バックポーチとサイドゲートのお直しと、クレイジービッ◯

覚書きに。

古くて朽ちていたバックポーチ(裏口を出たところのちょっとしたスペースと階段)を修繕し、ついでに家の東側にきちんとしたゲートを作ってもらった。はい、自分たちでやったのではありませーん。できませーん。相方の友人の大工さんに頼みましたー♪

左が作業前。右が制作途中。

new_porch_gate1

どうせ作るなら、長持ちする材木をと「Cedar(ヒマラヤスギ)」を選んだので、材料費だけで結構かかってしまった。。。でも、いい香り。

new_porch_gate2

今までここにあったのは、私たちが引っ越してくる前の人たちが作ったもので、本当に作りも材料もチープだった。今回はしっかりと土台部分にもセメントの足をつけてもらったよー。

そして♡ 何よりのアップグレードは、この東側の「つぅ〜つぅ〜」だったスペースに2mちょっとの高さのゲートを設置! ここは家の前の通りにも筒抜けなので、鹿がのそのそと入ってこれたのね。鹿の被害を避けるために、2mの高さまで「ディアーネット」を張り渡していた。ネットの片一方を固定して、もう片方はフックに掛けるようにして。でも、出入りがとても不便だったし、Gusがネットの下をくぐり抜けて通りに脱走したりということもあり、ずっとなんとかしたいと思っていたのでした。

new_porch_gate3

どうだ。鹿よ。これでもうココからは侵入できないのだ。

うふふっ。

new_porch_gate6

これで一安心。

new_porch_gate5

。。。ところがところが。

うちの東側のお隣さん。シングルマザーでクレイジーなビッ◯(失礼)。

実は、この作業をしている途中、夕方作業が終わった時にフェンスの一部(ゲートの外側に当たる50cmほど)を取り外したんだけど、それを見て「ちょっと、あんたたち一体何してるわけ?フェンスがなかったらうちのワンちゃんたち(←二匹のギャーギャーうるさい犬)が逃げちゃうじゃないのっ(家に入れとけよ)!」と。。。電話をかけてきた。一言目からブチ切れの剣幕で。電話をとった相方が「そんな風にいきなり暴言をたたかれたら話にならない。話すならきちんと話そうよ。」と落ち着いて提案したんだけど、それがまた気に障ったらしく。。。10分ほどあーだこーだと聞かされ、結局相方がぷちんと電話を切ったのでした。

あー。く◯ハラタツ。この人、ほんと、食いついてくると離れないから厄介なのです。今朝も。

「ちょっと言わせてもらうけど、あなた達のフェンス、私たちのと違う種類だから嫌よっ!同じデザインに統一してくれないと困るじゃないのっ!」

と、別の近所の人を自分の味方につけるべく呼び込んで、相方にふっかけてきたらしい。相方も朝からずいぶん気分を悪くして、私が電話で「で、一体あの女は何がしたいわけ??」って聞いても「今は話せない。。。もう疲れて話したくない。あとで。。。」とぐったり。

むらむらと腹が立つ。。。この人と私達の間にあるフェンス。できればこのシーズンか来年には新調したいの。大きな理由は「あの人の顔を見たくないし、黄色いオタケビをあげるキッズもクレイジードッグも見たくない」ということ。同じく2mのフェンスをどっかんと作りたい。それをするには、彼女と話さないといけないし、フェンスにのしかかっている大木の処理をそれぞれしなきゃいけないし。。。あぁ。。。気が重い。「私達もプライバシーが欲しいからフェンスは新しくしたいのよ」って、前に言ってたけど、彼女の「デザインと同じ」ものでないとまたキレるだろう。デザインってさ、ったく、市販のパネルに上に格子が付いてるのなんだよー。

あぁ。。。ごめんなさい。愚痴ってしまった。

でも。すっきりー!

flower_porch

春のハーブ。ばっさりばっさり。カモミールとローズマリーは乾燥させてお風呂に入れるよ〜♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“バックポーチとサイドゲートのお直しと、クレイジービッ◯” への14件の返信

  1. こんにちは!折角本格的に改修してスッキリしたところに理不尽なクレームとは・・・国は違えどこういうクレイジーBはどこにでもいるんだね。お二人の気分の悪さがよく分かります。そういうエピソードをハーブで明るく締めるところが貴女らしいのかな。がんばって!

