イタリアが好きなのは

相方と私、2週間のうちにそれぞれ約680枚の写真を撮った。ざくざくとボツなものを削除しても、かなり残った。そうして撮った写真を眺めながら「好きだなぁ、イタリア」とつぶやく私。今回が2度目だし、旅行者・観光客の表面的なイタリアしか知らないんだろうと思う。お友達の話を聞いていると厳しい面も問題もたくさんかかえている国。でも、しみじみと、好きだなぁって思うのです。

フィレンツェ街歩き

今回は、私たち二人とも、前回よりもずっとずっとリラックスしていたと思う。ほんの少し言葉がわかるのと、イタリアのはちゃめちゃさの洗礼を前回すでに受けていたというので、じっくりと楽しめた気もする。今回も、きちんと予定を立てずにとりあえずローマの友達のところになだれ込んだ私たち… いえね、計画はしていたんだけど、フランスから相方とマシモの旧友が来るかもしれないとかなんだとかで、その計画もぐらぐらと崩れまして、結局、フィレンツェに3泊4日、そのあとはマシモたちにすっかりお世話になっちゃいました。

イタリアが好きでとっても楽しいのは、もちろん食べ物がおいしいから。

pizza bianca

とてもシンプルなのに、こんなに美味しい。量ではなくて味でお腹と心が満たされる。

街をあてもなくぶらぶらと歩くのも大好き。どの道を歩いても、何かが起こっているから。

italy1-3

角を曲がるたびに新しい発見があるから。生活の匂いが溢れているから。

過去の大都市が生きている。

ローマ

どこかに腰掛けて、2000年以上の昔の街の様子を思い浮かべるのが楽しい。前回、ローマを含めヨーロッパの歴史を殆ど知らずにイタリアにやってきた。今回はほんの少〜しだけ予習をしてきた。それでもまだまだ何にも知らない自分。歴史や美術史や逸話などに詳しい人たちがとってもとっても羨ましくなる。

そして、なにより、私たちのイタリアでの時間を特別なものにしてくれたのは、マシモとフランチェスカとカテリナ。

ともだち

「君たちは家族みたいだから」って言って。本当に家族といるように心地良くて温かくて。また、今回もおんぶにだっこでお世話になりました。彼らがいるから、私たちの思い出に何層ものレイヤーができた。

どうもありがとう〜。

少しずつ振り返りながらアップしますね♪

*Note:写真の上でクリックすると写真が大きくなるよ。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。もしよければ試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“イタリアが好きなのは” への16件の返信

  1. こんにちは〜♬
    楽しい旅行でしたね
    美味しいものや、素敵な街並み、もあるけど、
    素晴らしい友達に恵まれてるから、でしょうね〜♬♫

    この前、初めてのワンコ友達にあったんですが
    Gus君に似てて〜〜〜

    • ハナマメハハさん、おはようございます。
      はい、とても楽しかったです☆ 一週間たってようやく大体写真の整理もつき、気持ちもビクトリアに戻ってきた感じです。
      本当に、友達家族には感謝してもしきれません。彼らがいなかったら、普通に観光客をして(それもきっと楽しいのでしょうけれど)帰ってきていたと思います。

      あ、Gusに似ているワンコですか? ボーダーテリアかなー。

  2. 赤いセーターの人の前にある鍋の中はなんだろう?スープって感じもするけど・・・。
    時々、マンマの味というか、レストランなどでのメニューにはない家庭料理ってないのかなぁって思います。

    • asoboさん、おはよう〜。
      この写真はローマに着いた最初の日の夕食のときのもの。滞在中は何を食べたか全部記録したよ〜♪
      えっとね、この夜はスープ(シンプルな野菜ベースのスープに小さなパスタ)とじゃがいものスライスとヒラメ(?Romboっていう魚)をオーブンで焼いたのとサラダ。お鍋の中はスープだよ。
      フランチェスカの家庭料理、シンプルだけどすごーく美味しかったよっ!

  3. 待ってましたぁ~!いよいよ始まりましたね、paricaさんのイタリア報告。
    そんなにイタリアが好きなんだ。好きな所でのんびり散策、それってとてもいい旅の楽しみ方ですね。多少同じようなの経験があるからよく分かります。
    その上、現地に知人がいるとあっては最高ですね。ツアーなどでは味わえない素敵な所や美味しい食べ物などに出会えたことだろうね。危ない思いはしませんでしたか。

    • ヤングさん、おはようございます!
      待っていてくださって嬉しいです。ぼちぼちとアップしますね☆
      きっちりと予定を組まなかったぶん、とても自由でした。朝起きて、一人でぶらっと歩きに行ったり、マシモが用事で出かけるときには金魚の糞になってついて行ったり。こんな私たちだから、ツアーは絶対に無理なんです。あはは。
      ヤングさんも次回はお友達のいらっしゃるところを旅されるんですよね!楽しみですね〜。私たちも、二人でも大丈夫だよ〜って言っても、マシモとフランチェスカが「私たちに任せてっ」って手伝ってくれて。助かりました。今回は危ない思いは全くしませんでしたー!

