サーモンフィッシングに初便乗 on Canada Day!

7月だぁ~!サーモンフィッシングの季節がやってきた!

相方はこの時期になると、ボートを持っている友だちのガイさんにサーモンフィッシングに連れて行ってもらう。シーズン中に3~5回かな。二人がサーモンフィッシングに出かける入江は「Port Renfrew・ポートレンフルー」というトコロで、ビクトリアから車で2時間ちょっと。そこから船を出して、さらに1時間少し沖に出た辺りで獲物を狙うそうです。

一昨日の日曜日に船をポートレンフルーまで運び下見をしてきたガイさんが、昨日のカナダ・デーの祝日、朝早くに「今日、行かないかい?昨日はものすごくいい天気で最高だったから行こうよ!」と電話を入れてくれた。いつもなら相方だけで行くんだけど、ものすごくいい天気で30度近くまで上がるらしいし、私も一度見てみたかったサーモンフィッシングに便乗することに~♪ Gusも~♪

先に言ってしまおう。

私の初・サーモンフィッシングは「過酷」だった。…と言うと大げさかもしれないけど、決してらっらら~ん♪ってものではなかったのでした。(以下、写真多いです〜)

ポートレンフルーの船着場(?入江)のオフィス。

ポートレンフルー

釣りに行くときは、ココで登録するみたい。そして、帰ってきたときにも何匹釣ったかというのを報告する。サーモンフィッシングの出発地点でもあり、RV(Recreational Vehicle・モーターホーム、キャンピングカー)パークでもある。釣りのシーズンに、RVでここまでやって来て寝泊まりし、シーズンいっぱい釣りまくる真の釣り人たちが集まるらしいよ。男どもは釣りに行き、女たちはRVに残ってうだうだとする、みたいな。

いざ、出陣!

ポートレンフルー

こうしてみると、いいお天気っぽいんだけどね。角度を変えてみると、ほら。

ビクトリアは、めちゃくちゃいいお天気で「夏日」だったのに、ポートレンフルーの30km手前あたりから「霧」が…それも、冷たい冷たい霧が、どっしりと海の上に。前日の晴天で島の上空にある高気圧が、この深くて冷たい霧を引き寄せていたらしい。

ポートレンフルー

Gusも乗り込んで、しゅっぱーつ!

ほら、向こう側にRV、手前でおじさんがサーモンをさばいてるでしょ。釣りが大好きな人達が集まるところ。ガイさんも、毎年ここにくるので、顔見知りの常連さんたちと挨拶を交わしていた。

ポートレンフルー

入江の中は穏やかで、このまま霧が晴れてくれれば…と願っておりました。

ポートレンフルー

相方が、「晴れていると、ここの海岸沿いがものすごくきれいなんだ!…今日は見えないけどさ…」と、霧で覆われた向こう側を必死に指さしていました。

ポートレンフルー

カナダの西海岸の典型的な風景。コーストラインの地形を見て、「Pacific West Coastだなぁ」ってわかります。それくらい独特な風景。

ポートレンフルー

驚くほどたくさんのハクトウワシが飛び交っていた。写真でとっても、周りに比べるものがないと大きさがわからないけれど、圧倒される貫禄があったよ。

だっだっだーーーん。入江をでるーーー。霧の中へーーー。こーわーいー。

ポートレンフルー

晴れている日でも、船の上は風が冷たい。なので、重ね着をして軽いスカーフも撒いてウインドブレーカーも着ていた。でも、この冷たい霧は計算に入れてなかったのでした…(だって、ビクトリア30度で快晴だったんやもーん)

ポートレンフルー

写真で見ているぶんには、幻想的な霧の世界。海岸線とは反対側は、オープンウォーター。つまりぐわっと開いた太平洋。

ポートレンフルー

パシフィックノースウェストの海で船を出すスキルがあれば、どこの海でも通用する、って言われるくらい、ここの海は厳しいんだって。読めないらしいよ。こうして全然予測もつかない霧が立ち込めていたり、いきなり風が吹き出して大揺れになったり。そういう変化に対応できるスキルがないと、ココでは一人で船を出すことはできないそうです。

ポートレンフルー

ちらちらと見える「白波・White cap」。穏やかそうに見えるけど、船の向きによっては、かなりぐらぐらと揺れていた。霧の中に見える別の船を見つけて、ガイと相方は「釣れてるのかな? よし、聞きに行こう!」とテンション高し。私はこの辺りですでに歯が「がちがち」していた。

