ノルマンディ風のチキン

相方は鶏肉なら「ダーク・赤身」が好きなので、鶏のもも肉をよく買ってくる。それを適当にニンニク、オレガノ、レモンで味付けして、オーブンでローストするのがいつものパターン。

今日はちょっと違った味を試したくて、「Chicken Normandy・ノルマンディ風のチキン」というのにチャレンジ♪

ノルマンディっていうと、フランスの北西部。リンゴのサイダーで有名なところなんだって。そういえば、とてもフレンドリーなフランス語の先生がノルマンディ出身なんだけど、彼女の作るアップルタルトは「最高☆」。リンゴを使ったおいしいお料理が多いのかな。

今日試したレシピは、私のお気に入りの「Simply Recipe」のもの。ここのレシピはその名の通り、シンプルでわかりやすいから好き。

ノルマンディ風のチキン

材料:
1カップ=250cc

  • バター 大さじ4
  • リンゴ 2(芯を抜いてウェッジに切る。ウェッジって...日本語で何だ?)
  • 小麦粉 適当
  • 鶏もも肉 4本(モモとドラムスティックのくっついたの)
  • タマネギ 1個 スライスする
  • ブランデー 1/2カップ
  • リンゴ酢 2カップ
  • タイム(ドライ)小さじ1
  • クリーム 1/2 カップ

オーブンを190度に温めておく。

鶏もも肉はモモの部分とふくらはぎ(?)の部分がくっついているものを使うらしい。私は食べやすいようにあらかじめ切っておいた。もも肉も3本分で作った。なので、上の分量を少し減らしました。

ノルマンディ風チキン

リンゴは料理に適しているもの、とのことだったので Gala Apple を使った。リンゴの中にはくしゃっと柔らかいものがあるけれど、そういうのはお料理にはむいてないそうです。ぽりっと歯ざわりの良いものを選ぼう。りんごの皮はむかなくてもよかったのに、間違ってむいちゃった。おっと。

それをくし形(?)に切って、ほんのり色づくまでバター(大さじ2)で炒める。うほー、これだけで食べてもおいしいね。

ノルマンディ風チキン

そのあと、リンゴを外に出す。鶏肉には軽く小麦粉をまぶしておいて、リンゴを炒めた同じフライパンに、残りの大さじ2のバターを入れてキツネ色になるまで中火で両面を焼く。約3−5分。これもフライパンから取り出す。

その中にスライスした玉ねぎを入れて炒める。鶏肉のおこげが、玉ねぎの水分で自然にはがれ落ちてきます。

ノルマンディ風チキン

焦げ付かないようにかき混ぜながら、色づくまで。約5−8分、炒める。

その中に、ブランデーを注ぐ♪ ブランデーはりんごのブランデー「カルバドス」がベストだそうですが… 高い。私は家に少し残っていた…なんだっけ、ジャックダニエルに、足りない分は白ワインを入れた…

くつくつと水分を飛ばして、ブランデーが約半量になるまで煮詰める。

ノルマンディ風チキン

その中に、リンゴ酢をいれまーす。つーんとお酢のにおい!

再度煮詰まるまで待って、タイムと塩を加える。その中に、皮を上にして鶏肉を並べる。この時に、鶏肉がお汁に浸りきってしまわないように気をつけよう。

ノルマンディ風チキン

こんな感じ(↑)。これをこのままオーブンにいれて30分。あ、なので、フライパンは、取っ手がプラスチックではないものを。

30分後、フライパンをオーブンから出したら、また(!!)鶏肉を外に取り出しておく… で、フライパンを強火にかけつつ、リンゴをその中にもどす。ソースが「半分」の量になるまで煮詰める。(こうすることで味がどんどん深く濃くなっていくのでしょう)

ソースがシロップのようにとろーりとしてきたところに、クリームを混ぜいれて、火を弱める。塩コショウで味を整えて、出来上がりだー!

