アップルバターに初挑戦

先週末に収穫した庭のりんご!友達にもらってもらったりしたけど、まだたくさんある〜。そこで、このりんごが熟したら試してみようと思っていた「アップルバター」に初挑戦することにした☆ 今日は午前中、うちの台所はすっかり「アップルバター工房」状態。

庭のりんご スターキング

小さめのものばかりを24個。これで約2kg=1バッチ分

アップルバターの作り方

材料:

  • りんご 約2kg
  • アップルサイダービネガー(リンゴ酢)1C
  • 水 2C
  • 砂糖 アップルソースの約半分の量
  • シナモン 小さじ2
  • クローブ(粉) 小さじ半
  • オールスパイス(粉) 小さじ半
  • 塩少々
  • レモン1個分の皮を削ったものとレモン汁

手順は大きく分けて二つ。アップルバターっていうのは、基本的には「アップルソース」を砂糖とスパイスで煮詰めてカラメル状にしたもの(バター=butter とは何の関係もないよ)。なので、まずはアップルソース・ピューレを作ります。

りんごはよく洗って、傷んでいるところなどを切りとり、あとは4等分に切るだけ。皮を向いたり芯を取り除く必要もなし♪ リンゴの皮はりんご独特のフレーバーを含んでいて、芯には自然のペクチンが含まれているからだそうな。4等分に切ったリンゴを、大鍋に入れ、水とリンゴ酢を加える。

アップルバター

いったん沸騰させて、その後火を弱め、りんごが柔らかくなるまで煮詰める(約20分)。

アップルバター

煮詰めているうちにリンゴの皮の色が薄くなった。

さて、水気を切ったリンゴをつぶします。Foodmillっていう道具がベストみたいだけど、うちにはない。そこで、メッシュのざる+スリコギで代用した。

アップルバター

要は皮や種を取り除いて、リンゴのピューレを作ればいいわけです。この作業に時間がかかったかな。ブレンダーにかけてしまうと、皮も入ってしまうから、無心になってゴリゴリとピューレを作ろう〜。

できたアップルピューレの量を大体でいいので測っておく。私の場合、250cc のカップで5カップできたよ。この量の半分の砂糖を準備します。私は2カップいれることにした。お鍋の底の面積が大きいほど、煮詰める時間が短くてすむので、大きめのフライパンを使いましたー。りんごのピューレとスパイスと砂糖、レモンの皮と汁を混ぜあわせ、ゆ〜っくりと煮詰めていく。

アップルバター

↑約2時間後。リンゴの種類にもよるけど、スプーンですくって、ぽっとりぽっとりと落ちるくらいの硬さになればGoodらしい。

この、ピューレをバターにしていく作業、ずいぶん時間がかかるけど、家の中がリンゴとスパイスの匂いにあふれて幸せデス。

見てっ!私の初アップルバター☆

アップルバター

とっても美味しい… トーストしたパンにバターをぬって、その上にアップルバターをぬったら美味しかろう。ヨーグルトやバニラアイスにもぴったりだ。とにかく、リンゴの風味がぎゅぎゅっとつまっていて、スパイスとのバランスも最高だし、それでいてしつこくない!庭のりんご、あまり期待はしていなかったけど、これがとってもおいしくって、お料理向きなりんごみたいです。

今日はこのレシピで2回作った!小さくてブサイクな林檎たちが安く手に入ったら、週末を利用してのんびりとお試しあれ〜♪ 時間がかかるだけでややこしくはないからねっ!

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“アップルバターに初挑戦” への14件の返信

    • Ayanoさん、こんにちは!
      今年初めて、こんなにもたくさん実をつけたんです。でも、また私が変な剪定をしちゃったから、数年実を付けなくなるかも(涙)
      全く手をかけてないのに、意外に美味しくてびっくりしています。
      あはは~、生のGusですね。是非是非、会ってやってください。おもいっきり飛びついていくので心の準備を~。

  1. papricaさん、一瓶、くださーい!!!
    って、ほんと、近所に住みたいよ〜!!!