    • ヤングさん、こんにちわ~。
      そうなんです、新しく作ってもらってとってもいい気分だったんですよ。話のしょっぱなから闘争心むき出しでかみついてこられると、ホント、話にならないんですよね。。。私が電話に出なくて良かったです(笑)。 きちんと落ち着いて話してくれれば、私たちだって理由を説明して歩み寄れるのに、と思いますが。彼女は言うこともすることもちょっと常識はずれなんです。高いフェンスを作ってしまって、できればもう関わりたくないですー。ご近所さんは選べないですもんねー。

  2. 素敵ステキ!ドアも素敵、ヒマラヤスギの香り気持ち良さそうー裏口にはもったいないくらいね。
    昨晩、鹿が高飛びの練習してる夢見たよー(ウソ ごめんね。)
    お隣の人、どこにもキチガイみたいな人っているのね、凹まずにがんばってね。

    ↓桃色ちゃんかわいい☆ うちのキャリエールさんもはじめましてのお花咲きました♪ 花びらのちりっと加減が好き。

    • poteriさん、どうもありがとう~♪
      スギ、何だと思うけど、香りはね、日本の手作りの「桶」なんかと同じように思う~。あれってヒノキですよね。違うかな。
      安い材木でも良かったんだけど、そうするとまた何年後かに作りなおさなきゃいけないし(こちらは冬場の雨が多いから傷みが早いの)。
      げっ。高飛びする鹿! 夢でもやめてくださーい!! あ。でもこのゲートの下の隙間からウサギは侵入できるだろうな。。。
      お隣さんねー。嫌だよぅ。まったく理不尽でヒステリック。あー。頑張るね♪

      わー、キャリエールさん咲いたんだ!いい香りでしょ? 花びらが緩やかで自由な感じが大好き!そのまま飛んでいきそうな気がしない??

  3. ああ~~!!
    ひどいひどい!!<ビッ●隣人

    どこにでもいるんですね、そーゆー頭がおかしいご近所さん。。。
    せっかくすてきなポーチやら塀やらにケチつけられて大変でしたね。
    相方さんは穏やかだからアレだけど、もしもpapricaさんの旦那が
    コワモテ系だったら。
    血を見るんじゃないでしょうか?<一触即発

    隣じゃ無視もできないし、交渉もしなくちゃならない。
    それって、ストレスです。
    かくいう我が家の後方も頭がおかしい住民で、上から我が家の裏庭に
    タバコの吸い殻などを捨てたり、ワンワンうるさい風力発電機を取りつけ
    たり、その他もろもろ悪の限りを尽くしていますが、話し合いになりません。
    心中、お察ししますよ。

    ↓下のコンスタンス、きれいね~♪
    我が家のは今年は肥料が効いたか、たくさん花をつけました。
    薔薇の根元の土、腐葉土や馬糞などをせっせとあげるといいかもです。
    冬はワラなどでマルチングしてね。
    2年目でこれなら、3年目はもっときれいにたくさん咲いてくれるでしょう♪

    • 真木さん、こんにちわ~。
      いるんですよね。。。どこにでも。ホント、「何をそんなにいきりたって怒ってるの?」って、ハテナが飛びますよー。以前に、まだ下の子が赤ちゃんだった頃、私たちがうちの敷地内にある大木を切ろうと思っているって持ちだしたところ、彼女:ちょっとやめてよねっ!私たちはその木があるからこの家を買ったのよ!それに、今私はまだこの子にお乳をあげてるでしょ、そのときにTシャツ着ないで授乳するんだからプライバシーが必要なのよっ!! 
      『人んちにある木が理由で家を買うバカがどこにいるんだよ。授乳するときぐらいカーテンしめろよーっ!』 って思うでしょ?? 彼女の持ち出す理由は異次元のものなの~。 うちの相方は決して「穏やか」な性格ではないんですよ(イタリアンの熱い血が流れてるし…) でも、彼女には慣れているんです。ヒステリックな声を聞くと、妙に落ち着くタイプ。私は巻き込まれてしまうタイプです。。。

      真木さんの後方住民もひどーい! することが「汚い」のって嫌ですよねっ。堂々と勝負しろよっ!って食いついちゃう。。。私。
      話し合いの出来無い大人、結構多いのかもしれませんね。困ったものです。