ぜーぜーはーはー。。。

なんなんや。シンプルレシピーじゃないやんかー!

はい。この煮詰まったリンゴと玉ねぎをお皿にひいて。その上に鶏肉をぼーん。そしてシロップをかける。

ノルマンディ風チキン

どうだ。

ふむ。お手本のサイトの写真では、もっとぱりっとさくっとした感じ(ココ)なんだけど。ま、いいか。

感想:リンゴ酢がきいてるぅ〜!いつもとは全く違った鶏肉料理だったので、新鮮♪ りんごの甘みとオスの酸っぱさと、肉汁。これがノルマンディか。とよくわからずにも感心。次回は、白ワインでけちらずに、ちゃんとブランデーを使おうと思った。ブランデーの糖分と深い味が大切な要素だと思う。平日に作るのには面倒くさすぎ。

ごちそうさま〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックお願いしまーす。いつもどうもありがとう♪

“ノルマンディ風のチキン” への8件の返信

  1. お久しぶりです!
    ノルマンディ風チキン・・・美味しそうっ!お腹グーグー空いてきました。
    手間も時間もかかってるぶん、お味は深く濃厚なんだろうなぁ。

    私も、papricaさんが普段よく作ってるっていう、ニンニク&オリガノいっぱい&レモンに白ワイン加え、ケッパーの実をたくさん入れてフライパンで焼き上げるレシピでよく作ります。
    ささっとできるのがやっぱり魅力よね。

    ノルマンディー風・・・誰か作ってくれないかなー。
    相方さんは幸せね~

    • agiubigiuさーん、こんばんは!
      試したことのない素材の組み合わせって、作っている途中もドキドキするねー。一体、どんなふうに仕上がるんだろうって。
      食べるのももちろん大好きだけど、途中過程で材料が焼けていくのを見たり、初めての匂いをかいだりするのが楽しかったりします。

      でもね、普段はやっぱり、どうしてもさささっとできるものに落ち着いてしまうねー。
      agiubigiuさんなら、ぷーんと飛行機でノルマンディに飛んでって、本場のノルマンディ風チキンを食べてきて〜。
      いいなー、ヨーロッパはちょっと飛んだら別の国だもんなぁ。

  2. こんにちは。
    本当にりんごたっぷりですね。
    手順もわかりやすく書いてくださってるので、
    私もマクロビver.で作ってみたいと思います。

    <これがノルマンディか。とよくわからずにも感心。>
    って、とても共感。
    私も自分の中にない物を目の当たりにすると
    「そうか、○○ならではの味だな」
    と妙に納得する事が多々あります(笑)

    • あれ、お返事書いたのに間違えてキャンセルしちゃったみたい。ごめんなさい。
      マクロビってよく調べたことないけれど、お肉は食べてもいいんだっけ?体に良さそうだから興味はあるのです。仕事の合間に検索してみよー。
      いひひ、あるね〜、「〇〇風ってこんな感じなのだ」って自分なりに納得して満足してるの。でもやっぱり、本場に行って味わってみたいですヨネ。

    • わぁ〜♥ keitonシェフさんに褒めてもらって、のぼせてます。どうもありがとうございます。
      りんご酢の酸味… ちょっとききすぎたカモ。部屋中「お酢ぅっ!」の匂いがぷんぷんしてました。あはは。

  3. 美味しそうだね。
    まずこの鶏ももの美しさに惚れ惚れ。
    リンゴと酢の作用でふっくらジューシーなんだろうね。
    もういっぺん言っとこ。あー美味しそ!

    酢は熱すると匂いが強まるのが残念だよね…

    • ありがとう♪
      うちはふたりだけだし、毎日お肉を食べるわけでもないので、食べるときはブッチャーでオーガニックの地鶏を買うんだー。味がぜんぜん違うヨ。綺麗だし。

      お酢のにおい、確かにつーーーんときた!私はちょうど女性日だったので… お酢に満足♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*