サーモンを釣るロッドの設定はこんな風(↓)。

ポートレンフルー

黒いボックスみたいなのは、鉛の重りを上げたり下げたりするもの。これで、沈めたい位置に餌を沈めるんだって。

サーモンフィッシングの餌はアンチョビ。アンチョビを針に付けているガイを、真剣に観察するGus(↓)。

ポートレンフルー

20分ほどして、竿がびよーんとひっぱられ、一匹釣れた〜♪

ポートレンフルー

でも、小さかったので海に返したヨ。これはCohoっていう種類だって。

この後、ひとつ大きな「あたり」があったんだけど、見事に餌を食いちぎって逃げられてしまった。男どもは大変悔しそうでした。で、こういう瞬間でどっとアドレナリンが溢れ出すんだよね。「もう少し先まで行って、一匹捕まえようぜ!」っていうノリだったんだけど、私はもう、ヘロヘロ。寒いのと、横揺れで吐きそうだったので、この辺りでギブアップ。約3時間海の上で揺られた後、引き返しました〜。

ポートレンフルー

船から降りて、どどっと疲れが出た。コケないように、ぎゅっと握り締めていた右手の親指に「マメ」までできましたー。寒さの中、ガイが常備している大きなジャケットを貸してくれたんだけど、それを着ている私を見て「浮浪者みたいだよ」と一言。ま、そうだろうな。髪の毛はぼっさぼさ、唇はパープル、鼻は真っ赤っか、目は涙目、歯はガチガチ。だったもんね。

私たちは収穫ゼロだったけど、しっかり大きなサーモンを釣って得意気なおじさんたちもいたよー。

ポートレンフルー

重さを測っていたところ(↑)。約13kg。立派だ。

オフィスの窓に貼ってあった「良い女、望む」のポスター(↓)

ポートレンフルー

「掃除ができて、料理上手、裁縫ができて、虫を掘り起こすことできて、サカナをさばけること。ボートとモーターを持っているべし。ボートとモーターの写真を送ってください。」

まじかよ。

かなり過酷だったサーモンフィッシングの便乗アドベンチャーに付き合ったGus。それなりに疲れたみたいで(途中、ちょっと震えてたし)、帰ってから5時間ほど、びくともせずに眠りこけていた。

ポートレンフルー

疲れたけど楽しかったね〜。でも、次は、晴れて穏やかな日に行きたい。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“サーモンフィッシングに初便乗 on Canada Day!” への8件の返信

  1. わ~楽しそう!って思ったんですが、読んでるうちに、こりゃ大変過酷過ぎる、私には絶対無理、、、とトーンダウン(笑)
    大体、私は船酔いしやすいので、沖釣りは無理なのです、、、
    岸壁で釣りする分にはいいんですけどね^^
    サーモン、こんな大きいのが釣れるんですね。
    これはアドレナリンが放出されるのもわかるってもんです!
    次回はぜひ穏やかなときに行かれるといいですね。
    料理、掃除、、、まではいいですが、ボートも持っててなんていろいろ条件が厳しいですね~これが全部あてはまる方いらっしゃるのかしら?

    あ、カナダディ、こちらでも報道されていて新聞記事で読みました!
    元・カナダ中央銀行総裁がこの日に英国中央銀行総裁に就任したんですよ。Mr.Carney、とても注目されてます^^

    • Saoriさん、こんばんわー。
      うん… 船酔いしちゃう人には、あの揺れは… 船の揺れって、前後に揺れている分には大丈夫なんだけど、あれが横に(左右に)こっくりと揺れだすとダメ。
      男どもは、あの揺れてる船の上でサンドイッチ食べてたけど、それを見ているだけで気分悪くなりました。
      そうなのね〜、あの「ぶぶんっ」って竿が深くしなる瞬間って、フラフラだった私も、一瞬アドレナリンがちょびっと吹き出た(?)気がした!
      前日は快晴で、ぴたーっと波もない穏やかな日だったのに。本当に行ってみないとわからないのが、Pacific West Coastです。

