アンズタケのリゾット

どっしゃぶりの一日。約1ヶ月ぶりの大きな雨だったので、畑の土と同じように潤った気分ですごしました。

文化の日は下の妹の誕生日なので、Skype話をした。下の妹は、私の中では「20歳」あたりでとまっていて、「よっちゃんはいつまでも20歳」な感じ。よっちゃんにとっての私はどんな感じなんだろう。今度聞いてみよう。

同じ日が、ローマのお友達のフランチェスカのお誕生日なので、時間を見てスカイプ。便利な世の中だね。

で!相方と私、早速習ったイタリア語を大声で放つの巻〜。笑っちゃう。マシモもフランチェスカも大笑いしたので、「なんで笑ってるの?」と聞くと「声は大きいのに、悲しそうに聞こえるからーっ!」って。はぁ??? マシモは相変わらず身振り手振りが激しくて、カメラの前でじっとしていないから、スカイプでもいつもブレブレ。酔いそうだった。とにかく。2ヶ月前は何にも言えなかった私たちなんだから、悲しそうな大声のイタリア語だっていいよねっ、と自己満足。うはは。

さてと。相方が「chantrelle・アンズタケ」っていうキノコのリゾットを作った。

キノコのリゾット

むふふ。美味しかったー。 アンズタケはこの時期だけのもの。ひと昔前は、相方が森の中に散策に行って、難なく見つけることができたらしい。安くないです。が!おいしいよー。マツタケみたいに風味は強くないけど、秋の土の風味がして食感がいい。玉ねぎ少しとパルメジャーノとアンズタケ。シンプルなのにとても美味しかった。

久しぶりにドライなワインを飲んで、くらくらしてます。

お風呂にはいろ〜♪ で、ほくほくして、布団にはいろ〜♪

日本の皆さん、連休をお楽しみ下さいませ☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“アンズタケのリゾット” への4件の返信

  1. 美味しそう♪ 今年はキノコの当たり年だったらしくて、森に散歩に行くと籠を持っている人に遭遇したよ。こちらで言うとなんて言う名前なんだろう?調べてみるね。

    イタリア語でスカイプなんて、すごいヨ!
    イタリアの人は結構ドイツに住んでいて、意味はさっぱりわからないけれど、
    ドイツ語の音とは正反対のように聞こえて面白いなと思う。
    ドイツ語はゴツゴツ四角いけれど、
    イタリア語はコロコロ弾むボールみたいな感じかな。

    10月は比較的良いお天気だったけれど、ついに、どんより天気が始まりました。
    お天気が冬に向かっているのを実感してます。

    • Sachieさん、おはよう〜♪
      そうそう!Sachieさんの森の写真を見るたびに、ちょっと道をそれて中にはいっていったら、きのこ狩りができそう!って思っていたんですよ〜。
      アンズタケはオレンジ色なので見つけやすいんですって。シャントレルって呼ばれてます。
      あと、モレル(Morel)っていうキノコもあるんじゃないかな。すっごく美味しい〜。コレも稀なので、こちらでは結構高いです。
      シャントレルもモレルも、栽培っていうことができないんだよね。きっと。健康でバランスの取れている森でないと育たないキノコ。

      あはは、マシモたちとはほとんど英語だったんだよ。でも、習った単語を言ってみたくて、相方と私、二人して大声であぁだこうだと叫んでました。
      そうそう、ドイツ語は角張ってるよね。イタリア語は飛び跳ねてる。いいね、身近でイタリア語を耳にする機会があるなんて〜。うらやましいです。

      こちらもいよいよ冬のお天気〜。あ、でも今日は快晴!庭の掃除だっ!
      素敵な旅になりますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*