そこにあって気づかないもの

歩き慣れたいつもの散歩道を、いつもと逆の順路で歩いてみる。そうすると、今までまったく気付かなかった景色にはっとする。

cloud_one

いつもそこにあり、ただ、自分の背中の方に広がっていただけのことなんだけどな。

時々、いつもの場所で、真上を見上げてみたり、がばっと後ろを振り返ってみたり、腹ばいになってみたり、逆立ち(できれば)してみたりすると、気づかないものが目に入ってくるものなのだろうな。きっと。

景色だけでなく、ものごとに対する姿勢とか、心地良いルーティーンだとかも、逆さまにしてみると「ほほぅ」と気づくものがあるんだろうな、と思った。

wakinghill2

そこで、試しに、利き手とは違う「左手」で落描きをしてみた。上手く思うように動かなくて、線はとてもへろへろ。でも、一本の線や小さな描写に「うううう〜〜っ」とものすごい集中力を要した。描きたいものを搾り出すようにうなりながら、そろそろと。ひとつ気づいたのは、不思議なもので、左手だとごまかしが効かない、ということ。
雑草がぼうぼうに生い茂ってしまったような、放置状態のもうひとつのブログの方にアップしてみました(↓↓)。

*久々のDoodle Marathon update:Left hand practice-Dog Chat→☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“そこにあって気づかないもの” への10件の返信

  1. 写真、素敵!
    なんだか自分が写真の中にいるみたいな感じになるよ、ずっと見ていると。

    そうだね、いつものことをちょっと違った風にやってみるのって、
    良いかもしれない。
    芝生に寝そべってみたりしたら、空も地面も違う風に見えるね、きっと。
    そして、そう言う時間って、きっとすごく贅沢な時間なんだと思う。

    良い週末を♪

    • Sachieさん、いつもどうもありがとう〜♪
      iPhone写真だヨ。面白いフィルターだよね。この日は、いつも歩かない順路でぐるりと回ってみたんだけど、目に入って来る景色がとても新鮮でね。ルーティーンを繰り返す毎日の中で、見逃しているものってたくさんあるんだろうな、って思ったよ。
      そうそう、週末に私もね、バスタオルを庭にひいて、ゴロンって寝転がってみた!地面のすれすれのところを飛び交う、小さな蜂の羽の音が心地良かったよ。草の匂いも新鮮だった。そういうことだよね♪
      Sachieさんも、よい週末を!

  2. 1枚目の雲が素敵ですね~
    迫力いっぱい^0^ こんなの大好き!
    撮影の時、しばらく歩いてから
    意図的に振り返ることをしています♪
    そうすると、時々アッと思うようなシーンに出会えて
    振り返って良かったなぁと思います^^
    私、人生でも振り返らずに真っ直ぐ行くのが苦手で
    しょっちゅう振り返っては、喜んだり落ち込んだり^^;
    馬鹿な奴だと自分で思いますが、こりゃしょ~がないの(笑)

    • ぽとすさん、こんばんわ!
      ぽとすさんのマジックを使ったら、きっともっとドラマチックな一枚になったのでしょうね♪ 
      私って「視界が狭い」のかな、って自分でも思うことがあるんです。周りが見えてない、もっと注意を払いなさい、どうして気がつかないんだ!って、両親にも相方にも指摘されます。
      ぼーっとしてることもあれば、じーーーっと興味のある対象しか目に入ってないとか。だから、この日、逆さまのコースを歩いてみて、目の前に広がった空に驚いたんです。きっと、こんな風に、みえていないものがたっくさんあるんだろうな、って。
      ぽとすさんのように、私もたまには立ち止まって、振り返ることをしなければいけません。

  3. こんにちは~
    いつもと違った風景に気が付くって
    なんかこう…心臓をわしづかみにされたように
    そこから動けなくなるというか
    なんか切なくなります
    …わかりますでしょうか?(笑
    そこに気が付けた自分をほめてあげてもいいですよね^^

    • フォレさん、こんばんわ〜。
      そうなの。どきっとしたよ。突然、いつもと違う空間に飛ばされてしまったような気分。
      上手く言葉にできないんだけど、浮遊したような気分の中で、前から後ろに流れていく「時」を感じたよ。
      大きく深呼吸してスローダウンして、ちょっと振り返ってみることも大切だなって、思いました。

  4. 2枚ともいい写真ですね。特に1枚目は雲の白さが際立っていて、いいなぁ。道は行きと返りで景色が違う・・・写真をやっていると、往きと帰りでは光の当たり方が違うから景色も異なるので、私はいつも往復じっくり眺める癖がついています。数年前まで、10年間ほど年賀状には自筆の一文字漢字を使っていました。そのうち2~3年は利き腕ではない左で書いてました。癖のある右書きとは違う印象の字が書きたかったからです。ですから、貴女の挑戦分かります。

    • ヤングさん、こんにちわ!
      なるほど、写真をされている人たちは、行きと帰りの光の当たり方の違いにも注意をはらわれるのですね。確かに、ブログを初めてカメラを持ち歩くようになってから、今まで注意もはらわなかったものに目が入ったりします。
      年賀状の一字を左手でとは!味のあるプロジェクトですね♪ 左手を使ってみると指先の動きや力の入れ具合など、右手では気にもしないことに気づきました。それが面白かったです。

  5. カナダ版、5月のブルースカイですね~。
    構図が似てたので。笑
    イタリアのとは色が違って青が深い。エフェクト効果を使われてたとしても雲の形が季節を感じさせます。
    茂みの色と雲の色がますます青を強調してますねー。

    • Hodoさん、こんにちわ〜♪
      そちらの青空も、スカっと真っ青なのでしょうね。青空に押し寄せるようにモコモコの雲が立ちのぼっていたんです。日本のような入道雲を見ることは稀なんですよ。
      ほんと、イタリアの光の色は、この辺りとは少し違ったように思いました。特に日暮れ時の色がきれいだった〜(去年の春です)
      Hodoさんの写真、いつも楽しみにしていますよ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*