      コンスタンスちゃん、咲いてくれて嬉しかった~。今年は蕾があまりたくさんないし、コレは一季咲き(ですよね?)だから、もうそろそろオシマイです。
      そっかー、腐葉土、馬糞、冬場はマルチ!なのですねっ。頑張りますね~。 来年も楽しみです! 真木さんちのバラ、見せてくださーい。

  4. 頑丈そうなゲートと素敵な階段ができましたね~(^^)/
    変な隣人さんがいるとイヤですよね~
    うちは いいお隣さんと ちょっとやっかいなお隣さんがいましたが
    やっかいな方は高齢化されたので 静まりました(笑)

    ↓の桃色のバラも 可愛い色でいいですね。

    • nonさん、コメントありがとうございます~。
      ゲートはずっと作りたいと思っていたので、できあがって嬉しいです!今まではここから鹿が入ってくることが何度もあったので。
      お隣さんは選べませんもんね。引っ越してみて初めて知った彼女の素顔。。。でしょうか。ま、しょっちゅう顔を合わせるわけではないし、次は彼女の庭との境にフェンスを立ててスッキリさせたいなーって思いまーす。

      バラって、咲いたときの感動が違いますね〜♪ また来年が楽しみです!

  5. こんにちは^^
    きれいにバックポーチとサイドゲート出来上がりましたね!
    なるほど、材質にこだわると長持ちするし、結果的にはコスパが良いことになりますね。
    これから先、家の中、外、手を入れないといけない部分が結構あるので、覚えておきます。
    それにしてもお隣さん、、、怖すぎます。
    我が家も隣にキ〇ガイおやじが住んでいて、ここへ越して10年以上になりますが、毎年毎年、大小様々な嫌がらせをされています。
    英国人じゃなくて中東出身者なので、単純に文化の違い、考え方の違い、なのかもしれない、と自分を納得させて怒りを鎮めますが、同じ国出身者の人が同じ通りに何人もいて彼らはとてもいい人たちなので、やっぱりおやじ自身の問題だ、、、と最後は思ってしまいます。
    ホント、これが一件挟んでの隣とかならいいのに、って思いませんか?偶然隣になったばかりにウンザリするような目にばかり遭うって、凹みますよね。
    フェンスの問題、先日私の友人も隣人とやりあった、と言ってました。隣が文句を言えないように、作業前、作業中、作業後の写真を撮りまくって証拠を残した、と言ってましたよ。papricaさんも、作業をはじめられる前と後は必ず証拠写真を撮っておいた方がいいかもしれません、、、ホントはこんなことしなくてもお隣同士仲良く暮らせるといいんですけどね。

    薔薇、綺麗に咲きましたね。見るとホッとします。良い週末をお過ごしください^^

    • Saoriさん、こんばんわ!
      バック・ポーチもぼろぼろになっていたし、ゲートはずっと欲しかったので嬉しいですー。
      こちらは冬場の雨が多いし、材木が安いものだとすぐに傷んじゃうみたいです。とっても頑丈なゲートなので、これでここから鹿が進入することはまずないでしょう〜!
      どこにでもお隣さんとのエピソードってあるんですね。。。Saoriさんのお隣さんは中東のひとなのですね。毎年嫌がらせがあるなんて。。。ネタが尽きるということはないのでしょうか。うちの実家の隣にも一組、とっても変な夫婦がいるんですよー。ふっとその人達の方の窓を見ると、カーテンの間からこちらを見つめていた。。。ということもあって、君が悪いのなんのって。まぁ、うちの隣のバレリーさんは、かなりズレた発言もするし、常識があまり通らないんだけど、悪質ではないから。。。良いほうかな。相方も今回のあの電話の後に「もう、ここから引っ越しする!!」って騒いでいましたが。。。 嫌な隣人に会うたびに引っ越していたんじゃ、どこにも住めないよーとも思いますよね。

      そっかぁ、Before&Afterの証拠写真、Good Idea!! 次のステップはフェンスなので、写真、これでもかっていうほど撮っておきますねー。アドバイスありがとうございます!
      Saoriさんのお野菜たち、どうですか? ビクトリアは今年は暑い夏になるって聞きますが。。。ここ最近ずっと寒いんですよー。お日さまが恋しい〜。

