まったりとはこういう日のこと

昨日の日曜日は「まったり」という表現がぴったりの一日だった。

。。。と、「まったり」という表現をググってみると「近畿方言で主に味覚を表す擬態語として用いられた(ウィキより)」らしく、本来は「柔らかさのなかにコクがある様子、重みがあって奥行きのある様子をいう言葉」なんだってね。ほほぅ。90年代ころから「のんびりと落ち着いた様子」という意味で全国的に使われらしたらしい。

そ、まったり。

ビクトリア 雨

ミゾレのような雨が降り続いた日曜日。土曜日に人をよんでお酒も飲んだというのもあって体が重く、いつもの3分の1ほどのスピードしかでなかったもんで。よって、予定していた「To Do」リストの3分の1しかこなせなかったのでした。

ひとつは、昔に描いた絵の「Cleaning up」。

wetcoldday3

2003年10月に、日本産の最後のトキ「キン」が死んでしまったときに描いたディプティッチです。生息地を失い、全くの最後の一羽になったキンはどんな思いで生きていたのだろう(もし、「思い」があるならですが)。

この古い絵を、相方が額に入れてくれるそうです。わーい。ディプティッチは額に入れるということが難しく、この状態で本棚の上に放っておいたので正直とても嬉しい。

wetcoldday2

白い部分がホコリやらなんやらで汚れていたので、下地のジェッソでタッチアップした。ただそれだけなんだけど、とっても久しぶりに筆を手にとり、ぺたぺたするのが楽しかった。どんな風にフレームにはいるのか、楽しみです。

で、もうひとつ、リンゴのフランを焼きましたー。実は土曜の夜のデザートにも同じものを焼いたんだけど、とっても美味しかったので。余っていた材料でもう一回!

りんごのフラン何が美味しいって、バターで軽く炒めてカルバドスのシロップにひたしたリンゴが美味しいの〜。まさに「まったり」だよっ。それだけをバニラアイスにのせて食べても美味しいはずっ。あ、以前に紹介したレシピはココ→☆

アップルフラン

一人で4分の1、余裕です。あっさりと、重たくないデザート。大人の風味。

ミゾレの雪が雨に変わり、外はぐちょぐちょです。明日もこんなのかな〜。こんな天気の中、Gusと散歩に行った相方の撮った一枚。

タグボート

小さいのにものすごい力を発揮するタグボートは、私も相方も大好き。大きな家を乗せたフロートなんかも、なんなく引っ張って行っちゃうんだもんね。かっこいいぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“まったりとはこういう日のこと” への10件の返信

  1. 手と筆で描いた絵ってやっぱりいいね。
    とてもステキだ。額装したらまた見せて欲しいな。リンゴのフラン、ぼくも作ろうと思っていたんだけど、いつもシナモンとホワイトラムをいつも買い忘れて・・・
    あ~、おいしそうだ。近所だったら、おいしいバニラアイスを持って食べに行くのになぁ。

    • asoboさん、どうもありがとう。
      うん、額に入れてもらったら、また見てね〜。自分の描いたものを見せるのって、やっぱり恥ずかしいんだけど、額に入れてもらうのって素直に嬉しい。
      リンゴのフラン、本当に美味しいよ。軽くって、いくらでも食べれちゃう。私たちはカルバドスを使ったけれど、ラムやコニャックなどのお酒は「Must」だね。
      ほーんと、どこでもドアがほしいよねー。

  2. こんにちは~まったりなお休みの過ごし方いいですね。
    それはそれでとても有意義だな、って思います。
    トキの絵とても素敵です。
    シンプルな色使いで凛としたトキの絵、額装したら更に素敵になりそうですね。お近くだったらぜひ間近で見せて頂きたい!
    本音を言えば、売って欲しいくらいです(笑)
    りんごのフランも大人味でおいしそうですね。
    グレーカラーの海の写真を見ると春はまだもうちょっとかなって感じですね。そんな日にりんごのフランを食べながらのんびり過ごす週末、やっぱりいいなぁ、、、^^