      RVでうだうだしている女性軍のなかには、この条件に当てはまるたくましい方が数名いらっしゃると思うよ!
      あ、そうそう〜、Mr.Carney!すごいよね〜。こちらでも大きく取り上げられていました!カナダ人でニュースになる人ってあまりいないので、ちょっと嬉しくなりました♪

  2. papricaさん、
    初めてコメントさせていただきます。
    ノルウェーのAyakoです。

    サーモンフィッシングお疲れ様でした。
    最初、タイトルを見て「楽しそう~♪」って思いましたが、
    ブログを読んでいると確かに・・過酷ですね。。
    男性陣のアドレナリンの上昇はわかる気もしますが、
    冷たい霧・船の揺れ、、これはさすがにキツイですね。。
    写真のGusちゃんも疲れているように見えます。。(^^;

    でも、13kgの大物を釣ったおっちゃん、やりますね!
    あんなの見たらアドレナリンが上がりそうです(^^)

    次行くときは是非暖かい日に!
    大きいサーモンが釣れますように★

    • Ayakoさん、初めまして!
      コメントありがとうございます。来てくださって嬉しいです〜。
      そうなのです。このサーモンフィッシングデビューは「楽しくなる」ハズだったんだけどなー。
      海の天気っていってみないとわからないものです。この霧は、日本でいう「やませ」みたいなもので、ものすごく冷たいんですよ。
      気温が4〜5度ほどぐぐっとさがったりします。船の揺れも、私は少しぐらいなら大丈夫なんだけど、横にぐらぐらと揺れるとキツイですね…
      Gusも四足で踏ん張って、かなり疲れたみたいです。夕方の散歩も行きたがらなかったしー。よっぽど疲れたんでしょうね。
      釣りはやっぱり、男の娯楽かなーって思ったりしました。おっちゃん、すっごい自慢してましたよ。あはは。
      次はレジャーで、ゆらゆらと船に乗りたいです。
      Ayakoさんのノルウェーでの生活の様子、楽しみにしています!

  3. こんばんはぁ~^^
    えぇー日帰りだったんですかー
    帰りの車も大変だったでしょうね><。
    太平洋なんですね!!こっちまで来て下さいよ~(笑
    サーモンフィッシングしながら!!

    収穫なしですかぁ、残念でしたけど
    コレに懲りずに、次回またトライシテ下さい!
    でも、3時間も船に揺られるなんて…私は想像出来ませんぜ><。

    • フォレさん、おはよー。
      もちろん日帰りよっ!あんなところで夜を過ごしたくないー!!
      車にのってほっとした私とGus。そのまま爆睡しそうでした。冷えると疲れるねー。
      そ、太平洋。一度、こういう所でオープンウォーターカヤックをしたことがあるけど、それもかなり過酷だったっけ。

      船に乗っていると時間が過ぎるのを忘れてしまうよ。時間が別の速度で流れるみたいに。気づいたら3〜4時間って感じ。
      浦島太郎の気分でした。
      次はレジャーで乗船したいよ〜。快晴で揺れのない日に限る!!

  4. いいな、いいなってこの記事を見てすぐコメントを書きかけたけど
    急に出かけないといけなくなって、そのままでした。
    海は波が激しいいときはつらいですよね。ぼくは鰹船に乗せてもらって死ぬ思いをしたことがあります。
    トロール船に乗せてもらったときもつらかったけど、釣れた魚をその場で料理してもらったら、お石井を通り越して激うま。吐いてすぐなのにおかわりしてわらわれました。
    釣りは釣れても釣れなくても楽しいと言うけど、やっぱり釣りたいですね。
    こんどサーモンを釣ったら、スモークしてとっておいてください?
    スモークサーモン、冷凍して保存できるのかな?

    • asoboさん、忙しい中コメントをどうもありがとう。
      鰹船?!それって、どこでー? 貴重な体験だー。
      あはは〜。どれだけ辛い思いをしても、釣りたてのお魚は別腹(っていうのかな?)なんだね〜。
      私も船酔いなんて久しぶりで、となりでサンドイッチを頬張っている男どもを見ているだけでも気分が悪かったよ。
      でも、ふらふらしてても、竿がびびんっってしなるとテンション上がった!
      はい、今年はサーモンが釣れたらスモークにする予定だよ♪ スモークにしてバキュームパックして冷凍します。そうすると結構長いこと大丈夫♪ さて、次は釣れるでしょうかー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*