    さっきもコメントしたんだけれど、消えたのよ涙
    2度、行ってたらごめんなさい。

    • Kotoriさーん、私もKotoriさんのご近所に住みたーい。
      そしたら、畑のこととか保存食や酵母のことやお料理も一杯教えてもらえるのにな。
      徳島ではりんごはあまり採れないのかな。アップルバターもって、Kotoriさんちに行って、あのすだち酵母のパンに塗って一緒に食べたいよ~。

      コメントが消えちゃうの?なんでだろう~。せっかく書いてくれたのに、ごめんね~。
      再び書きなおしてくれて、どうもありがとう♪

  2. こんばんは~♪
    えっ!アップルバター~~(*^_^*)
    美味しそう~、しかも沢山の瓶に詰まりましたね~。
    ご近所さんだったら、1瓶欲しいところだわ~。
    papricaさんは、いつもご飯もお菓子作りも
    いつも手間暇かけて丁寧ですよね~。

    • さおりさん、こんにちわ!
      あはは、ほんと、一瓶どうぞ~ってお届けしたいです。で、紅葉の綺麗なお寺に連れて行って~ってねだりたい…
      さおりさんの写真には、本当にうっとりです。
      丁寧かどうかは疑問だけど、週末にのんびりジャムを作ったりするのって気持ちがいいです。
      このアップルバターは、家中が本当にいいにおいになるからオススメ!

  3. リンゴの芯と皮は、ティーバッグ用の袋に入れておくと
    ジャムやバターを作るとき、袋ごととりだせるのでとてもラクです。
    あっ、バターを入れてる瓶の蓋、横浜で売ってる店を見つけた。ぼくもpapricaさんと同じ瓶を使っているけど、蓋が210円。瓶とセットだと420円。そちらじゃきっと安いんだろうな。リンゴなど果物が安いのもうらやましい。

    • Asoboさーん、こんにちは~。
      そうなんだね!りんごの皮と芯の秘密、今回のアップルバターで実感。今度からジャムを作るときに、りんごの芯と皮を一緒に入れてみるねっ。
      メイソンジャーの蓋、見つかってよかったね♪ ずっと探してたんだよね。
      うーんと、私が買ったこの瓶(250CC)は、瓶と蓋と全部一緒になって、12本で1200円くらいだったよ。うん…そちらの値段よりも安いね。ね、その蓋の値段って、一つで210円なの?
      今度、まとめて送ってあげるよ。送料入れてもこっちのほうが安いと思うよ~。

  4. こんにちは
    いつかのpapricaさんのブログで、以前、アップルバターの事
    書いてましたね。その時、アップルバターの存在を初めて
    知りました。りんごの芯にペクチンが含まれているのですね。
    知らなかった〜ジャムを作る時は、皮を厚めにむいて
    一緒ににると、きれいな色になるよね。後で取り出すけど
    芯は、取り除いててたわ。ジャムも一緒ににたら、出来上がり
    変わるかもしれませんね。

    アップルバターは、いろんなスパイスも入って、ジャムとは
    全然別物ですねきっと。
    きれいな出来上がりで、自家製のりんごも、喜んでるね(^^)

    • hitsujiさん、こんばんわ!
      そちらもスッカリ秋模様で、デッキからの景色がきれいですね〜。いいなぁ。
      私も相方に教えてもらうまで「アップルバター」なるものを知らなくって、リンゴにバターが入っているのかなって想像してました。
      で、一度、ファーマーズマーケットでアップルバターを食べてみて、これはっ☆(キラリ)と…目がキラキラしたのでした。
      リンゴのジャムってものをあまりよく知らないから比べられないけど、アップルバターってとても濃厚です。
      私も林檎の芯にペクチンがいっぱい含まれているの、知らなかったんです〜。次回から、ベリーのジャムを作るときにも使ってみようと思ってます♪
      リンゴ、腐っちゃう前に頑張って消費しよ〜。

  5. ひぇ~、半額以下なんだ。
    こっちは、瓶と蓋のセットで420円。長く使うと蓋はさびが出るもんね。ふふふ、こんどふたを交換するときはお願いします。

    • ほんと、計算しても半額以下よねっ。
      こっちでは一瓶だけ買うよりも、まとめてダースで勝ったほうが断然得。
      蓋だけ(平たい部分だけとか、輪っかと合わせてとか)で売っているし、それならかさばらないし重くないので、遠慮せずに言ってね。
      瓶は流石に重たくて送れないけど〜(笑)。

  6. アップルバター!待ってました!!
    油脂は入れず、ピューレを煮詰めたものなんだね。
    いい匂いなんだろうなぁ。
    パンに限らず、シリアルやヨーグルト、紅茶に溶かすのも合いそう。

    • うん、そうなんだよ。バターっていうから、バターが入っているのかと私も思ってたんだけど、出来上がりがバターみたいにねっとりするのね。
      ほんと、すっごいいい匂い!その香りだけで幸せ~な気分になるよ~。
      紅茶に溶かす?!おおぅっ!それ、やってみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*