    • Saoriさん、こんにちわ〜。
      もう、最近、まったりしすぎですっ。お天気のせいにしているけれど、どうもエンジンがかからなくって。
      あははっ。買っていただけますか?! なんて嬉しい Compliment!
      もう長いこと筆を持って絵を描いていなくって、ひさしぶりにこうしてキャンバスをいじっているのが楽しかったです。ディプティッチは一つのフレームに入れるのが難しくって、放ったらかしにしておいたものなんです。額に入ったら、また見てくださいね♪
      フランは大人味!大人の集いにぴったりですよーん。

      本格的に春がやって来るのは、まだ少し先ですね。そちらの大雨、おさまりましたか? 春がやってくる前のこの季節、しっとりとして、少し春を感じて、好きです。

  3. うわー この朱鷺の絵、すごくステキ。足に釘付け!
    大型の鳥の醜い足を見ると(papricaさんの絵の足がっていう意味じゃないよ)
    神様は翼を与えた変わりに醜い足を与えたんだなぁって思うの。
    カラスとかヒヨドリとかの暗い色の鳥を見ると、知恵を授ける代わりに
    羽からキレイな色を取り上げたのかも、って思うんだ。
    これ、化粧直し済んだら出来るだけ大きな画像で見たいなぁ。
    どんなフレームに入るんだろう。

    リンゴのフラン、美味しそう。カナダの1cupって250cc?
    この耐熱皿は18cmくらい?
    我が家にはちょっと量が多いけど美味しそうだから作ってみたいなぁ。

    • a-ki_laさん、どうもありがとう〜♪
      足? あははっ。a-ki_laさん、やっぱり釘付けになるトコロが変わってるネ。
      そうだよね、このゴツゴツとしたグロテスクな足、目をひくよね〜。
      なるほど。a-ki_laさんのお話、納得できる。そういう物語ができそう。この最後の一羽のトキの写真を見たとき、本当に悲しかった。確かに、中国産(出身)のトキはまだ生きていて、交配されたりもしているらしいけれど、日本の水田の上を悠々と飛んでいた日本のトキの最後の一羽だと思うとねぇ。申し訳ない気持ちになったよ。
      どんなフレームなのか、私も楽しみです!また、見てね!

      うん、北米の1Cは250CC。このお皿はうーん20〜25cmくらいかな。
      大丈夫、軽いからパクパク食べれちゃうよ!おいしいよ!なんてったって、ジュリア・チャイルドのレシピだもーん。

  4. 絶滅してしまったトキの絵。
    色の鮮やかさと悲しそうな目。
    一度みたら脳裏に焼きついて離れませんね。
    美術系を専攻されてたんでしょうか。
    素晴らしい感性をお持ちです。
    新しい額、楽しみですね。

    • hodoさん、コメントありがとうございます♪
      この絵は、「最後のトキが死んでしまった」というニュースと一緒に紹介されていた写真に写っていたキンなんです。ケージにいれられていて、それがとても痛々しくて。
      私が最後のニンゲンで、たった一人で生きていたら、どんなに寂しいだろうって考えてしまいました。
      美術。。。好きなんですけどちゃんと勉強したことはないんです。1年ほどVisual Artsでクラスをとらせてもらったのですが、基本を教えてもらえる環境ではなくて、「好きなようにやってね」っていうクラスでした(残念。。。)やっぱり、何事も基盤をきっちりと築かなきゃいけないなって実感しました。
      額にはいったら、また見てくださいね♪

  5. こんにちはー!
    いつもみる、papricaさんの絵とは違う雰囲気。
    素敵です
    こんなふうに絵がかけるなんて、うらやましい。
    また、額にいれてもらったら、見せてね

    まったり、いいな〜!!!
    次の日曜日は雨マークがついてるので
    りんごのふらん、日曜、まったりできたら作ってみるね

    • kotoriさん、こんにちわ!
      どうもありがとうね♪ そうだね、私の他の絵ってごちゃごちゃしてて色もいっぱいだもんね。
      最後のトキの話は痛々しくて、写真の姿をそのまんま、それだけを描いたから(他の絵はたいてい私の頭の中に浮かんでいるものを描きだしたものなの)。
      うん、額に入ったら、また見てね!どんな風になるのか興味津々です。

      まったりできたら、是非作ってね〜ん。あ、kotoriさんってお酒ダメなんだっけ?少し浸すぐらいなら大丈夫? 美味しいよーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*