバチたちにもテリトリーがあるのかな。こうして働きにきているのはみんな雌、なんだよね?(だったかな?確か…)

庭でミツバチたちの様子を楽しめるのもあとすこし。ごくろうさま。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“バナナココアマフィンとおこりんぼうのミツバチ” への8件の返信

  1. 水分が結構入るから、しっとり&どっしり目かな。
    バナナとカカオ味はベストコンビだねぇ。
    売り物みたいにべっぴんさんに焼けてるよ!
    あえて、牛乳をお伴にいただきたい♪
    乾燥する季節がやってくるね。
    東京は秋の初めも日差しが強いから、乾燥して皮膚が「ちりめん」になるよ。
    長年悩んでいた、手湿疹と唇の荒れ、今年の冬からずっと
    ハンドクリームとリップクリーム、日焼け止めクリームを全部やめたらとっても調子がいいです。
    その代わりに真っ黒~(笑)

    • a-ki_laさん、コメントありがとう〜。
      そうそう、どっしりしそうでしょ?ところが、そうでもなかったのっ。しっとりふわふわで、口の中でもさつかなくてGood(あのモサつくマフィンって喉が詰まりそうで苦手〜)。
      あははっ、そうだね、a-ki_laさんは牛乳と一緒ね♪ 
      わぁ! 手の湿疹も唇の荒れも、クリーム類をやめたら調子が良くなったの?! 良かったね〜!! 日焼けと引き換えに…、とはいえ、荒れたり痒くなったりは本当に辛いもんね。原因がわかったみたいで良かった〜。 この、ミツロウとカレンデュラ油のでも荒れちゃうかな? 赤ちゃんの肌でも大丈夫っていうほど肌に優しくて保湿力があるみたいよ。
      もし、もし、試してみたいなって思ったら、言ってね!小さな容器にいれて送るよ〜。ホント、保湿力はあるよ(日焼け止めにはならないけど)。

  2. こんにちは〜。
    わたしも先日、花粉ボールをつけて一生懸命働いているハチさんを見つけました。秋の香りがしてくると、ハチさんも「急がなきゃ!」って焦って、ちょっと怒りっぽくなるのかなぁ。

    ところで、先日のパンプキンスープ作りましたよ! とても美味しくできたんだけど、疑問が二つ。papricaさんはあっちの赤いかぼちゃで作ったの? わたしがアメリカにいたときは日本で食べてる栗かぼちゃって普通手に入らなくて、ハロウィンのディスプレイ用に売られてたのを買って煮て食べちゃった思い出が(笑。栗かぼちゃ大好きなんです)。で、かぼちゃをね、オーブンで焼いたら水気が飛んで硬くなってしまって、、、日本のかぼちゃはもともとほっくりだから、焼く必要ないのかな??と。
    あと、そちらの計量スプーンって日本のと同じなんですっけ? 同じに作って問題なかったけど、アメリカで計量スプーン使った覚えがなくて、どうなんだろう??って。教えてくださーい。

    • umiさん、こんにちわ〜♪
      そちらのミツバチたちは日本ミツバチかな。見てみたーい。花粉玉を足にぶら下げて、もそもそ働く様子、愛らしいよね♪ 
      なんなんだろう、夏の終わりにぷんぷんしているミツバチの原因。弾きあってるよ。冬を超すために十分な食料を集めなきゃいけないのだから、忙しいよね〜。

      わーい☆ あのスープ、早速試して下さったのね~!嬉しいっ。
      私が使ったのも、一応「Kabocha」って呼ばれている日本のかぼちゃみたいなの。日本のものよりは水分多いのかな。でも、あのオレンジ色の水っぽいのじゃないよ!Kabochaはもっと甘くて美味しいです。かぼちゃをオーブンでローストするの、もう少し詳しく書けば良かったね。ごめんね。私はいつも、4等分にして、切り口を下にしてパイレックスのグラスのベーキングディッシュに並べるよ。で、そこに、少し水をはって(1cmくらい)180度で40分くらいかな。フォークを突き刺して柔らかかったら取り出します。
      日本のだったらお鍋でゆがいてもいいし、蒸かしてもいいかもー。スープにするのだから、水分があってもいいもんね♪ 計量スプーンは日本のと同じだと思うよ。小さじ=5cc 大さじ=15cc だから。カップはこっちのほうが大きいよ〜。正確にいうと1Cが240ccだと思う。私はいつも250だ、って覚えてるけど(笑。いい加減)

  3. あっなるほどー。蒸し焼きみたいな感じね! 多分わたしのは、だいぶ良い頃合いを通り過ぎていた(笑)。でも、ミキサーで撹拌したら問題なかったよ。次は蒸し焼きでやってみまーす。
    計量スプーンは単位一緒なんだ〜。カップだけが違うのね〜。不思議。

    • そうそう、蒸し焼き。あ、あのスープのレシピにブレンダーで撹拌するの書き忘れてたかも。。。 少し火を通したあとで粗熱をとって撹拌するの。するととてもなめらかになるから。その後、ココナッツミルクなりクリームなりをくわえてトロトロさを調節するよ。
      そう、カップだけが違うからややこしいよね!

  4. paprica さんは蜜蜂をよく観察してるねー。羨ましいくらい蜜蜂に近い暮らし。
    体験からこの時期は喧嘩始めるとか気がつけるって、素敵だー。
    私も蜜蜂来る庭欲しいい。
    大人しい日本ミツバチも攻撃的になる時期があって、蜜集めが出来なくなる冬はイライラするので刺されることがあるって聞く。
    西洋蜜蜂はひっきりなしに蜜を集める習性だから、花の蜜が減り始める季節に入ると早くからストレス感じ始めるのだろうね。

    バナナケーキも黒いまで待つとしっとり加減全く違うものね。
    このマフィン美味しそう♩

    • africaさん、こんばんわ〜♪
      そうだよね、こんな風に春から秋にかけてミツバチたちの様子を眺めることができるのって、恵まれているよね。
      そうなの? 日本ミツバチも攻撃的になることがあるの? しかもその理由が蜜集めができなくなるからなのー?? かわいいっ。蜜集めをして働いているときはハッピーなんだね♪ 
      蜜を十分に集められる環境(時期もだけど)ではミツバチたちのストレスレベルも低い、なーんて聞いたら、また来年もミツバチの好きな花を頑張って育てよう!って思う〜☆ africaさんのバルコニー(?)にもミツバチやってくるんじゃない?お野菜の受粉してくれているみたいだし。お花植えよう〜!

      バナナ、すぐに腐らせちゃうのよ〜。また黒くなってきた… あははっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*