  4. 外国へは
    ツアーでざっと見て回っただけでは
    あまりその国を理解できないのだと思います。
    知り合いがいて ゆったりとその国に触れることができるのは
    本当に幸せなことですね。

    • nonさん、おはようございます。
      そうですよね、ツアーだと時間も限られているし、自分のペースで楽しむということが難しいかもしれませんね。私たちって「勝手行動」が得意なので、ツアーには向いてないです。。。
      今回も友達家族にはずいぶんお世話になってしまい、本当にどうやって恩返しをすればいいのか困ってしまいます。カナダに遊びに来てくれればいいのですけど♪

  5. こんにちは^^
    680枚!すごい数ですね。
    でも写真を見せてもらって思うのは、きっと町中あちこち写真に撮りたくなる絵になる場所や風景がたくさんあるんだろうな、と言うこと。
    そんなところい行ったら撮らないと逆に勿体ないですよね^^
    これからちょっとずつ旅の様子見せてもらえるのかな、楽しみです。
    マシモさんご家族、ほんとに素敵なファミリーですね、憧れちゃいます^^

    • Saoriさん、おはようございまーす!
      一人680枚よーっ。平均して一日に40〜50枚撮っていたわけ。デジカメだとサクサクシャッター押しちゃいますもんね。
      今回は何でもかんでも撮るのはよそう、って決めていたけれどかなりの枚数になりました。撮った写真を一つのアルバムにして(アップルのiPhotoで作ります)、友達に送りたいので、今回もそれを念頭に人を沢山撮りましたよ♪ このアルバム、前回も作ったんですけど、彼らにはとっても好評でNO2を待っているといわれたので☆ プレッシャー

      マシモとフランチェスカ、素敵な家族でしょ? 見ているだけで私まで幸せになってしまう3人です♪

  6. 歴史ある建物に、細い路地・・・
    考えただけてでも、写真をたくさん撮りたくなってしまいます。イタリアはとっても素敵な街並みってだけでなく、食べ物も美味しい夢のような場所なので、必ず行きたい国リストに入っています。
    それぞれの国を好きになる大きな理由って、人とのつながりだったりしますよね。素敵な人に出会えたその国は、すぐに好きになってしまいます。マシモさんファミリーの写真からは、とっても暖かい雰囲気が伝わってきます。

    • ayatingさん、おはようございます!
      でしょう?カメラ持って歩いたら、思わずバシャバシャ撮ってしまうよねー。今回はそうならないように「ちょっと考えてから撮る」って心がけていたけれど、それでもスゴイ数になっちゃった。
      ayatingさんならどんな写真を撮られるのかなー。見てみたいです。同じヨーロッパですもん、私たちに比べたらずっとずっと近いですっ!是非、行ってみてくださいねっ。

      本当、その通り。フランチェスカとマシモがいなかったら、きっとここまで深く恋に落ちることはなかったと思うー(笑) すごく楽しくて温かくて、人間味に溢れた二人です。

  7. 680枚って凄いっ(ちなみに私は昨日、誤ってPCに入っていた写真、ここ3年程分殆ど消してしまいました。ショックから立ち直れない、、、)!!!
    やっぱり、食べ物のおいしい国がいいですよね。
    若い頃は刺激ばかり求めていましたが、今となっては絶対に食べ物です。
    歴史の浅い国にいるせいかヨーロッパの建物を見ると『いいなー』と思ってしまいます。
    あー、ヨーロッパに旅行に行きたいなー。

    • きー。さん、おはようー。
      すごいよね。一日平均して50枚位撮ってたことになるよ。デジタルだとなんぼでも撮れるもんねー。
      うわ〜ん(涙) 全部消しちゃったの? バックアップないのー?! それ、それ、泣くに泣けないよ。。。一瞬かたまっちゃったでしょ? コンピューターのラボで学生さんをサポートしていると、学期中に数人いるんよね。何時間もかけて書いたエッセイをぽんっと消しちゃったっていうアクシデント。しばらく固まって、そのあと涙目で「リカバリーしてっ」って頼みに来るの。。。painful lessonってのですね。
      うんうん、食べ物よねっ。太ってもいいから詰め込んで帰るー!の勢いで食べました。 そうなの、私も北米で生活していると、歴史のある街には震えます。こういう街で育った人と、北米で育った人とでは、歴史のコンセプトが違うんだろうなって思うヨ〜。

  8. こんにちは! 今纏めて、はは、すみません、フィレンツェの記事を拝見してきた所です。
    本当に楽しい旅行だったようで、でも、まだローマ編もありますよね?、イタリア大好きの人が増えて良かったです!!

    本当にそうなんですよね、イタリア、フィレンツェ、なんてかなり習って知っている気持ちでいたのが、実際に来て見ると本当に何にも知らなかった、事を思い知らされて・・。 
    でも本当に自由で面白い国で大好きになって、そこからぼちぼち知る事も増え、真っ白だったイタリア国のジグソー・パズルに少しずつ色が付き、それが繋がる部分も増え、という感じで、ますます嵌っています。

    papricaさんのフィエゾレでのんびりエトルスク、古代ローマに浸る感覚、ウフィッツィでの建物の中の感覚がとてもいいなぁ、と思いました。
    まさに古いのが新鮮、ですよね。

    ローマ編も楽しみにしていま~す!

    • shinkaiさん、こんばんわ!
      コメントありがとうございます。はい、心から楽しむことができた旅でした。私も shinkaiさんの様に言葉がちゃんと話せて、運転ができたら、小さな町めぐりができるのになーって思います。夢ですね〜。shinkaiさんは日本でもイタリアの美術史や歴史を学ばれたのでしょうか? 私は本当になーんにも知らないところから初めて、去年のイタリアの旅では目が回りそうでした。
      あせらず、ぼちぼちと知っていけたらなぁって思います。私のパズルは1500ピースのうちの3ピースをようやくくっつけたところです(笑)
      フィレンツェは本当にキラキラしていました。はい、ローマ編もこれまたのんびりなのですが、またよければ見てください。
      あ、そうそう、本当にそのとおりです。「古いのが新鮮!」
      shinkaiさんの旅情報、いつも楽しませて頂いてます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*