  6. わ= お隣の人と問題があるときついよね〜 せっかくの我が家が乱されるよね! うちも最初の頃土地の問題でやはり新しく越してきたお隣(と言っても間にガーデンがあるので離れているけれど)と緊張感が2年以上続いて(勝手にあちらが勘違いしてたんだけれど。おまけにもとポリスでプライドの高い人だから、土地の問題っていうより自分が間違ったことしたってことが認められなくって) やっと最近解決して助かった〜。 幸いうちは遠いから顔をしょっちゅう合わせることもなかったし、向こうも悪い人じゃないからちゃんと会えば挨拶してたけれど、そんなヒステリー女だと辛いよね! 5mの鉄壁でも作って音も聞こえないようにしたいね!   素敵な階段とゲート! これでひとまず鹿は大丈夫だね! 

    • tomさん、こんばんわ〜♪
      tomさんちは、お隣といってもかなり離れてるよねー。土地問題であれこれとなると厄介よね。。。 でも、解決したみたいで良かったね! 根が悪いひとじゃないのなら、問題がすっきりしたとなれば良いお付き合いもできそうねー。
      うちのこのお隣さんは私と同じ年なんだけど。。。ちょっと変なんだよぅ。考え方とか。放つオーラとかがね。自分の求めるものはどんな手段をとってでも手に入れるわ! っていうような人。こわーい。
      うん、次は、この人との庭との境にフェンスを作るの。フェンス沿いに木もあるし、また厄介になりそう〜。 でもフェンスのことであれこれケチをつけらえるのはもう嫌なので、それは向こうにまかせることにしたよ。デザインも材質もお好きな様にって。今シーズンに終わるのかなー。とほほ。。。

  7. ポーチの小改修まで二人がしたのかと思ってびっくりしたよ。
    大工さんの仕事なんだね。
    1階の床、結構上がってるんだね。
    あ、勝手口ドアの右下に灯り採りの窓もあるよ。
    2段目の右側の写真にチラッと写ってる。もしかして地下もあるんだっけ?!
    戸建ての家ってメンテナンスが大変だよねぇ。
    ウチもワタシひとりになったらやりきれないな。
    小さな庭だってね、花が咲くのは嬉しいけど雑草取りが嫌だから
    セメント流したいぐらいに思ってるもん。
    あ、↓桃色ちゃん、キレイだね。千重咲きでとってもゴージャス!

    分かりあえない隣人…は仕方ないとして、せめてどこかで折り合うために
    もう少し礼儀正しくしてくれないとね。
    兵庫でもつい最近、集合住宅の騒音で殺人事件があったよ。
    ハーブのお風呂で少しは気分よくなったかな。

    • a-ki_laさん、コメントありがとう〜♪
      いえいえ。。。こういう作業はできません、わたしたち。友達の大工さんの息子さんとその友達の作品♪ こういう大工仕事をささっとできちゃう人ってさ、セクシーだと思わない? ほんと、わたし、自分にできないことをやってのけちゃう人をみると「セクシー」って思っちゃう。文章をスラスラ書けたり、音楽ができたり、ダンスができたり、お料理をささっとこしらえたりねー。 。。。と、話がずれたけど。
      うん、ベースメントがあるよ。ベースメントに窓を作ろうとすると、必然的に一階の床が高くなるんよね。
      そうそう〜、家ってさ、生きもの。常に何かが壊れていくので、毎年どこかを修繕している感じ。庭だって、放っておいたらものすごいことになって家を飲み込んじゃいそうだしね。私も一人で暮らすなら、もっともっと小さくてシンプルな家がいいー。あ、でもお庭は少し欲しいかな。少しだけ。
      桃色ちゃん、咲いてくれて嬉しかった〜。今最後のツボミが開いたから、もうそれでおしまい。香りがとても良かったよ。a-ki_laさんのトーマスさんはもう咲いてる?? 素敵よねぇ〜。トーマス。いいなぁ。

      うん。。。隣人問題も付きませぬ。この人はヒステリックなバレリー(私たちは、Vと呼んでいます)。Vの隣に住んでいるのがスリランカ人のA。この人もちょーっと変なの。そして反対側のF(ファーファ。以前に木の問題でここでも愚痴った)もビッチ。折り合うなんてこと、できないよー!話ができなんだもんっ。 でもでも、殺されたりしたら嫌なので、なるべくさら〜っと流して付き合っていくよ〜。
      ハーブはまだ乾燥中でーす♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*